近江八幡

ミシェルのお父さんは、子供の頃から少し「食べず嫌い」の傾向がありました。

大学生の頃から社会人になった頃には、現代建築を学んでいたこともあって、アメリカに興味を持っていました。

そして、転勤でロンドンに住むようになってからは、一気にヨーロッパの魅力に引き込まれてしまいました。

そんな訳で、東南アジアについては、それほど興味を感じていなかったのです。

ところが、新国際空港の仕事でタイのバンコクに行ったところ、そこには、かって日本が持っていた暖かな心と深い信仰心が残っていることを知り、俄然、東南アジアにも興味を持ちました。

このように、あるキッカケで、それまで知らなかった魅力を発見することが、長い人生の中には多々あります。

本日、御紹介する滋賀県の近江八幡も、あることがキッカケで勉強し始めたのですが、その直後に建築雑誌でも特集記事が掲載され、近江八幡が建築的にも興味深いことを知りました。


豊臣秀次の像

1585年、豊臣秀吉の甥である豊臣秀次が八幡山に城を築きました。

その日から、近江八幡の歴史は、表舞台に立ちました。

京都に近く、日本海からの通り道にある近江八幡は、「近江商人」発生の地であり、秀次の「楽市楽座」などでも有名です。

近江八幡市は、当時作られた「八幡堀」を中心に町が発展し、年間300万人の観光客が訪れています。


近江八幡市の歴史的街並み

近江地方は、東海道、中山道、北国街道と三つの街道が交差する交通の要所で、地の利を活かした商業地として発展しました。

江戸や大坂に出店し、流通や金融などに乗り出す近江商人も多く、日本の主要な場所で「売り手よし、買い手よし、世間よし」という商売哲学を実践し、着実に経済の中心に食い込んで行きました。

高島屋、大丸、西武などのデパート、伊藤忠商事、丸紅といった商社などのルーツをたどると、近江商人に行き着きます。

近江八幡市の城下町を中心とした街並みは、現在も殆ど変わっていません。

整然とした碁盤の目のような市街地形成がなされ、そこに、伝統的な建物が建ち並んでいます。

但し、「重要伝統的建造物群保存地区」の選定を受けたのは1991年になってからです。

現在の指定地の広さは13.1hで、180棟の建物と93の工作物が「伝統的建造物」となっています。

「重要伝統的建造物群保存地区」は、1975年の文化財保護法の改正に伴って指定されるようになりましたが、選定基準は次のようになっています。

(1) 伝統的建造物群が、全体として意匠的に優秀なもの
(2) 伝統的建造物群及び地割が良く、旧態を保持しているもの
(3) 伝統的建造物群及びその周辺の環境が、地域的特色を顕著に示しているもの

1976年に最初の「重要伝統的建造物群保存地区」として指定されたのは、秋田県角館、長野県妻籠宿、岐阜県白川郷、京都市産寧坂、京都市祇園新橋、萩市堀之内地区、萩市安古地区の7地区でした。


全長4750mある八幡堀の一部

昭和30年代は、日本中が戦後の混乱期から抜け出そうと頑張っていた時代ですが。その為、各地で工場の建設や誘致がなされ、汚水の垂れ流しなど、環境破壊が相次ぎました。

高度成長による琵琶湖沿岸の開発によって、企業の集積が加速し、琵琶湖の水位低下や合成洗剤による汚染が問題になっていました。

近江八幡市も同様で、琶湖に通じる八幡堀も、生活用水の垂れ流しなどで、公害の元凶になるような有様でした。

市民の不法投棄などによる堀割りの汚染はその後も続き、地元では、堀を埋めて駐車場や公園などとして整備する署名運動が起きました。

1972年、近江八幡青年会議所は「堀は埋めた瞬間から後悔が始まる」を合言葉に、堀の浚渫と復元を呼びかけました。

1975年、青年会議所は「死に甲斐のある街」を旗印に、新たな運動を展開しました。

これは、「どんな人間でも死ぬ場所は一つしかなく、人が死を迎えるに当たり、ここで生涯を終えることを後悔しないような街にしよう」ということです。

そして実際に、毎週日曜日に会員自らが八幡堀に入り、自主的に清掃活動を開始したのです。

当初は、市民の賛同を得られる状態ではなかったようですが、めげることなく活動を進めている姿に、少しずつ賛同者も増え、次第に堀端に集まる人が多くなって行きました。

埋め立て計画を進めるため保存に反対していた行政職員も同調し始め、街の誇りを取り戻す事業として、堀を残すということが市民の心に響いて来ました。

その結果、1991年に「近江八幡伝統的建造物群保存地域」として、ついに「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されたのです。

近江八幡市では、今も「八幡堀を守る会」などを中心に清掃活動を進めており、歴史的な街並みに似合った堀割り空間が美しく存在しています。

近年は、時代劇の映画やテレビの撮影で使われることも多く、昔の風情がそのまま残っている地域として有名になりました。


ウィリアム・ヴォーリズの胸像

1905年、当時25歳の一人のアメリカ人が英語教師として、近江八幡へ赴任して来ました。

彼の名前は、ウイリアム・メレル・ヴォーリズ。

後に、近江兄弟社の創立者の一人として、メンソレータムを広く日本中に普及させた実業家であり、一方で1600を超える建物を設計した一流の建築家でもあります。

彼は、YMCA活動を通じてプロテスタントの伝道に従事し、「建物の風格は人格と同じで、その外見よりも内面にある」という考え方を持っていました。

設計思想の根底にヒューマニズムがあり、人間味あふれる建築を生み出し、近代住宅建築の基礎を築きました。

関西地方を中心に現在も数多くの建物が残っていて、神戸女学院、関西学院、博多ルーテル教会、大丸百貨店心斎橋店、軽井沢日本人教会、明治学院大学礼拝堂などが現存しています。

彼の進めた活動は、一つの建築をつくるということではなく、人間的な「街造り」の為に近江兄弟社を起こして実業家としての地位を固めると共に、学校や図書館、病院といった教育や福祉、医療施設の建設によって、総合的な「街造り」に関わったのです。

近江八幡市には、「近江兄弟社学園」を始めとし、25棟のヴォーリズの作品が残っています。

ヴォーリズは、1919年に華族の一柳満喜子と結婚し、1941年に日本に帰化し、1964年に亡くなるまで、日本を愛し、近江八幡を愛しました。

そして、ヴォーリズは、敗戦時に日本とアメリカの仲介役を務め、「天皇の命を守ったアメリカ人」としても知られています。


池田町の洋風住宅街

近江八幡では、建物を訪ねるだけでも、その足跡をたどることができます。

江戸時代から続く街並みの中に近代建築が見えたら、それがヴォーリズの設計した建物です。

池田町洋風住宅街は、近世と近代の日本が融合したような不思議な感覚に包まれています。

八幡小学校の近くには、レンガ塀に囲まれたヴォーリズ設計の個人住宅が4棟並んでいます。


旧中川煉瓦ホフマン窯

近江八幡には、日本で5棟しか現存していない「ホフマン窯」の一つもあります。

旧中川煉瓦製造所ホフマン窯は、1916年頃に造られたものです。


旧八幡郵便局/1921年築

旧八幡郵便局は、現在、ヴォーリズの作品の保存再生を推進する「一粒の会」拠点として使われています。

ここに行くと、ヴォーリズのことを詳しく知ることができます。

そして、思いがけない発見に出会うと、「人生って、本当に素晴らしい!」って思えます。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪


★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

テーマ : 滋賀県情報
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヨーロッパなどを旅行すると古い街並が多く、すごくいいな~と思います。
日本にも、京都や鎌倉だけでなく、近江八幡のような古い街並があることを知って、嬉しく思います。
それと、八幡堀の浄化作業のことを知って、とても感心しました。
美しい街並を維持保存するには、このような努力が背景にあるのですね。

No title

興味深く読ませて頂きました。近江八幡は小学生の頃、家族旅行で訪れているのですが、
是非、又行ってみたいと思います。美しい街を
守り続けるには、本当に、大変な努力が必要
なのですね。
カリーノパパさんが住んでらしたロンドンも行く
予定でした。ロンドン、パリ、ローマを訪れる
予定でしたのに、なんと、その一ヶ月前に、あの同時多発テロが起こって、ツアーが中止に
なってしまいました。本当に残念!いつか、
是非、行きたいと思います。タイにももう一度、
行ってみたいです。優しく、忍耐強い人々、
きっと洪水の被害から立ち直ってくれると信じ
ています。
今日も素敵なお話しを有り難うございました。

Re: No title

>ショコラさん
私もショコラさんと同じ印象を持っています。
古い街並みは、人々に安心と安らぎを与えてくれるように思います。
八幡堀を浄化し保存した青年会議所の人達の熱意と努力は、本当にすごいと思います。
これからも、日本の伝統美を大切にし、守っていってもらいたいと思います。

Re: No title

>勘太・モモのママさん
読んでいただき、ありがとうございました。
私は、実際には、まだ行ったことがないのですが、近江八幡の美しさに感心しました。
近い内に、是非、訪れたいと思います。

ヨーロッパ旅行がキャンセルになって残念でしたね。
ヨーロッパは、美しい町や村が、たくさんありますから、是非、行っていただきたいと思います。
私のブログの左側の欄にある「旅行・海外」という箇所をクリックしていただくと、ヨーロッパなど情報が書かれた記事を見ることが出来ます。
もし良かったら、ご覧ください。
多少なりとも、旅行の参考になるかもしれません。


興味深く読ませて頂きました。近江八幡は小学生の頃、家族旅行で訪れているのですが、
> 是非、又行ってみたいと思います。美しい街を
> 守り続けるには、本当に、大変な努力が必要
> なのですね。
> カリーノパパさんが住んでらしたロンドンも行く
> 予定でした。ロンドン、パリ、ローマを訪れる
> 予定でしたのに、なんと、その一ヶ月前に、あの同時多発テロが起こって、ツアーが中止に
> なってしまいました。本当に残念!いつか、
> 是非、行きたいと思います。タイにももう一度、
> 行ってみたいです。優しく、忍耐強い人々、
> きっと洪水の被害から立ち直ってくれると信じ
> ています。
> 今日も素敵なお話しを有り難うございました。

No title

古い街並って、やはりいいですね。
心が落ち着くように思います。
レンガは、土で出来ているせいか、温かみを感じますし、自然に優しいのもいいですよね。

ヴォーリズさんは、1600もの設計をしたのですか!
アメリカから来て、しかも日本で色々な仕事を行いながらですから、驚嘆してしまいます。

Re: No title

>nonnonさん
古い街並みって、本当にいいですよね。
nonnonさんが言われるように、心が落ち着くように思います。
新しいビルばかりの東京などは、精神的にも疲れます。

ヴォーリズさんが、1600もの設計をしたと知って、私も驚きました。
恐らく、ギネスものではないでしょうか。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング