fc2ブログ

ウルフドッグ



少し前になりますが、ウルフドッグ(狼犬)が飼われていた家の庭から抜け出てしまい、大騒ぎになったニュースがありました。

そこで、ウルフドッグについて、少し調べてみました。



ウルフドッグとは、犬と狼の交配犬で、英国では「ウルフ・ハイブリッド」とか「ウルフドッグ」と呼ばれています。

ウルフドッグは、シベリアン・ハスキーやアラスカン・マラミュート、ジャーマン・シェパードなどの犬種と家畜化された狼とを交配した犬のようです。

狼の血が75%以上のものをハイパーセントと呼び、外見が狼により近い為に好まれる傾向にあるといいます。

身体的特徴は、交配した犬種によって異なり、体高66cmから81cm、体重45Kgから70Kgで、聴力と嗅覚は特に優れています。



性格は、身体面よりも個体差が大きいと言われ、飼い主がリーダーとして主導権を握っていれば、無闇に人や動物を襲うことはありません。

普通の犬と比べると、野生味が強い為に警戒心は強いのですが、仲間と認めた者とは極めて良好な信頼関係が築かれ、その結びつきの強さは、他犬種より遥かに強いと言われます。

高度な社会性を持ち、リーダーと認めた者には従順であるが、人間の愛玩動物として改良されてきた他犬種と比べると、訓練などは困難な部類に入ります。

知能は非常に高いのですが、独立性が強く、ブリーダーやトレーナーとして熟練した人でなければ、完全に躾けることは容易ではないそうです。

飼育に必要な面積は1頭当たり30㎡以上、理想的な運動量は1日2~3時間以上といいます。

また、跳躍力が非常に高く、個体によっては2~3m程度の柵を飛び越え、飼育に当たっては充分な敷地面積が必要で、飼育者自身が飼育に充分なな時間を割けることが最低条件となります。



ニュースで抜け出したウルフドッグが捕獲される場面を見ましたが、ロープや針金を首にはめられ、怯えている様子が判り、とても痛々しく感じました。

狼と交配したウルフドッグということで、すぐに「凶暴」と見られがちですが、恐らく育てられ方によっては、凶暴ではないウルフドッグも多々いるのだと思います。



犬と一緒に暮らしてみて解ることですが、犬も人間と同じように、一日24時間、色々な感情を示します。

その感情の変化は、常に一緒に居なければ理解できないものです。

一日の内、ドッグフードを与える時だけとか、散歩に行く時だけ犬と接するとしたら、恐らく犬と完全に理解しあうことは難しいように思えます。

ましてや、一日中、鎖に繋ぎっぱなしで、一緒に遊ぶことも無いような環境だとしたら、恐らく犬と信頼関係を築くことも難しいと思います。

犬を家族として迎え入れたら、人間の子供に対するのと同じように、できる限り一緒に居られる時間を確保してあげられたらいいなと、心から思います。




↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

人間の方が問題

ウルフドッグって精悍で、そのカッコ良さに憧れる人の気持ちも解るような気がします。
しかし、普通の犬とは異なる点もあるということで、飼うに当たっては、広い敷地や専門的な知識も必要なのだと思います。
今回のニュースでは、あたかもウルフドッグ=凶暴のように報じられていましたが、実際にはそんなことはなく、他の犬と同じように、飼い主さん次第で良くも悪くもなるのではないでしょうか。

Re: 人間の方が問題

>ジョンパパさん
仰るとおりです。
ウルフドッグはシェパードに似ていて、格好いいですよね。
しかし、ウルフドッグは普通の犬とは少し異なっているので、誰にでも飼えるという訳ではなさそうです。
どんな犬でも、飼い主さん次第で良くも悪くもなると思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪