景観への配慮(日仏の違い)



これは、ミシェルのお家の前から見た今朝の富士山です。

毎日、美しい富士山を間近に見られるのは、本当に幸せだと思います。



これは、富士吉田市の富士見バイパスから見た富士山です。

せっかくの美しい富士山が、電柱・電線・看板などに遮られていて、とても残念に思います

10月に姉妹都市の富士吉田市を訪れたフランスのシャモニー・モンブラン市のジャン・ルイ・ベルディエ副市長は、「何故、こんなに電線が多いのか」と同じことを感じられたそうです。

山岳リゾートの先進地から訪れた「世界基準」の目には。異様に映ったようです。



これは、国道138号線と富士見バイパスの交差点です。

ここでも、電柱や電線が富士山の景観を遮っています。

国や山梨、静岡両県も世界文化遺産「富士山」の保存管理計画に電線地中化の推進は明記しています。

山梨県は、2011年~2012年度、河口湖大橋南側などの県道や県管理国道4.9キロで電線地中化を実施しました。

忍野村も忍野八海周辺で電線地中化を進め、富士河口湖町は河口湖総合公園沿いの町道約800メートルで電線地中化に向けて動き始めています。



ここは、北口本宮富士浅間神社の近くです。

ここも電柱や電線があり、道路は狭くて渋滞しがちです。

その為、電線の地中化と道路の整備が行われる予定です。

世界文化遺産としての価値を認められた富士山ですが、登録審査に関わったイコモスからは、観光開発が進んだ麓の景観について改善の指摘も受けており、その対策は、2016年2月までに報告書としてまとめ、ユネスコに提出することが求められています。



これは、世界有数のスキーリゾートとして有名なフランスのシャモニーで、西ヨーロッパ最高峰のモンブランの麓の町です。

ミシェルのお父さんも、ロンドン勤務当時、家族でスキーに行き、モンブランの氷河を滑りました。

1786年8月8日にモンブランが初登頂されてから、現在の登山というスポーツが始まったと言われており、「登山発祥の地」として有名です。

また、1924年に第1回冬季オリンピックが開催された町でもあり、「冬季五輪発祥の地」とも呼ばれています。



シャモニーの町をみていただくと、見苦しい電柱や電線が無いことに気づきます。



シャモニーには、見苦しい看板や旗もありません。



町から少し離れた場所にも電柱や電線は無く、美しい山の景観を損なうことはありません。



シャモニーでは、建物の高さも抑えられ、色や材料も自然に調和するものが使用されています。



照明の色も統一され、イルミネーションも品の良いものが使用されています。

ヨーロッパの田舎に行くと、都会よりもセンスが良いことに感心します。

都会の人達は田舎に憧れ、田舎の人達は、自分達が住む場所に誇りを持っています。

ミシェルのお父さんは、富士山の麓の町や村も、そんな場所になることを強く願っています



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}

スポンサーサイト

テーマ : フランス
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当に美しい富士山。美しい姿は何物にも
邪魔されず、見たいですよね。

本当に、電線や看板の見苦しい事!世界遺産が
泣いていますね。それに比べてシャモニーの
街の美しい事!美しい景観を守る為の努力が
なされていますね。見習わなければなりません。

昨日、癌で闘病中の、フィリーちゃんのお友達
ワンちゃんにエールを送りにいきました。16歳
で、その愛くるしさと生命力、ママさんとの絆の
強さに、こちらが元気をもらってきました。
ワンコの素晴らしさに、改めて、感動しました。

No title

ホント!看板や電柱、電線がうっとおしいですね!!

ヨーロッパの景観見た後では見られない光景です!!

私が住んでる村ですら、電柱はなく電線は地下なのに・・・・

日本って本当に先進国なの?って疑っちゃいます!!

Re: No title

>勘太‐モモのママさん
仰るとおりです。
日本の電線地中化は、欧米の先進国と比べると、もの凄く遅れていますよね。
富士吉田とシャモニーを比べると、それが明確に解ります。

闘病中のワンちゃん、癌なんかに負けないでください。
カリーノ一家も、全員で応援します。
病状が良くなるように祈っています。

Re: No title

>流花・桃花ママさん
日本は、看板、電柱、電線が本当に多いです。
仰るとおり、ヨーロッパの景観を見た後では、日本の景観は見られません。

日本を先進国と思っているのは、日本人だけです。
本当の先進国を知ると、日本が如何に後進国か解ります。
政治にしても、会社にしても、その実態は古色蒼然としていますv-419
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング