世界に拡がる反原発デモ

東日本大震災による東京電力福島第一原発の事故発生から一年を迎えた3月11日、世界各地で原発反対を訴える人々がデモや集会を開き、「反原発」の声を響かせました。



福島第1原発事故で深刻な被害に苦しむ福島県では、呼び掛け人代表の清水修二・福島大副学長が、「『原発いらない』の声は痛恨の思いを込めた福島県民の叫び。この声を全国の心ある人に届けるのは、県民の使命であり義務だ」と訴えました。

「原発いらない! 3・11福島県民大集会」には、全国から約1万6000人が集結しました。

10代を代表し、県立あさか開成高2年の鈴木美穂さんは、「原発がなければ、被害に遭った人を助けに行けました。人の命も守れないのに、電力とか経済とかいっている場合ではないはずです」と訴えました。



原子力大国フランスでは、6万人が参加した過去最大規模の抗議活動となりました。

フランス南東部のローヌ川沿いにつくられた「人間の鎖」の参加者は約6万人で、原発に関するデモとしてはフランス史上最大の規模となりました。

フランスは電力の75%を原子力に依存し、福島での事故の後も、政府は原発維持の姿勢を崩していません。

しかし、「5人の子供がいるので原子力の健康被害が心配です」とか、「(原発は)自然にも体にも良くないし、日本みたいに爆発することもあるから」と、国民の態度にも変化が見え始めています。

来月に控えた大統領選では、世論調査でトップを走る社会党のオランド候補が原発の依存度を50%に減らすことを公約しています。

脱原発を訴えて大統領選に立候補している「緑の党」のエヴァン・ジョリ候補は、「核開発はフランスの威信に結びついています。私達は原子力に対するこうした感情を改める必要があります。時間はかかりますが、実現できると確信しています」と語っています。



福島第1原発事故を受け、主要国で一早く脱原発へ舵を切ったドイツでは、「フクシマは警告する-原発いま閉鎖を」を合言葉に、6つの原子力関連施設周辺でのデモに約2万人が集まりました。

昨年7月の法制化で2021年までの閉鎖が決まった北部シュレスウィヒ・ホルシュタイン州のブロクドルフ原発では、緑の党幹部を含む1000人以上が「人間の鎖」で原発を取り囲み、「今すぐにも廃炉に」と訴えました。

北部ニーダーザクセン州では、夕方から、アッセの放射性廃棄物貯蔵施設付近で75キロに渡ってロウソクの列に点灯しました。



イギリス西部サマーセット州のヒンクリー・ポイント原子力発電所周辺では、約800人の市民が原発増設の反対を訴える24時間デモを行いました。

市民団体の呼び掛けに、ハドソン核兵器禁止運動議長らも参加しました。

市民は原発の周りで「人間の鎖」を作ると、警笛や楽器などを一斉に1分間鳴らし「政府の原発増設計画に沈黙しない」との意思を表しました。



原発ゼロ」を目指す環境保護団体など60余りの市民団体が、台北市内で「さよなら原発」集会を開き、約5000人が総統府まで脱原発のデモ行進をしました。

台中市でも同時刻、集会とデモ、高雄市では同夜に集会があり、3都市で合計100余りの団体計約1万人が参加しました。

台北市の集会には原発の核廃棄物貯蔵所がある南部の離島・蘭嶼の先住民族であるタオ族も参加し、「核廃棄物に反対し、蘭嶼を救おう」と呼び掛けました。



昨年12月に原発建設候補地に選定された韓国東部の江原道・三陟市では、市民ら約1000人が建設反対集会を開きました。

主催した「誘致白紙化闘争委員会」の李光雨さんは、「フクシマ事故があっても、まだ原発は安全だと言う政府には、憤りの気持ちでいっぱいだ」と語っています。




★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪


★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当に日本国民は学ぶことを忘れてしまったのでしょうか。

人の痛み、苦しみ、悲しみを理解しようとしない人々に

政治家と名乗って欲しくありません!

今、変わらなくて、いつだというのでしょう!

怒りでいっぱいです。

今日14日はグーちゃんの1周忌です。

去年は闘病を応援して頂き、本当に有難うございます。

支えて頂きました!。心から感謝いたしております。

まだまだ心のリハビリ中です。頑張らなくては!

No title

全世界の普通の人間であれば、何が危険で危険でないか分かるはずです。
金に目がくらんだ人間には、そんな事も分からなくなってしまうのですね。
これだけデモをしても伝わらないのかな。

反原発

やはり世界中の人が、原発の恐ろしさを感じているのだと思います。
福島第一原発の事故が、いつ収束できるのか分からない状況で、早くも原発の再稼動を唱えている人がいることに驚きを禁じえません。
放射能の驚異から、いまだに避難生活を強いられている人達がいることを何と思っているのでしょうか。

Re: No title

>勘太・モモのママさん
日本には、本当に政治家はいないように思えてしまいます。
利権にまみれた政治屋ばかりという気がします。
約束は破るし、嘘はつくし、といった感じがします。

グーちゃんは、早1周忌になりましたか。
ついこの間まで、グーちゃんのことをコメント欄に書いていたような気がします。
グーちゃんが居なくなって、本当にお寂しいことと思います。
でも、グーちゃんは、ママさんの心の中で永遠に生きていますからね。
グーちゃんにとっては、ママさんの元気と笑顔が最高のご褒美だと思います。

Re: No title

>レグルスさん
レグルスさんが仰るように、客観的に考えれば、原発が危ないことは明白だと思います。
常に想定外のことは起きると思いますし、一旦事故が起きたら、放射能は人間が制御できるものではありません。
このことを、日本の政治家は、しっかりと頭に叩き込んでもらいたいと思います。

Re: 反原発

>kentさん
外国人は、日本人以上に原発の恐ろしさを自覚しているように思います。
世界で唯一の原爆被災地であり、更に福島第一原発の事故を経験している日本人が、いまだに核に寛容なのには本当に呆れてしまいます。
今こそ日本人が先頭に立って、全世界に核と原発の廃絶を訴えるべきだと思うのですが。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング