スカイランタン祭り



昨日は、毎年恒例になっているコリー仲間の忘年会がありました。

夕方の5時頃に家を出て山中湖に向かいましたが、途中の「駅の道富士吉田」の近くまで来ると、大渋滞で前に進めなくなりました

この時点では、普段は空いている裏道を通っていたのですが、急遽反転し、表通り(国道)に向かいました。

ところが、表通りも大渋滞で、ノロノロとしか前に進めません

訳が解らず「何なんだ、この渋滞は?」と困惑するばかり

あとで理由が解ったのですが、夕方の5時頃から「道の駅富士吉田」で「スカイランタン祭り」が開催されたのです。

この渋滞の為に、コリー仲間の忘年会には、予定よりも30分以上遅刻してしまいました

今回、富士吉田市で開催した「スカイランタン祭り」では、富士山を背景に200個のスカイランタンを飛ばし、地域に1,000年以上根付く機織り文化に感謝を伝えたそうです。



ミシェルのお父さんは、タイで行われているスカイランタンくらいしか知らなかったのですが、スカイランタンは、ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」で一躍世界中の人気イベントとなったそうです。

そして、アメリカで大人気のイベント「ランタンフェスト」は、2016年に日本にも初上陸し、100組の応募枠に対して28万組もの応募が殺到したといいます

そして日本では、新潟、長崎、岡山、山梨などでスカイランタンを飛ばすイベントが行われているそうです。



元々は、中国の三国時代に諸葛孔明が平陽で司馬仲達の軍に包囲された際、紙を貼った大型の籠を製作し、外部に救援を要請したのが発祥とされているようです。

また、歴史学者のジョゼフ・ニーダムは、1241年にモンゴル人が、ポーランド・レグニツァにおける戦役で通信手段として龍のような形の熱気球を使用した記録があると述べています。

タイでは、毎年11月の満月の夜に開催される「コムローイ祭り」が有名で、数千もの「コムローイ(ランタン)」が夜空に放たれます。

台湾では、毎年旧暦の15日に開催される「平渓天燈祭」が有名です。

ヨーロッパでは、ポーランドで夏至の夜に開催される「カトリック教会のお祭り」が有名です。



地域によって色々と異なるようですが、ランタンに願い事が書かれることもあるようです



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 山梨
ジャンル : 地域情報

富士山3景



本日は、富士山の3景です。

これは、昨日の富士山です。



これは、4日前に見た富士山です。



これは、先週月曜日の夕方に見た富士山です。

同じ富士山ですが、日々刻々と異なった表情を見せてくれます。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

百塔の街



ミシェルのお父さんが最近見た雑誌の中にチェコのプラハが紹介されていて、とても懐かしく感じました。

ロンドンに住んでいた頃の終盤に、ハンガリーのブダペストに旅行しようか、チェコのプラハに旅行しようか迷った末に、結局、プラハに旅行したことがあったのです

上の写真は、プラハで最も人気のあるエリアです。

丘の上に建っているのがプラハ城で、左側の橋が有名なカレル橋です。

カレル橋が架かっているヴルタヴァ川沿いの景色は、とても美しいです。



プラハ城の夜景も美しく、観光客の人気の的になっています。



「百塔の街」と呼ばれるプラハの旧市街には、中世の建物が多数残っています。

これらの美しい建物を見ると、現代のビルなどが軽薄に見えてしまいます。



上の写真は、「世界で最も美しい広場の一つ」と言われる旧市街広場です。

まるでお伽の国のような世界が広がっています。



チェコは操り人形が有名で、人形劇が大変盛んです。

第二次世界大戦当時、ドイツはチェコ周辺においてゲルマン 化を進めました。

その一環で、チェコの人々は公の場でチェコ語を話すことを禁じられました。

しかし、独特な言い回しによって演じられる操り人形劇においては、チェコ語の使用が認められていたのです。

そんな歴史もあって、チェコでは、操り人形が大切にされてきたという訳です。

カレル橋を渡ると、操り人形のお店が多数並んでいます。



ミシェルのお父さんも、プラハを旅行した記念に操り人形を買ってきました。

高額な操り人形ほど独創的で豊かな表情をしているように感じます。

孫のHINASEが1歳の頃、上の操り人形を見せたところ、泣いてしまいました

ピエロさんなのですが、目の周りにクマがあるので怖かったのでしょう

操り人形は、彫りの深い外国人の顔を更にデフォルメ(誇張)しているので、見慣れていない幼い日本の子供はビックリするかもしれません



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

きらめく富士山



昨日の11時頃に見た富士山です。

大洋の光を浴びて、富士山がきらめいています。



雪をかぶった富士山は、本当に美しく感じます。

ヨーロッパアルプスのように、「できれば、一年中雪が積もっているといいな~」とさえ思います



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

異なる表情



上の写真は、数日前に見た富士山です。



上の写真は、今朝一番に見た富士山です。

同じ富士山でも、表情が微妙に異なります。

今朝の気温は、-3℃でした。

最初は「少し寒いかな」と思いますが、直ぐに身体が慣れてきて、むしろ清々しく感じます。

空気が澄みきっていることも感じられ、身体の中から浄化されるような感じさえします



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

富士山2景



紅葉の季節が終わりを迎え、今朝は氷点下になり、いよいよ冬の季節になってきたことを感じさせます。

上の写真は、昨日の朝一番に見た富士山です。

雪が積もっている部分が、かなり下まで降りてきました。



上の写真は、9時過ぎに見た富士山です。

空気が澄み、富士山が一段と美しさを増す季節になりました。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

夜のもみじ街道



道の駅富士吉田の隣りにある「もみじ街道」でももみじ祭りが開催されています

そして、夜間にはライトアップもされています。

ということで、アンジェとミシェルを連れて、夜のもみじ街道を見に行ってきました



ライトアップされた紅葉は、本当に美しく感じます。



美しい紅葉に感動したのか、アンジェとミシェルもおすまし顔です



真っ黒な闇の中に浮かび上がる紅葉は、幻想的な美しさを醸し出しています



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 山梨
ジャンル : 地域情報

夜のもみじ回廊



河口湖周辺の紅葉の名所は、もみじ祭りの間、ライトアップされています。

もみじ回廊も、その一つです。

そこで、アンジェとミシェルを連れて見に行ってきました

暗くなっても、大勢の見物客で賑わっています。



明るい時に見る紅葉も素敵ですが、暗くなってからライトアップされた紅葉を見るのも素敵です。



闇夜の中にライトアップされた紅葉が浮かび上がります



ライトアップされた紅葉は、一段と艶やかに見えます。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 山梨
ジャンル : 地域情報

朝のもみじ回廊



今、河口湖北畔にある「もみじ回廊」が見頃を迎えています

その見頃も今週で終わるというので、急いで見に行ってきました

平日の朝でしたが、多くの見物客が来られていました。



紅葉と同じように、黄葉も綺麗です。



背景の山々にも絵具を散りばめたように紅葉が見られます。



手前の小山のように見える紅葉は、ドウダンツツジでしょうか。

もみじ回廊の紅葉は例年遅いのですが、今年は「もみじ祭り」に合わせてくれたようです



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 山梨
ジャンル : 地域情報

好物



先日、西湖いやしの里にあるお店に行って、荏胡麻ふりかけを買ってきました。

身体に良いと言われる荏胡麻が入ったふりかけは、ご飯にかけると美味しく頂けます。

河口湖周辺にも荏胡麻ふりかけは販売されていますが、西湖いやしの里で販売されている荏胡麻ふりかけが一番自然で美味しいように感じられます



目的は荏胡麻ふりかけを買うことだったのですが、よもぎ餅を見て、つい食べたくなりました

注文すると、よもぎ餅をこのように焼いてくれます。



これが、焼きあがったよもぎ餅です。

ミシェルのお父さんが「よく焼いてください」と頼んだので、普通よりも焦げ目が多くなっています

お店のおばさんが「中に入って座ってください」と言うので、建物の中に入って頂きました。

わずか2個を注文しただけですが、暖かいお茶まで出してくれ、その優しい心遣いに感動しました。



よもぎ餅の中には、このように粒あんがいっぱい入っています。

よもぎ餅と言っても癖は無く、とても美味しいお餅です



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

テーマ : 山梨
ジャンル : 地域情報

プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング