天災ではなく、人災?



昨日、「保安院が防災強化に反対…2006年、安全委員会に再三文書」というショッキングなニュースがありました。

福島第一原発については、事故いぜんから津波被害の可能性が指摘されていたにも関わらず、東電が全く対策を行おうとしなかったことが問題になっていますが、他にも重大な問題があったことが明らかになりました。

ニュースの概要は、次のような内容です。


原発の重大事故を想定した防災対策の国際基準を導入する為、内閣府原子力安全委員会が、2006年に国の原子力防災指針の見直しに着手した直後、経済産業省原子力安全・保安院が、安全委員会事務局に対し「社会的混乱を引き起こす」などと、導入を凍結するよう再三文書で要求していたことが判明しました。

結局、導入は見送られ、昨年3月に東京電力福島第1原発事故が起きたわけです。

もし導入していれば、周辺住民の避難指示が適切に出され、被ばく人口を大幅に減らせた可能性があります。

国の防災指針は、1979年の米スリーマイル島原発事故を受け、1980年に策定されました。

しかし、原子炉格納容器が壊れて放射性物質が大量に放出されるような重大事故は「我が国では極めて考えにくい」として想定されなかったのです。

2002年、国際原子力機関(IAEA)が重大事故に対応する新たな防災対策として、住民の被ばくを最小限に抑える為、原発の半径3~5キロ圏をPAZ(予防防護措置区域)、30キロ圏をUPZ(緊急防護措置区域)に設定し、効果的な対策を講じる国際基準を作成しました。

欧米の原発立地国の多くが、この基準を導入し、日本の安全委員会も2006年3月から検討を始めました。

これに対し、保安院は翌4月から6月にかけ、「原子力安全に対する国民不安を増大する恐れがある」、「現行指針のEPZ(防災対策重点地域、10キロ圏)より広いUPZを設定すると、財政的支援が増大する」などと、導入凍結を求める意見を安全委員会事務局に文書や電子メールで送付しました。

安全委員会は、2007年5月、保安院の要求に応じる形で、新基準の導入を見送りました。

福島第1原発事故では、地震発生から約2時間後に原子炉が冷却機能を喪失しました。

しかし、3キロ圏内の住民に避難指示が出たのは、その4時間後で、10キロ圏内への避難指示は、放射性物質の放出が始まった後になるなど、想定の甘さが露呈しました。


保安院原子力防災課が安全委員会に出した意見の概要は、次のような内容です。(安全委員会が公開した文書から抜粋)

◇2006年4月24日
無用な社会的混乱を回避する為、「即時避難」という語句を使用することは控えていただきたい。

◇2006年4月26日
IAEAの考え方を導入した新たな原子力防災指針の検討を行うことは、中央省庁、地方公共団体のみならず地域住民にも広く浸透、定着しつつある現行防災スキームを大幅に変更し、社会的な混乱を惹起し、原子力安全に対する国民不安を増大する恐れがある為、検討を凍結していただきたい。現行指針における原発から半径約10キロのEPZより広い原発から半径約30キロのUPZを設定すると、防災資機材などの整備を重点的に行う地域が拡大し、財政的支援が増大するのではないか

◇2006年6月15日
我が国の防災対策の現状に特に問題点が見いだされない。貴課は、本件の社会的な影響の大きさも十分に認識していなかった。防災行政に責任をもつ当院(保安院)の意見、考え方を十分に確認せず、一方的に防災指針について改訂の検討を開始したことは、貴課の不注意と言わざるを得ず、誠に遺憾である。


ミシェルのお父さんには、国民の安全よりも、むしろ保安院のメンツを守ることが主になっているように思えてなりません。


このような愚かなことは、日本だけではなく、外国でも起きたようです。

昨日の韓国YTNテレビによりますと、釜山市にある古里原発1号機で電源が12分間喪失した事故の直後、同発電所の所長ら幹部が会議を開き、隠蔽工作を図ったそうです。

老朽化が進む1号機の廃止を求める声が上がっていた他、福島第1原発事故から1年が近づき、原発の安全性への関心が高まっていた為、隠蔽を決めたということです。

原子力安全委員会の聞き取り調査によると、2月9日の事故直後、所長らが事故の隠蔽を決定し、業務日誌にも「正常に運転された」と記録したとのことです。


これらの問題は、恐らく「氷山の一角」で、日本や韓国以外にもあるのではないでしょうか。

このような事実からも、改めて「反原発」を世界中に強くアピールしたいと思います。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪


★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

No title

保安院というのは、本来、原発の安全を確保する為に存在してるのだと思っていましたが、むしろ電力会社の利益の確保の為に存在しているみたいで、唖然とします。
このような事実からも、多くの役人が、電力会社に天下っている理由が解るような気がします。
保安院などは、直ぐにでも無くした方が、国民の為になるのでは。

No title

保安院は何の為に存在するのでしょう!
本来の目的とはかけ離れた、処に
デン、と座っている様に思えます。
去年の震災後、沢山の問題が噴出し、
その対応に追われ、肝心の被災地の
復興が遅れています。
震災が起こった時、真に命の尊さを
知っているリーダーが不在だった事、
これが最大の悲劇のように思えます。

No title

保安院は、本来、原発の安全を図るところだと思いますが、実際にやっていることは逆とは驚きました。
こういう組織こそ無駄の象徴ですから、是非とも仕分けしてもらいたいです。

No title

パパさん、お恥ずかしい話ですが、保安員という存在を初めて知りました。
パパさんの記事はとっても勉強になります^^

韓国もですか・・・・

中国も何年も前からシルクロード辺りで漏れてて、ツーリストが被爆してる!って話を聞いた事があります。
↑ガセでしょうか??

Re: No title

>デュークパパさん
デュークパパさんが言われるとおりです。
経済産業省、保安院、電力会社は、グルと言っても過言じゃないと思います。
安全よりも、自分達の利益が優先しているように思えます。
保安院などは、即刻、仕分けして、無くしてもらいたいと思います。

Re: No title

>勘太・モモのママさん
保安院の存在意義が、全く不明ですね。
経済産業省と電力会社の利権を守る為の組織としか思えません。
ここで御役御免になれば、次は、電力会社に天下るのでしょうね。
原子力の安全なんて、まさに「絵に描いた餅」で、いったい誰を信じれば良いのか、全く解りません。

Re: No title

>MACさん
原発の安全を確保すべき保安院が、安全の向上を図ろうとする安全委員会の足を引っ張るというのですから、全く理解不能です。
MACさんが言われるように、即刻、仕分けて解体してもらいたいです。

Re: No title

>流花・桃花ママさん
恥ずかしいことなんてありませんよ。
日本に住んでいても、原子力安全・保安院の存在を知らない人は、大勢いると思います。
その役割を知っている人となると、更に少ないと思います。

シルクロードでの放射能被爆については、全く知りませんでした。
調べた内容を次の記事に載せますね。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング