X5も救出成功!



女子スノーボード大回転で、竹内智香選手が銀メダルを獲得しました

女子スノーボード界初の快挙であり、ソチオリンピックにおける女子初のメダル獲得でもあります。

ミシェルのお父さんは、竹内選手のことを知らなかったのですが、世界ランク2位で、世界でもトップクラスの選手だったようです。

技術の高さだけではなく、一人でスイスに武者修行に行き、スイスナショナルチームと5年間も一緒に練習したそうで、精神的にも大変強い選手だったようです。

有力なメダル候補であり、美人でもある竹内選手ですが、オリンピック前の日本のマスコミの取上げ方が少なかったことが、誠に不思議でなりません。


一方、日本のマスコミが、オリンピック前から「金メダル、金メダル」と騒いでいたのが、フィギュアスケートの浅田真央選手です。

しかし、昨日のショートプログラムでは、16位という結果に終わりました。

金メダルどころか、銅メダルに届くことも絶望的な点数差です。

本番前の浅田選手の硬い表情や公式練習の状況を見て、ミシェルのお父さんには「これは、本番で失敗する確率が高いな」と思え、痛ましくてライブで演技を見る気にはなれませんでした。

表面的なことと、金太郎飴的な報道しかできない日本のマスコミに対して、韓国のマスコミは「浅田選手は、精神的に弱い」と分析していたようです。

お父さんは、アイススケートは素人ですが、次のような印象を持っています。

1.練習でも成功率の低いトリプルアクセルに、何故、最後迄こだわったのか?

2.もっと早い時期にトリプルアクセルを諦め、演技の完成度を上げるという選択は無かったのか?

3.佐藤コーチは、浅田選手にとって最適な指導者ではなかったかもしれない?

4.冷静に判断して、現在の浅田選手の実力は「銅メダルに届くかどうか」というレベルに思えるが、日本のマスコミの過度の期待が、浅田選手を押しつぶしてしまったように感じます。

お父さんは、演技後の浅田選手に対する日本のマスコミの配慮の無いインタビューにも腹立たしく感じました。

果たして、皆さんは、どのように感じられたでしょうか?



昨日は、X5の救出に成功しました

そして、超優等生のX5は、キーをひねると、一発でエンジンがかかりました

さすがは、世界の酷暑・酷寒地を試走して開発した車です



雪道の散歩だと、雪ばかり食べているアンジェです。

お蔭で、鼻先は、雪で真っ白です



お腹をこわすといけないので、極力、雪が無い所を歩くのですが、それでも油断していると・・・

いつの間にか、こんなに大きい雪の塊をくわえています



屋根の雪下ろしと車の救出の次は、予備の薪置き場の前の雪かきです。

記録的な大雪の為に、すっかり埋もれています



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}

スポンサーサイト

テーマ : スローライフ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

同感です!

竹内選手、本当に見事な銀メダルでしたね!海外での修行が実を結びましたね! 浅田選手については、パパさんの分析の通りだと思います。何より、ご本人に覇気が感じられず、見るのも気の毒な感じがして、ライブでは見ませんでした。日本のマスコミの責任も大きいですね。気の毒でなりません。もっと伸び伸び滑らせてあげたかったです。 アンジェちゃん、雪の食感が好きなのでしょうか。可愛いですね~!でも、お腹、こわしちゃいますよ! X5の救出、本当に良かったですね!まだまだ、大変でお疲れでしょう。どうぞお怪我などなさいませんように!1日も早く、穏やかな日常が戻りますよう、お祈りしています。

No title

パパさんの愛車も無事救出おめでとうございます!!

早く両車線通れるようになるといいですね!!

アンジェちゃん、雪のかたまり咥えて可愛いですぅ~~^^
でも食べすぎ注意!!!

プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング