アルジェリア人質事件



アルジェリアで人質事件が発生し、悲しいことに、10人もの日本人が亡くなってしまいました。

亡くなられた方々には、心から御冥福をお祈り致します。

今回の事件で亡くなられたのは、日揮の関係者でしたが、ミシェルのお父さんは、かって日揮の人達と一緒にマーシャル諸島に出張したことがあったので、余計に他人事とは思えませんでした。

また、アルジェリアの北部では、現在も、お父さんが勤めていた会社の人達が、道路を建設しています。

この人達の無事も祈らずにはいられません。

最近は、日本も凶悪犯罪が多くなりましたが、外国に比べると、まだ危機意識は低いように感じます。

日本に居る時と同じような意識で海外旅行をすると、思わぬ被害に遭うとも限りません。

本日は、お父さんが、外国で経験した事件の一部を御紹介させていただきます。



上の写真は、ニューヨークです。

お父さんは、設計本部から国際事業本部に異動した直後に、ニューヨーク駐在員事務所に長期出張しました。

駐在員事務所は、写真の左側にあるシティコープビル(屋根が斜めになった超高層ビル)の近くにありました。

ある日、事務所内で仕事をしていると、突然、館内放送で「当ビルに爆弾が仕掛けられたという情報がありましたので、直ぐにビル外に退避してください」と指示がありました

結局、爆弾は見つからなかったようですが、もし本当なら、大変なことになっていました。



お昼になったので、外に食事に出かけました。

ニューヨーク駐在員事務所の近くにウォルドルフという高級ホテルがあるのですが、その前を通りかかると、機関銃を持った警察の特殊部隊がホテルを取り囲んでいました。

近づけないので、詳細は不明でしたが、アメリカでは、このような光景を度々見かけました。

アメリカでは、ビルのガードマンも拳銃を所持していますし、うっかり不審な行動をとると、即座に撃たれてしまうこともありますから、本当に注意が必要です。



1986年に、三井物産の若王子フィリピン支店長が誘拐されるという事件がありました。

新聞には載りませんでしたが、その直後、フィリピンに出張したお父さんの会社の重役が、マニラ空港で誘拐されかかったのです

フィリピン営業所長が、重役を迎えに空港まで行ったのですが、重役はファーストクラスだったこともあって予想外に早くラウンジに出て来てしまったのです。

重役が営業所長を探していると、一人のフィリピン人が「Mr.〇〇、車はあちらです」と話しかけてきました。

重役は、てっきり迎えの車の運転手だと思い、言われるままに車に乗ってしまいました。

走り始めて、直ぐに「これは誘拐だ」と気づいた重役は、車が信号で止まった隙に逃げ出し、なんとか最悪の事態を回避することができました。

この時のフィリピン営業所長が、ロンドン勤務当時のお父さんの上司だったYさんです



上の写真は、ロンドンにある日本大使館です。

ロンドンでのお父さんの最初の仕事(建設工事)です。

既存の日本大使館が手狭になり、更に大きな大使館が必要となりました。

当初は、ビルを借りて、中を大使館仕様に変えるという想定だったのですが、結局、ビルを購入することができるようになり、計画は大きく変わりました。

購入したビルは、100年以上経っていて、歴史保存指定を受けていました。

従って、ビルの全面側は保存改修し、後ろ側は解体して新しく造り直すということになりました。

しかし、この種の工事は、建設中に役所から色々な指導が出ることもあって、地元では「工期は2倍、工費は2~3倍になる」と言われていました。

解体工事に着手してからも、地元の建設会社と工事費のネゴを続けていたのですが、最終的に合意に至らず、所長だったYさんが、お父さんが知らない内に地元の建設会社を変える決断をしました。

ある日、お父さんが、解体工事中の地下部分を巡回していると、プロレスラーのような解体職人達に囲まれ、いきなり「何故、会社を買えるんだ!」と詰問されてしまいました。

事情は、後で知らされたお父さんでしたが、場合によっては、解体職人達にボコボコにされていたかもしれません



日本では、盗難の経験が無かったお父さんですが、日本大使館の工事中に、初めて盗難を経験しました。

その後、ロンドンでの最後の工事の時にも盗難を経験しましたが、盗難は、日常茶飯事に起きています。

同僚の中には、パスポートや車の盗難に遭った人が大勢います。

警察に盗難届を出しても、警察は書類に記録するだけで、実際には、保険で処理することになります。

盗難は、最も軽い被害と言ってもいいかもしれません。

ミニキャブ(白タクみたいなもの)を使った日本人女性が、そのまま行方不明になったケースもあります。

噂の中には、「人身売買組織の手で、中近東辺りに連れて行かれた」というものもありました

また、有名スーパーの駐車場で、日本の主婦がレイプされるという事件もありました。

駐車場の奥に車を止めると、表側から死角になり易く、このような事件に遭う確率が高くなるようです。

海外には、日本にないような、素晴らしい所がいっぱいありますが、同時に危険も潜んでいることを決して忘れてはいけないと思います。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

No title

↓甘酒いいですね!飲みたくなっちゃいました^^

私はこの4月でNZ在住24年、25年目に突入ですが、ありがたいと言うか、ラッキーだったと言うか今まで一度も怖い目にあった事も盗難もないんです!!

でもパパさんの記事を見て、初心に戻り今まで以上に注意して生活しなきゃ!!って思いました。

No title

今年に入って、メソメソしてばかりいたのですが、
アルジェリアの人質事件の、悲しい結果が入って
からは、もう、毎日、泣いていました。今日は
やっと帰国が叶って…沢山の白い花束を見て、
ご遺族、現地の様子を聞くと、涙が止まりません。
きっとカリーノパパさん、日揮の方とお仕事され
た経験がおありだと想像していました。本当に
痛ましくてなりませんね。
海外でお仕事されてこられたパパさん、本当に
危険な目にも遭われて…無事に勤めあげられた事、
改めて、素晴らしい事なのだと思いました。
犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。
凄まじい現場から生還された方々と、ご遺族の
心のケアも、ぜひお願いしたいと思います。

Re: No title

>流花・桃花ママさん
甘酒、美味しいですよ~v-411

NZ在住25年目なんて、すごいですね!
恐らく、NZは治安が良いことや、ママさんの行動が良かったことなども、24年もの間、怖いことを体験しなかった原因ではないでしょうか。
でも、きっとラッキーだった面もあるかもしれませんね。
これからも油断せず、良い日々を継続してください。

Re: No title

>勘太‐モモのママさん
本当に御遺族の気持ちを思うと、おかけする言葉もありませんね。

海外で何年も仕事をしていると、必ず何らかの怖い経験をするのが普通です。
盗難くらいで済んだら、とてもラッキーと言えるかもしれません。
カリーノパパの場合、13年間に大きな被害が無かったのは、神様に感謝すべきかもしれませんね。

ママさんが仰るように、人質になって助かった人も、きっと心に傷をおっていると思います。
その人達のメンタルケアも必要でしょうね。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング