fc2ブログ

ハーロウ・スクール



今朝、テレビを見ていると、「英国の名門ハウロウ校が、岩手県の安比近くに日本校を開設」といったような見出しを報じました。

ミシェルのお父さんは「英国にハウロウ校などという名門校はあったかな?」と疑問に思い、直ぐに調べてみました。

英語名を日本語名に直す時に不正確になっただけで、恐らく、ハーロウ・スクール(Harrow School)のことだろうと推測されました。

ハーロウ・スクールは、ロンドンの北北西にあるハーロウ特別区にある、イギリスの男子全寮制パブリック・スクールです。

「The Nine」と俗称される伝統のある名門パブリックスクールの9校のうちの1校で、他にはイートン・カレッジ、ラグビー・スクール、ウェストミンスター・スクールなどの名門校があります。

パブリックスクールというと、公立校に聞こえますが、イギリスでは、元々良家の子息が通う中高一貫の私立校を意味しています。



ハーロウ・スクールは全寮制の男子校で、13歳から18歳までの中高一貫校です。

卒業生の多くは、オックスフォード大学やケンブリッジ大学といった名門大学に進学します。

1572年、地元の名士ジョン・ライオンがエリザベス1世から 設立勅許状を授与され、設立されました。

敷地は広大で、校舎や寮の他に、農場、湖、ラグビーコート、サッカーコート、クリケットコート、テニスコート、ゴルフコースなどがあります。

構内は、かって映画「ハリー・ポッターと賢者の石」の撮影にも使われました。



卒業生には、元英国首相ウィンストン・チャーチルをはじめ8人の首相を輩出しています。

他にも、詩人のジョージ・ゴードン・バイロン、インド建国の父ジャワハラール・ネルー元首相、ヨルダンのフセイン国王、ノーベル物理学賞を受賞したレイリー男爵らもこの学校のOBです。

2020/21年の学費は、年間£42,600(約650万円)となっているようです。



そのハーロウ・スクールの日本校が岩手県の安比に設立され、8月に開校となるようです。

しかし、よく調べてみると、日本校は、中国資本のAsia International Schools Limitedが香港を拠点とする子会社Harrow International Management Services Limitedを通じ、岩手ホテルアンドリゾートと事業提携し、岩手県八幡平市に「ハーロウ安比校」を2022年8月に開校するということのようです。

中国資本の企業がハーロウ・スクールの看板を借り、日本国内で教育ビジネスを行うということのようで、八幡平市は開校に伴いて1億6400万円を補助するようです。



ハーロウ・スクールの海外分校は、中国資本のAsia International Schools Limiteが母体のため、その殆んどは中国にあり、子会社のHarrow International Management Services Limitedを通じ、北京、上海、海口、珠海、南寧、重慶、深圳、香港、タイのバンコク等にて運営中とのことです。

安比校は、世界中から男女生徒を受け入れる方針のようですが、実際には、アジアの富裕層の子女がメインになるだろと予測されているようです。

ちなみに、安比校の学費は、年間900万円前後(寮費を含む)になるようです。



↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

運営母体が気になります

イギリスのハーロウスクールは素晴らしい学校のようですが、安比校との関係がいまいち解りにくいように感じました。
イギリスの本校そのものの運営ではなく、中国企業が名前を借りて運営するということなのでしょうか。
できれば、メディアには、このあたりも正確に報じてもらいたいと思います。

Re: 運営母体が気になります

>ジョンパパさん
Harrow SchoolのHPでは、Harrow Family of Schoolで、Harrow International Schoolの一つという位置づけのようです。
ということで、安比校は、提携しているけども、実際の経営や運営は中国企業が行っているということなのかもしれません。
テレビの報道内容だと、安比校もイギリスのHarrow Schoolが経営・運営していると理解してしまうかもしれませんから、より正確な情報を報じてもらいたいと思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪