fc2ブログ

トップガン・マーヴェリック



久し振りに映画を見てきました。

映画の題名は、「トップガン マーヴェリック」です。

この映画は、1986年に公開された「トップガン」の36年振りの続編になります。

人気映画は、通常、数年で続編が制作されますが、36年振りというのは極めて異例です。

ミシェルのお父さんは、1986年12月にロンドンに赴任したのですが、1作目の「トップガン」は1986年に公開され、ロンドンでも人気を博した映画だったこともあって、特別な想い出として記憶に残っていました。



1作目当時は血気盛んなトップガン(選抜されたアメリカ海軍の超優秀なパイロットを訓練する学校)の若きパイロットだったピート・ミッチェル(コールネーム:マーヴェリック)は、36年の歳月を経て海軍大佐となり、極超音速テスト機「ダークスター」のテストパイロットを務めていました。

本来なら、海軍少将になっていて、大部隊の司令官になっていても不思議ではないマーヴェリックでしたが、昇進よりもパイロットであり続けることを望んでいたのです。

しかし、ダークスターの最高速度が目標のマッハ10(音速の10倍)に達していないことが理由で、計画が凍結されようとしていました。

そこでマーヴェリックは、計画責任者のチェスター・ケイン海軍少将が凍結を言い渡しに来る前にマッハ10を達成すべく離陸し、見事に成功させますが、独断でマッハ10.4まで記録を伸ばし、その結果、ダークスターを空中分解させてしまいます。



幸い無事脱出して帰還したマーヴェリックは、パイロットの資格を剥奪されても不思議ではない状況でしたが、かつてトップガンでマーヴェリックの最大のライバルだったトム・カザンスキー海軍大将(当時のコールネーム:アイスマン、現在は太平洋艦隊司令官)の強い要望で、ノースアイランド海軍航空基地の「トップガン」において、実現不可能と思われる任務を成功させる為に、特別に選抜された若きトップガン卒業生を訓練する教官に任じられます。



その実現不可能と思われる任務とは、某国家がNATO条約に違反するウラン濃縮プラントを建設して稼働させようとしていた為、それを破壊するというものでした。

攻撃目標周辺には、多数の迎撃ミサイル防空網が設置されており、それを避ける為には極めて狭い渓谷を超低空かつ超高速で飛行しなければならず、電磁波妨害も行われている為にGPSを用いる最新鋭ステルス戦闘機のF-35は使えないという、成功確率が限りなくゼロに近い任務でした。

そこでマーヴェリックは、電磁波妨害に左右されず、かつレーザー誘導爆弾を使用できるF/A-18E/F スーパーホーネットを2機+2機編隊で任務に使用することを提案します。

そして、ルースター(かって、マーヴェリックの同僚で事故死したグースの息子)達若きパイロットに厳しい訓練を課しますが、彼らは作戦を成功に導けるだけの練度に達せず、チームワークも良くない状態でした。



訓練の成果が上がらず、悩んでいたマーヴェリックでしたが、かってのライバルで闘病中だったアイスマンは、マーヴェリックと自宅で会い、回復の見込みがない体に鞭打ってマーヴェリックと筆談し、助言を与えます。

しかし、かって誰よりも沈着冷静で優秀なパイロットだったアイスマンは、その数日後に亡くなってしまいます。

最大の擁護者だったアイスマンを失った直後、マーヴェリックは、若きトップガン達を所要練度に到達させられなかったことを理由に教官職を剥奪されてしまいます。

最悪の状態に陥ったマーヴェリックでしたが、彼が考えた作戦が必ず成功させられることを証明する為に、無断でF/A-18Eを使って作戦のデモンストレーションを行い、これを見事に成功させます。

そして、自らが編隊長として任務に参画する許可を作戦の責任者から取り付けます。

映画は、このようなストーリーで展開しますが、最初から最後まで大変迫力のあるシーンの連続でした。

続編は、1作目よりも面白くない映画も多々ありますが、今回見た映画は、1作目よりも遥かに面白く感じました。




↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : トップガン マーヴェリック
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

見たくなりました

今日のブログを読んで、映画を見たくなりました。
1作目よりも面白いというのが決めてで、楽しみです。

Re: 見たくなりました

>kentさん
1作目よりも面白いと思いますので、トップガンが好きな人にはお薦めの映画です。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪