fc2ブログ

フーちゃんの訓練



フーちゃんの訓練があるというので、見学に行ってきました。

訓練の場所は、フーちゃんのお家のお庭です。



訓練を行って下さるのは、長和ゆかり先生です。

長和先生は、2014年に愛犬レッティとFCIオべディエンスの世界大会(フィンランド)へ日本代表として出場されました。

そこで世界の犬達を見たことをきっかけに、犬の幸せ、気持ちを追求し始め、ドッグトレーナー、Tタッチのプラクティショナーとなられました。

犬に対しては、褒めることが基本で、「No」と言わない訓練が特徴です。



この日は、長和先生がフーちゃんをコントロールする方法の見本を示し、次にフーちゃんのパパさんとママさんが実行してみるという訓練でした。

ヨーロッパでは、犬を迎え入れる際に、プロの訓練士に躾方法を習うことは珍しくありませんが、日本では、あまり行われてはいないように思います。

日本では、子供が犬を欲しがり、ペットショップに行って玩具を買うのと同じような感覚で犬を買うというのが多く、子供が犬に飽きたら放ったらかしというケースも多いように思います。

日本では、犬や猫を「ペット」と呼んでいますが、ヨーロッパでは「家族」として迎え入れており、意識の違いが大変大きいように感じます。

家族として迎え入れる大切な犬に、まず人間社会でのルールを教え込むということは、人間の子供に対する教育にも共通するものです。

日本にも、今後、訓練の大切さを認識してくれる愛犬家が増えることを願ってやみません。



↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : レトリーバーと暮らす
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい意識

犬はは家族で、ペットじゃない。
全くそのとおりだと思います。
犬を家族として迎え入れる際に、飼い主さんと犬が一緒に勉強するというのは、本当に素晴らしいことだと思います。

Re: 素晴らしい意識

>モカママさん
犬はは家族ですから、人間の子供と同じように教育はとても大切なことだと思います。
仰るように、犬を家族として迎え入れる際に、飼い主さんと犬が一緒に勉強するというのは素晴らしいことだと思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪