西湖蝙蝠穴

富士五湖の一つである西湖の近くに「西湖蝙蝠穴」という名の溶岩洞窟があります。

以前から気にはなっていたのですが、コウモリが怖いミシェルのお父さんは、これまで行くのを躊躇っていました。

ところが、河口湖の家に遊びに来ていたYUKIお姉さんが「行ってみたい」と言うので、ついに行くことになりました。



これが、入口付近にある看板です。

1929年に国の天然記念物にも指定されました。

管理棟には、コウモリの写真や剥製が展示されています。

何故か小さな洞窟のような通路があるのですが、「もしコウモリがいたら・・・」と思うと、お父さんは前に進めません

しかし、お母さんとYUKIお姉さんは、さっさと前に進んで行くので、仕方なしについて行くと、コウモリなどいない唯の通路でした



普段は入場料を支払う必要がありますが、富士山世界遺産登録記念で、6月30日まで無料解放されていました。

スタッフの女性からヘルメットを受取り、ゲートから、いざ入場です。(ドキドキ)

中に入ると、このような景色の中をしばらく歩きます。

この付近は、富士山北西麓に広がる青木ヶ原樹海の北東端にあたり、鬱蒼とした深い原生林になっています。



高い木が密生している為、太陽光線が地面にまで達しにくく、コケ類のような植物しか生えないそうです。



段差のある所は、このようにデッキや階段が設置されています。



奥の鉄柵が見える所が、洞窟の入口です。

入口には、「コウモリが出入りし易いように、このような鉄柵になっています」と書かれた看板が掲示されています。

お父さんは、「あ~、ついにコウモリがいる洞窟に入るんだ。入った途端にコウモリが暴れだしたら嫌だな」と緊張しながら前に進みました



入口を入った所は、こんな感じです。

コウモリの生息環境を考慮して、明かりは最小限になっています。



西湖蝙蝠穴の総延長は386.5メートルで、これは富士山麓に多数ある溶岩洞穴の中でも最も規模が大きい一つだそうです。

洞穴の内部は、複数の支洞が迷路状に発達した立体的な構造をしています。

ヘルメットを受取った時は「大げさな」と思いましたが、歩いていて、それが必須であることが解りました。

洞窟の中は、部分的に天井が極めて低い箇所があり、最も低い所は1m程しかありません。

その為、腰をかがめて歩いても、ヘルメットが天井にゴツゴツ当たります



「いつコウモリに遭遇するのか」と、怖々歩いていたお父さんでしたが、ついにコウモリに遭遇することはありませんでした

その理由は、以前の洞穴内への無差別な立ち入りなどにより、一時はコウモリの姿がほとんど見られなくなった時期があり、1990年代から始まった保護活動により、徐々にコウモリの生息が確認されるようになってきた段階とのことです。

そして、西湖蝙蝠穴内部の温度は、富士山麓にある他の溶岩洞穴と異なって四季を通じて温暖であり、コウモリは冬眠の為に生息していたそうです。

保護活動の一環としては、洞穴最奥部の2ヶ所は、コウモリの保護区域として木製の防護柵が設けられ、立ち入りが制限されているそうです。

加えて、毎年12月1日から翌年3月19日までの冬季期間中は、コウモリ保護の為に一般の入洞は禁止されているそうです。

こうした取り組みにより、徐々にではありますが、コウモリが戻り始めており、2011年12月15日から翌2012年1月15日まで行われた1ヶ月間の生息調査では、コキクガシラコウモリの大きな群れが確認され、西湖蝙蝠穴全体でのコウモリ生息数は、2012年現在、計665頭になりました



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 山梨
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

又、貴重な処のご紹介、有難うございました。
私もコウモリはちょっと苦手なので、パパ
さんのお気持ち、よく分かります。
とても神秘的ですね。コウモリに遭遇されず、
良かったですね。出会わない、と分かって
いれば、もっと楽しめたかも…ですね。
でも、ちゃんとコウモリの保護も考えてあって
流石だと思いました。
又しても、yuki姉さんに感謝、ですね。

No title

ふふふ・・・・♪

パパさん、コウモリが苦手だったとは!!笑

遭遇しなくてよかったですね^^

私は一度でいいからコウモリに触ってみたいなぁ~っておもってるんです!!(オーストラリアに生息してる大きいコウモリ)

富士山の麓にはまだまだ見所がいっぱいあるんですね!!

No title

昨日は楽しいお時間をありがとうございました。
とってもとっても楽しかったです♪
西湖は8年ほど前に、よくお散歩で行っていました。
お水の透明度がとても高くキレイなので、水遊びをよくしていました。
日陰がまったくないので、日焼けは必須です…。

こちらの名前は聞いたことはあったのですが、実際に拝見するのは
パパさんのお写真が初めてです。
こんなに立派なところだったんですね!
コウモリを保護するような環境になってしまったことに
大変驚いています。
ドキドキしながらの洞窟探索だったんですね。
洞窟内は涼しいですか?
富士山の周りにはまだまだいろんな場所があるんですね。
生まれてからずっと富士の麓に住んでいますが、
行ったことがない場所がほとんどです。
たまにはこういう身近な場所に行ってみるのもステキですね。

お言葉に甘えさせていただき、リンクさせていただきました。
お時間のあるときにでもご確認いただけましたら幸いです。
明日、またランへと伺います。
雨の予報が出ているので、雨が降らないことを願いながら
またお会いできることを楽しみにしております。

Re: No title

>勘太‐モモのママさん
管理棟に色々なコウモリの顔の写真が貼ってあったのですが、可愛い顔もあれば、怖い顔もありました。
でも、子供の頃に知った吸血コウモリのイメージが、今でも潜在意識の中に残っているのですv-395
でも、本当は可愛い動物なのでしょうね。

溶岩洞窟は、不思議な所でした。
同じような洞窟でも「鳴沢氷穴」と呼ばれる所は、中が氷点下らしいのですが、ここは、涼しいけれども寒くはありませんでした。

昔、青木ケ原樹海のことを知った時は、「一度入ったら、二度と出て来れない」と聞かされましたが、そんな樹海に初めて立ち入り、これも不思議な感じがしましたv-410

Re: No title

>流花・桃花ママさん
そうなんです。
何となくグロテスクな姿をしていますし、映画に出て来るコウモリは、悪いイメージで描かれているのが多いせいだと思いますv-395

ママさんは、勇気がありますねv-405
タスマニアあたりには、強烈なコウモリが居そうですねv-410

そうなんです。
ここの他にも洞窟が幾つかありますし、まだまだ紹介できる所はありそうです。

Re: No title

>minaさん
こちらこそ有難うございました。
いつもながら、楽しいドッグランでしたねv-411

西湖には、よく行かれていたのですか。
8年前と比べると、新しい名所もできたようです。
新しい名所としては、「いやしの里」などもお薦めです。

洞窟の中は、ドキドキしながらの探検でしたv-411
洞窟内は涼しいですが、寒くはありませんでした。
近くにある「鳴沢氷穴」は、とても寒いそうです。

明日、せっかくドッグランに来られるのに、我が家は行けそうにありません。
明日から姉夫婦達が、我が家に遊びに来るのです。
次回来られる時は、御一緒できると思いますので、よろしくお願い致します。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング