久保田一竹美術館(1/4)

3日前に、着物のデザインにも興味があるYUKIお姉さんと一緒に、河口湖の湖畔にある久保田一竹美術館に行って来ました。

以前から存在は知っていたのですが、「着物が展示されている」くらいの予備知識しかなく、訪れるのが後回しになっていた美術館でした。

しかし、実際に行ってみると、「世界遺産にも相当する」と思われる程の展示物だけではなく、建築的にも大変素晴らしい美術館であることを知り、大きな感動を覚えました。

ミシェルのお父さんは、国内・海外の多くの美術館に行きましたが、これ程の衝撃を受けたのは久しぶりです。



これが、久保田一竹美術館の正門です。

門の周囲は金属製のオブジェで飾られており、これを見ただけで一般的な美術館とは異なることを知らされます。



正門を潜り抜けて美術館の建物に至るまでは、このような砂利敷きのアプローチ路が続いています。

右手には池があり、その池には、「大滝」と呼ばれる滝から水が流れ落ちています。



砂利敷きのアプローチ路の脇には、所々に、このようなベンチが配置されています。

芸術的な造形をしており、座るのが躊躇われる程です。



緩やかな勾配のアプローチ路を上がりきると、美術館の建物が見えてきます。

しかし、再び、一般の美術館とは異なる建物に驚かされます。

そのまま歩を進め、「新館」と呼ばれる建物の中に入ると受付があります。



手前にある白い建物が「新館」で、その奥にある勾配屋根の建物が「本館」です。

新館(1997年7月完成)は、手積みによる琉球石灰岩の8本の円柱に支えられた回廊を持ち、まるでガウディを彷彿させる建物です。

床も琉球石灰岩が敷き詰められ、壁はサンゴとワラを混ぜて作った「沖縄漆喰」が塗られています。

新館の中には、久保田一竹先生や作品を紹介する「DVDルーム」、「ミュージアムショップ」、「カフェ」、「特設ギャラリー」などがあります。



これは、新館の中にあるトイレです。

自然の材料が使われており、清潔で温かみのあるデザインです。

手洗いのカウンターにも、厚みのある天然の石が使用されています。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}

スポンサーサイト

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当に驚きました。素晴らしい美術館ですね!
私も着物が大好きですが、「一竹辻が花」は
着物好きな人にとっては、憧れですよね。
高価で、とても手に入れる事はできませんが、
こんな素晴らしい美術館には、辻が花を知ら
ない方でも、訪れる価値がありますね。
才能のある方の創りだされる物は、凡人の
想像をはるかに超えているのだと実感しました。

No title

一度は訪れてみたい美術館ですね!!
館内は撮影禁止ですよね!?
あとでHP見てみます^^

Re: No title

>勘太‐モモのママさん
はい、本当に素晴らしい美術館だと思います。
正直言って、行く前は過小評価していたのですが、実際に行ってみて衝撃を受けました。

久保田一竹先生の紹介DVDで、作品を作る過程を見て、その根気のいる仕事に驚きました。
そして、実際に作品を目にした時、深い感動を覚えました。
まさに人間が作った世界遺産と言っても過言ではないと思います。
外国でも評価が非常に高いようですが、むしろ外国の人の方が、日本人以上に作品の素晴らしさを理解してくれるように思います。

Re: No title

>流花・桃花ママさん
はい、是非とも訪れてみてください。
自信を持ってお薦めできます。
そして、日本人の一人として誇りに思えます。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング