ジジイのたわ言

最近、ミシェルのお母さんが他の車を見て、「ホンダの軽なんか、どう?」と聞いてきます。

恐らく「私が運転する車が欲しい」という気持ちがあるようです

お隣りさんは、3台の車を使い分けているので、その影響も多少あるかもしれません

お母さんには申し訳ないのですが、車が趣味のお父さんは、「Yes」とは答えられません。

それは、「老い先短いジジイが、夢の無い車を買えるか」という気持ちがあるからです

お父さんは、「車は、基本的に贅沢品」と思っています。

経済的なことだけを考えれば、お金のかかる車なんか所有せず、必要な時にレンタカーを借りる方が良いと思えます。

では、何故、お父さんは車を所有するのか?

その理由は、車は、お父さんにとって趣味だからです。

趣味の車ですから、実用車を欲しいとは思っていません。

現在、BMW X5という車を所有していますが、これは「ミシェル達を乗せなければいけない」という理由が、かなり影響しています。

車が趣味ではない人からは、「ミシェル達を乗せる為なら、国産のワンボックスカーで充分じゃないか」と言われそうですが、そこが、車を趣味と考えるお父さんの辛い所です

BMW X5という選択は、実用と趣味の妥協点を見出した結果です

それでは、お父さんが、自分でもう1台所有してみたい車は何か?
(非現実的に高額過ぎる車は、除外します)



このフェラーリ328は、候補の一つです。

フェラーリは、創設者のエンツォ・フェラーリが亡くなる前までのデザインが、美しかったと思います。

その旧フェラーリの中では、価格が最も安く、デザインも美しかったのが、この328です。

建築家のお父さんにとって、「デザインの良さ」は、妥協できない最重要事項なのです



旧フェラーリと新世代フェラーリの中間的存在が、このフェラーリ355です。

デザインも美しく、信頼性も高い、唯一つのフェラーリと言えるかもしれません。

フェラーリと言えば、赤色や黄色が定番です。

しかし、お父さんは、このブリティッシュ・レーシング・グリーンのような色の355が大好きです。

ロンドンに住んでいた時、ロンドン郊外の林間道路を走っていたブリティッシュ・レーシング・グリーンの355の格好良さに一目惚れしてしまったからです



英国を代表するアストン・マーチンのDB9にも強く惹かれます。

英国の車は、内装だけでも購入する価値があるくらいです。

まさに「高級」を極めたような内装で、他の国では、この味は出せないと思います。



お父さんにとって、ポルシェは、デザイン的に好きな対象ではないのですが、車としての出来栄えには、魅力を感じます。

特に、セミ・オートマティックを備えた最新の911は、やはり運転してみたい車の一つです。



では、車を1台しか所有せず、BMW X5を買い替えるとしたら、何が候補か?

それは、かって「砂漠のロールス・ロイス」とも呼ばれたレンジローバーです。

高級英国車の例に漏れず、内装は最高ですし、運転していて気品を感じます。

英国の宮殿に行くと、貴族の奥様がレンジ・ローバーに乗っている光景を目にしますが、「これぞ本物のセレブの世界」と、ウットリしてしまいます



そして、「お母さんが運転し易く、お父さんも運転してみたい」と思えるような車は?

その一つが、このMINIです。

オリジナルのミニは、信頼性に問題がありましたが、BMW製になって、信頼性も格段に向上しました。

この愛らしいデザインは、非常に魅力的です。



ドイツ車というと、少々無骨なデザインが多いのですが、このアウディA1は、イタリア的な洗練さを感じさせてくれます。

赤色のA1は、女性をより魅力的に見せてくれるように思います。



ミニと同じように、オリジナルのデザインを踏襲したのが、このFIAT500です。

現在のFIAT500も、とても愛らしいデザインです。

この車を運転している女性も、魅力的に見えることは間違いありません



以上、勝手なことを書きましたが、「趣味の世界」のことを他の人に理解していただくのは、難しいかもしれません。

そんな場合は、「ジジイのたわ言」と御理解いただき、何卒、御容赦願います



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪


★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まず、ジジイのたわ言というタイトルに笑って
しまいました。何をおっしゃいますか、ジジイ
だなんて、とんでもない!とてもお若いと私は
思っています。それに、今日は趣味のお話とは
いえ、素敵な車を沢山見せて頂いて、楽しませて
頂きましたよ。どれも素敵ですね。車としての
甲、乙はつけられませんが、赤のFIAT500、
素敵な色のフェラーリ355、いいなぁ~と
溜息がでましたよ。

No title

どの車もデザイナー好みの美しさと気品がありますね。
ちなみに私は車にそれほど執着しないので、
家族構成と荷物の量から Honda CRV に13年間も乗ってたのですが、
大きな車が必要なくなった一昨年、
エコカー補助金を貰って買い替えました。
VW Polo と BMW MINI を十分に比較見当した結果、
価格、燃費、実用性、そのいずれの項目についても「劣って」いる
MINI Cooper を買いました。
だって可愛かったんだもの!

同感です

内容を見ると、かなり共感するものがあります。
私も車好きで独身時代は、車検を通した事はありませんでした。

しかし、最近は子供の事。犬達の事を考えて妥協の産物アルファードに乗っております。
これ、ハイオクで大飯喰らい。そして運転していて楽しく無い。でも室内は広いんです・・・・・・

そこで、良く試乗に出るのですが初めてBMWと言うものを乗ってきましたが素晴らしいの一言でした。
一番下のあまり格好の良くない1を乗って来ましたが乗り心地エンジンフィール最高でした。
VWも悪くは無いのですが、なぜ100万円違うのか理解できました。
妻には全く理解できない事でしたが・・・
私は現在、犬の事を考えると3シリーズのツーリングが欲しいのですが、ここ北海道でFRはきつい。そして何より高くて買えません(笑)

せめて妻の車を趣味の車に買い替えたいのですがMINIも意外と高いんですよね・汗

Re: No title

>勘太‐モモのママさん
ありがとうございます。
自分が子供の頃、60歳位の人は老人に思えましたが、今の60歳位の人は、若々しい人が結構いますねv-410
私も、素敵に歳をとりたいと思っています。
他の人を見ていて、「魅力的な老人は、魅力的な若者以上に凄いな」と思います。

女性である勘太‐モモのママさんに、私の好みを理解・賛同していただき、光栄の至りですv-437

Re: No title

>タフちゃん
デザインに造詣の深いタフちゃんに賛同いただき、嬉しく思います。
VW Polo と BMW MINI。
どちらも素敵な車ですね。
さすがは、タフちゃんの選択です!
VW Poloの方は、SUVタイプの車種が気になっています。
それと、今日、ゴルフのカブリオーレとパサードのワゴンを見かけましたが、とても美しいデザインだと感心しました。
最終的にMINIを選んだとか。
私が選んでも、同じ結果になったと思いますv-411
しかし、クーパーを選んだとは、凄いですね!
車が趣味ではない人の選択とは思えませんv-411

Re: 同感です

>aruさん
共感していただき、有難うございます。
アルファードもいい車ですよね。
私も5台位所有していたら、1台はアルファードのような車が欲しいですv-411
但し、アルファードを使う時は、運転は家内で、私は後席でユッタリがいいですv-411

やはり、BMWは良かったですか。
BMWは、運転してみると、本当に楽しい車ですよね。
1度乗ると、もう国産車には戻れませんv-411
ベンツも何車種か所有しましたが、やはり運転していて楽しいのはBMWです。
X5なんて2トン以上もある重い車ですが、それでも運転していて楽しいから驚きます。

オリジナルのMINIは大衆車でしたが、今のMINIは高級車の仲間入りをしちゃいましたね。
でも、買って絶対に損のない車だと思います。
その理由は、古くなっても所有していたいと思える車ですから。
そういう車って、とても貴重だと思います。

No title

YUKIお姉さん回復されて良かったです!!

パパさん、いいんです!いいんです!!

趣味がなくなっちゃったら生きてもつまらないですよぉ~^^

趣味のおかげでいつまでも若々しくいられるし、生活に支障が出なければNo Problem♪

いつまでも素敵パパさんでいらして~^^

Re: No title

>流花・桃花ママさん
ありがとうございます。

流花・桃花ママさんにサポートしていただくと、とっても心強いですv-411
これから、また少しずつ趣味の世界も楽しみたいと思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング