歴史は繰り返すのか?



先日、映画「エンペラー(日本語題名は、終戦のエンペラー)」を観ました。

「第二次世界大戦における天皇の戦争責任を問えるのか?」というのが、一つのテーマになっています。

そして、「戦争に対する天皇の責任を明確にすることはできないが、戦争を終わらせた功績は天皇にある」と結論付けています。

映画の最後で、天皇は「戦争の全ての責任は、国民ではなく、私にある」と言われ、それに対してマッカーサー連合国軍最高司令官は「懲罰を行うつもりはなく、日本の再建の為に一緒に協力していきましょう」と答えています。



それから68年たった今、安倍政権は「積極的平和主義」という訳の解らない言葉を使っています。

一見すると「平和主義的言葉」とも思えますが、実際行っていることに注目すると、「日本を、再び、いつでも戦争ができる国に変えようとしている」としか思えません。

安全保障については、アメリカを真似て「国家安全保障会議」を発足させ、首相を含む少人数で重要事項(戦争も含む)を決めることができるようにしました。

そして、国民の懸念を無視して「特定秘密保護法」なるものを作り、政府が決めた秘密事項を漏えいする者には、厳罰を与えられるようにしました。

武器輸出三原則については見直しを行い、国産の武器を輸出できるようにしようとしています。

集団的自衛権については、例えば「日本を守ってくれるアメリカ軍を支援する」という名目で、戦争を行うことを可能にしようとしています。

専守防衛については、戦争時に敵地を攻めるのに有利なステルス戦闘機や上陸舟艇などを調達し、より積極的に戦争を行えるように自衛隊の軍備を強化しようとしています。



つい最近も、南スーダンでPKO活動を行っている韓国軍に銃弾1万発を提供することを決めました。

以前の自民党政権でさえ躊躇っていたことを、国民に問うことなく即決です。

しかも、肝心の韓国は「銃弾は不足しておらず、足りている」と言うのですから、ブラックユーモアです。

事の是非はともかく、この銃弾が人の命を奪うことになるかもしれないことを安倍首相は理解しているのでしょうか?



日本は、戦争で沖縄の人々を犠牲にしただけでなく、戦争後も、長く「米軍基地」という負の財産を押し付けてきました。

その間には、米軍機の墜落や米軍兵士によるレイプ事件なども多発しています。

そろそろ米国軍にはグアムに完全移転してもらっても良いと思うのですが、今度は、辺野古の美しい海を埋立てて、新たな基地を造ろうとしています。



辺野古の美しい海には、サンゴ礁、熱帯魚、ジュゴンなどの数多くの生物が生息しています。

埋立てによって、これらの生物に悪影響が出ることは必定です。



フランスの北東部に、ビュールという小さな美しい村があります。

人工は、わずか96人で、農業以外これといった産業はありません。

フランス政府は、この村の地下に使用済みの核燃料を埋める倉庫を造ろうとしています。

放射性廃棄物に含まれ、長期にわたり高い放射線を発し続ける物質の一つである「ウラン235」の半減期は、7億年という想像を絶する長さです。

そんな危険な物を村民に受け容れさせる為に、フランス政府は「補助金」という名目の札びらを見せ、貧しい村民の弱みを突きました。

安倍政権も沖縄で同じ方法を取り、新しい基地造りを受け容れさせようとしています。



昨日、安倍首相は靖国神社を参拝し、中国や韓国を再び激怒させています。

中国や韓国を激怒させることは想定内だったでしょうが、米国まで怒らせたことは想定外だったと思います。

中国や韓国の人達も、恐らく、国の命令で戦争に行かされ戦死した日本人を参拝することには反対しないと思います。

しかし、靖国神社には、戦争を首謀した戦争犯罪人も合祀されていることに問題を感じているのだと思います。

国会議員に「何故、参拝したのですか?」と問うと、必ず「私人として参拝した」と答えます。

私人として、戦争で亡くなった人達を参拝するというのは、とてもよく解ります。

ところが、このような国会議員を疑問に思うのは、「私人」と言いながら、秘書を伴い、公用車で神社に乗り付け、記帳に際しては、「国会議員」の肩書を書き添えている点です。

昨日の安倍首相の場合は、明らかに「日本国首相」として参拝したと思えますが、それによって諸外国が、どのように反応するのかを、「私人」としてではなく、「日本国首相」として考えるべきだと思います。

そして、そのことが、日本及び日本国民に、どのような影響を与えるのかも熟慮すべきだと思います。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

パパさん、私もDVDで観ました!!

が・・・ラストサムライに続き、今回も写ってませんでした!!涙

フランス、今回はビュールって町を犠牲にしようとしてるんですね!!怒

20年くらい前だったでしょうか?タヒチで水爆実験した為、今でも被爆した方(島民)が苦しんでおられます。

自分の住んでる家の庭に埋めたらいいのに・・・

No title

政府がやっていることを見ると、確かに日本が戦争をし易くなるように変えているように思えますね。
日本政府が米国の言いなりというのは周知の事実ですが、安倍首相は基本的に右翼なんでしょうかね?

No title

日本もアメリカやイギリスのように2大政党にしないと駄目ですね。
自民党が悪政をやれば、直ぐに他の政党に政権を切り替えられるようにしないと。

Re: No title

>流花・桃花ママさん
ママさんが映っているかと楽しみに観ていましたが、カットされていたのですか。残念!

フランスは原発に積極的な国なので、使用済み核燃料を捨てる場所が必要なのですね。
しかし、純朴な村民の頬を札びらでたたくようなやり方は、なんとも嫌ですね。

一方、日本は使用済み核燃料の処分もできないまま、原発を稼働し続けたり、原発の輸出をやっています。
いつか行き詰まりがやってくると思いますが、その時は、日本の終わりかもしれませんね。

カリーノパパは、仕事でビキニ島のあるマーシャル諸島に行って来たことがあります。
ここでも原水爆実験が行われているのです。

原発をやりたい者は、仰るように、自宅に使用済み核燃料を埋めてもらいたいですね。

Re: No title

>デュークパパさん
仰るとおりです。
万一戦争が始まったら、真っ先に安倍首相を前線に送り込みたいですねv-410
一回でも自分で経験してみないと、こういう輩は、如何に戦争が悲惨なものか理解できないと思いますから。

安倍首相のやることを見ていると、確かに右翼と繋がりがあるような気もしますね。

Re: No title

>KENTさん
カリーノパパも、以前から同じ考えを持っています。
2大政党なら、直ぐに政権を交代させられますからね。
しかし、今の日本の野党は、自民党同様、どうしようもない政党ばかりですね。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング