海への汚染水漏出

今日は、朝から雨が降り続き、憂鬱な一日です

憂鬱と言えば、先日、「福島第一原発の汚染水が海に漏出している」というニュースが流れました



これは、福島第一原発の汚染水の貯蔵状況を示しています。

敷地内の空いたスペースに汚染水を貯蔵していますが、もう限界に近いことが明らかです。

しかし、放射能に汚染された水ですから、他に移すことも廃棄処分することもできません。

そして、貯蔵タンクに何年の耐久性(水漏れ等)があるのか、明確には示されていません。



敷地内には、タンクの他に「地下貯水槽」と呼ばれる汚染水を貯める池もあります。

地面に穴を掘り、3層の防水シートで汚染水を貯める構造になっていますが、周囲の血中に漏水していることが判明しています。

放射能に汚染された水を貯めていますから、補修工事を行うのは容易ではありません。



そして、今度は、汚染水の海への漏出です。

海は世界中に繋がっていますし、魚介類を食べる国民は大勢います。

東京電力は、27日、漏えい源と見られる敷地海側のトレンチ(地下道)に溜まった水から、1リットル当たり23億5000万ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表しました。

事故直後の2011年4月、海に漏れ出た汚染水と同程度の濃度ということです。

東京電力によると、セシウム134(半減期約2年)は7億5千万ベクレル、セシウム137(同約30年)は16億ベクレルで、他に放射性ストロンチウムなどベータ線を放出する放射性物質は7億5000万ベクレルだそうです



東京電力の広瀬社長は、26日の記者会見で、19日の社内会議で「汚染水の海への流出」と判断したものの、公表は3日後だったことを明かしました。
(「公表を遅らせたのは、参議院選挙に与える影響を考慮した」と考える人もいるようです)

そして、公表が遅れたことについて「3.11の教訓を学んで対応できていない」と述べ、同社の一連の対応は不適切だった」との認識を示しました。

また、同社の安全文化への対応について「原発事故以来、全くできていない」と認めました。

一方で、広瀬社長は、柏崎刈羽原発(新潟県)の安全審査を原子力規制委員会に早期申請を目指す方針について、安全対策が十分かどうかの確認を急ぐこと自体は問題ないと語り、早期申請にこだわる姿勢を崩しませんでした。

安全文化への対応が全くできておらず、廃炉への道筋も甚だ心もとない現状を前に、それでも柏崎刈羽原発の再稼動を急ぐ東京電力の姿勢に対し、大きな疑問を感じます。

今回の事態を受けて、東京電力は「広瀬社長と相沢副社長に対し、1カ月間の減給10%などの処分」を発表したそうですが、高給取りの2人にとっては、1ヶ月の10%減給など屁でもありません。

一連の東京電力の対応に対して、元米国原子力規制委員会委員長のクライン氏は、「日本の人々に対して十分な情報を提供していないと思われる」と苦言を呈しています。



同じくニュースで、「参議院選挙で圧勝した安倍首相が、合わせて11日間という異例の長期にわたる夏休みを予定している」と伝えられました。

今回の11日間の夏休みは、2004年の小泉元首相の13日間に匹敵する長期休暇となるそうです。

休暇そのものを批判するつもりは毛頭ありませんが、福島第一原発が直面している危機的な状況を考えると、政府の「お金(税金)だけ出して東京電力にお任せ」という対応には、大きな問題があるように思います。

この国の政治家は、これからも放射能をたれ流し続けるであろう福島第一原発を一体どのように考えているのでしょうか?

「メルトダウンしてしまった原発を廃炉にする」という、未だかって誰も成し遂げたことのないことをやろうとしているのですから、もはや一企業でできることではなく、国を挙げて取り組むべき問題のように思います。

笑顔の安倍首相、如何でしょうか



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当に、この国は学習するという事を知らないと
言われても仕方ありませんね。福島の皆さんは
本当に悔しい思いでいっぱいでしょう。
原発の後始末は、出来るだけ早く行なうべき事、
そういう認識が政治屋さんにはないのでしょうか。
福島出身の方もおられるのに…。
酷暑の夏に、余計に気分が憂鬱になりますね。

No title

東京はオリンピック招致に躍起になってますが・・・そんなことで良いのだろうか?と思います。東北の震災で福島の原発やら被災地の事が未だに片付いてもいないというのに。国内のことすら満足にできないのに、他国の人を呼び込んでお祭り騒ぎは無いでしょうに。オリンピックが開催されるとき、使用される電力は?一体どこが??

Re: No title

>勘太‐モモのママさん
仰るとおりです。
福島第一原発で、あれほど危機的な状況に直面しているにも関わらず、日本政府は原発を再稼動しようとし、更には原発の輸出をしようとしています。
「そんなことをする前に、目の前にある福島第一原発を今すぐ何とかしろ」と強く訴えたいです。

Re: No title

>chacoさん
個人的には、東京でオリンピックをやる必然性を全く感じません。
加えて、今のオリンピックは、本来のオリンピックの意義を逸脱してしまっているように感じます。
ワールドカップ開催が決まっているサッカー王国のブラジルでさえ、国民は「ワールドカップよりも病院や学校の建設の方を優先すべき」と訴えています。
日本も、オリンピック開催などよりも、福島第一原発の処理や避難住民の救済などを優先すべきだと思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング