前庭のツツジ



これは、前庭にある一番大きなツツジの木です。

満開の時期を過ぎて、花が散り始めました。



こちらは、一番大きなツツジの木の隣りにあるツツジです。

数日前に満開を迎えました。



こちらは、前庭の中央部分にあるツツジです。

枝は細いのですが、オレンジ色の花がいっぱい咲きました。



こちらは、薪置き場の前のツツジの木です。

濃いピンク色のツツジは満開を迎え、白色のツツジは5分咲きといった感じです。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : ガーデニング
ジャンル : ライフ

渓谷の新緑



昨日は、YUKIお姉さんと一緒に御殿場のアウトレットに行って来ました。

上の写真は、アウトレットの真ん中にある橋の辺りから見た富士山です。

昨日は雲が多く、富士山は上の方だけ見えました。



橋の中央から下を覗くと、深い渓谷が見えます。

写真で見ると深さが判りにくいのですが、高所恐怖症でなくても少し怖く感じる程です。

しかし、新緑が美しく、高木に白い花が咲いていました。




★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

農鳥(のうとり)



春になって様々な表情を見せてくれる富士山の山肌ですが、毎年4月から5月中旬にかけて巨大な鳥が現れます。(写真の赤丸部分)

それは「農鳥(のうとり)」と呼ばれており、富士山の7~8合目付近の北西斜面に現れる残雪です。

農鳥は、雪の融け具合によって毎年少しづつ形が変わります。

ある年は尾が長く翼を広げた「鳳凰」のように見えたり、ある年は丸みおびた「ひよこ」のように見えたりといった具合です。

そんな農鳥は、春の訪れを告げる風物詩として、地元では古くから「農家が田植えなどの農作業を始める時期の目安とされ、その年の天候や吉凶も占った」と言われています。



新緑が大変美しい季節となり、別荘地内を散歩していても、清々しい気分になります。



ミシェルのお家の前庭にある一番大きなツツジの木も満開になりました。



ツツジの春一番の隣りにある赤いツツジも満開になりました。



シャクナゲの隣りにある濃いピンクのツツジも満開になりました。



薪置き場の前にあるピンクのツツジが開花し始めました。

手前の白いツツジも間もなく開花しそうです。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 山梨
ジャンル : 地域情報

我が家のツツジ祭



これは、ミシェルのお家の前庭の石垣部分にあるツツジです。

石垣の隙間から出ていて、植物の逞しさを感じます。



こちらは、前庭のアジサイの横にあるツツジです。

まだ小ぶりですが、ミシェルのお父さんが好きな色をしています。



こちらは一番大きなツツジですが、日々、開花が進んでいます。

でも、これでも開花はほんの一部で、開花前の蕾が無数にあります。

全部開花したら、どんなになるのでしょうか。



ミシェルのお家には、この種類のツツジが多数植わっています。

蕾はこのような状態で、間もなく開花しそうです。



シャクナゲの2番目の花が開きました。

葉の奥にあるので、ちょっと目立ちにくいです。



ミシェルのお家の芝生です。

ロンドンに住んでいた時に見た「冬でも緑色の芝生」に憧れて西洋芝にしましたが、寒暖差の激しい日本で良い状態を保つのは容易ではありません。

冬の間に痛んだり、雑草が生えたりした部分を手入れして、ようやく状態が良くなってきました。

新たに発芽した芝生がもう少し伸びたら、芝刈りをやらなければなりません。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 花のある暮らし*
ジャンル : ライフ

続々開花



ツツジの春一番が満開になりました。

今年もいっぱい花を咲かせてくれましたが、去年よりは花の数が若干少ないかもしれません。



白山ツツジも満開になりました。

こちらも、去年の方が花の数は多かったように思います。



姫リンゴも満開になりました。

こちらは、去年よりも若干多めの花の数です。



芝桜は、満開の時期を過ぎつつあります。

今年は、花の付きがイマイチでした。

少し水をあげ過ぎたのと、刈込をしなかったので蒸れたのかもしれません。



こちらは、ミシェルのお家で一番大きなツツジの木です。

まだ5~6つ位の花が開花した状況ですが、今年は、もの凄い数の蕾を付けているので、これからの開花が楽しみです。



シャクナゲも満開になりました。

奥に見える蕾も、もう直ぐ開花しそうです。

去年は多くの花が咲いたのですが、その後に花がらを摘まなかったせいか、今年は3つの蕾しか付けませんでした。

もっと植物の勉強をして、毎年、良い状態を維持できるようにしたいものです



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 花のある暮らし*
ジャンル : ライフ

ツツジが開花

17051101

昨日は雨模様の肌寒い一日でしたが、今日は一転して青空が広がっています。

暖かな日差しを浴びて、今朝はシャクナゲが開花しました。



そして、春一番も開花し始めました。



こちらは、横浜の家から移植した姫リンゴ。

白い蕾が開花し始めました。



こちらは、お隣さんのオレンジ色のツツジです。

こちらは、もう満開状態です。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 花のある暮らし*
ジャンル : ライフ

ツツジの季節到来



今日も快晴です。

冬の間、枝だけになっていた木に若葉が生い茂り、真っ青な空に鮮やかな緑が映える季節となりました。

可憐な富士桜は、花が散って葉桜となりましたが、代わって、もう直ぐツツジが開花しそうです。



こちらは、ドウダンツツジです。

白くて小さいベルのような形の花が咲き始めています。



こちらは、シャクナゲです。

もうあと1~2日ほどで開花しそうです。



こちらは、ミシェルのお家で最も大きなツツジの木です。

赤い蕾が、かなり大きくなってきました。



こちらは、3年ほど前に植えた春一番です。

今年も、いっぱい蕾を付けてくれました。



こちらは、3年ほど前に植えた白山ツツジです。

こちらも、いっぱい蕾を付けてくれました。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 花のある暮らし*
ジャンル : ライフ

渋滞を抜けて



河口湖は観光地なので、ゴールデンウィークは交通量が一気に増えます。

本栖湖近くで富士芝桜まつりが開催されており、国道は朝早くから大渋滞です。

そんな大渋滞にもめげず、西湖近くの「いやしの里」に行って来ました。



一番の目的は、ここにあるお店で「荏胡麻ふりかけ」を買うことです

身体に良いと言われる「荏胡麻ふりかけ」は、あちこちで販売されていますが、色々試した結果、こちらの「荏胡麻ふりかけ」が一番美味しかったという訳です

お店に行くと、おばさんが商売そっちのけで、アンジェとミシェルのことを可愛がってくれました



ここには、茅葺の建物が数多くあり、見ているだけで癒されます。



道の駅なるさわにも行って来ました。

ここは富士山の絶景ポイントの一つということもあって、駐車場は満車状態でした。



我が家の目的は、ミツバツツジを見ることでした。

道の駅の前庭部分に多数のミツバツツジが植わっており、その中を散策することができます。

しかし、以前は無料で、かつワンちゃんも入れたのですが、今回行ってみると、有料で(100円)、かつペット不可となっていました



美しいミツバツツジの前で、アンジェとミシェルの写真を撮りたかったのですが、仕方がないので、前庭の外で撮影しました



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 山梨
ジャンル : 地域情報

新屋山神社(2)



5月1日に新屋山神社の奥宮(富士山2合目、標高1700m)に行ける道路が開通したので(冬期間は閉鎖)、早速、行ってみました。

車2台が辛うじてすれ違える細い山道を上って行きます。

中の茶屋から8㎞ほど上った辺りに10台ほどの車が止まっていました。

そして、道路わきに「奥宮」というサインが立っていました。

富士山をバックにアンジェとミシェルの写真を撮りましたが、富士山が近すぎて、あまり富士山という気がしません



本宮も小ぢんまりした神社でしたが、奥宮は大変小さな建物でした。

しかし、参拝者は途切れることなく訪れており、次々とお祓いをしてもらっていました。



小さな社も2つあり、こちらはその1つです。



奥にあるもう1つの社の周りには、かってストーンサークルがあったそうですが、富士山の世界遺産登録に際して撤去されたそうです。

ストーンサークルがあったなごりか、社の周りを歩いてお参りしている参拝者もおられました。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 山梨
ジャンル : 地域情報

新屋山神社(1)



先日、ドッグランに行った帰り、ミシェルのお母さんが「この近くに新屋山神社という神社があるそうだけど、行ってみない?」と言うので、早速、行ってみました

ミシェルのお父さんは不勉強のため知らなかったのですが、この神社は知る人ぞ知る神社のようで、参拝客が途切れることなく来られていました。



鳥居の横には、このような説明書きが立っていました。

神社を囲んでいる林は溶岩の上にできた極めて貴重なもので、自然記念物に指定されているとのことです。



参道を上って行くと、左手に龍をかたどった手水があります。

作法が書かれているので、神社の作法を知らないミシェルのお父さんは助かります。



手水の横に、新屋山神社についての概要が書かれています。

新屋山神社の創建は、後奈良天皇ご在位の1534年10月17日とのことです。

新屋山神社の主祭神は大山津見神(おおやまつみのかみ)で、他の祭神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)や木花開耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)とのことです。

新屋山神社が人気を博している理由の一つに、ここの奥宮(富士山2合目にあります)が「日本一の金運神社」と称されていることもあるようです。

事の起こりは、船井総研(コンサルティング会社)の船井幸雄氏が「お金に困りたくなかったら富士山の新屋山神社に行くと良い」と語ったことからのようです。

船井幸雄氏の発言ということで、株とか会社運営に関わっている人達には「天の声」にも聞こえたようです。

船井幸雄氏の唱える「イヤシロチ」とは、地磁気があるレベル以上あり、マイナスイオンが多い場所だそうで、ハイレベルエネルギーに溢れ、何か素晴らしいことが起こる場所のようです。

いわゆる「パワースポット」の一つでしょうか。

船井氏によれば、日本の「イヤシロチ」には3つの大きなラインがあるそうで、白山と剣山、白山と富士山、剣山と富士山を結んだラインだそうです。

このラインの延長線には、屋久島や宮古島、弊立宮や皇居があります。

これらは、最近ブームになっている「レイライン(Ley Line)」に関係しており、船井氏が言う「イヤシロチ・レイ・ライン」で、金運エネルギーにも満ちた場所であり、そこにある新屋山神社は金運を呼ぶということになるのでしょうか。



こちらは、新屋山神社の本宮です。

他の神社と異なる一つは、参拝する際に、お祓いをして頂けます。

小ぢんまりとした神社ですが、その後利益は、とても大きいようです。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 山梨
ジャンル : 地域情報

プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング