fc2ブログ

矛盾満載



政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が、25日、衆議院厚生労働委員会の閉会中審査に出席し、東京パラリンピック開会式に出席する為にIOCのバッハ会長が再来日したことについて「人々にテレワークを要請している時に、今回また来る。バッハ会長の挨拶が必要なら、なぜオンラインでできないのか」などと痛烈に批判しました。

更に、尾身会長は、最初の緊急事態宣言が出された昨年4月との違いは人々の意識と指摘し「当時は何も分からなかったので、極力8割、最低7割(の外出制限)ということを不安の中でやってくれたけど、今は色んな人が色んな思いでやっている。再三申し上げてきたのは、オリンピック(開催)のメッセージがどうなるかと。バブルの中のことより、このメッセージが人々の意識にどう影響するかが大事だと申し上げてきた」と発言しました。

尾身会長の怒りの矛先はバッハ会長に向けられ、「国民にお願いしているのなら、オリンピックのリーダー・バッハ会長は何でわざわざ来るのかと。普通のコモンセンス(常識)があれば、できるはず。もう1回来たから、銀座も1回行ったんでしょうと、専門家というより、一般庶民として思います」と強い口調で語りました。

また、パラリンピックの学校連携観戦プログラムについて、尾身会長は「子供の教育が、と言っても、教育はいくらでもできる。何で、この時期に行うのか。問題は感染が起きるか起きないかではなく、どういうメッセージを一般の人に出しているかということ」と指摘しました。

全くそのとおりだと思いますが、ネット上では、「尾身さん、激おこだな」、「今回の発言には大賛成」、「尾身さんブチギレで最高」、「最近の尾身さん、ズバズバ直球で気持ち良いわ」、「バッハが来ることも問題だけど、もっとヤバいのは、それを受け入れている政府だよね。尾身さんも暗にそう言ってるんだろう」、「ぼったくり男爵の顔を見ると、腐った生卵をお見舞いしたくなります」などの声があがっています。



小池都知事は、19日、都立の小・中・高校に対して「都と県をまたぐ修学旅行などについて中止や延期」を要請しました。

更に、21日に行われた定例記者会見では「デルタ株は、もう皆さんのすぐ側にいるという意識をもって欲しい。人と人との接触を可能な限り減らしていけるかということを、人ごとではなく、自分ごととしてお考えを頂きたい」と発言しました。

一方で、パラリンピックを13万人もの小中校生に観戦させるという「学校連携観戦プログラム」を強行させようとしているといいます。

これを「矛盾」と思わない頭の中は、いったいどうなっているのでしょうか



更に酷いのは、パラリンピック開会式前日の23日、都内のホテルで国際パラリンピック委員会のパーソンズ会長の歓迎会を組織委員会の橋本会長が主催し、菅首相や小池都知事や丸川五輪相ら約40人が出席したといいます

24日の記者会見で、報道陣から「緊急事態宣言下での集会は、飲食を伴わなくても不適切ではないか」と質問された高谷組織委員会スポークスパーソンは「質問の意図が全く理解できない。(組織委員会、政府など)ぞれぞれのパートナーのトップが直接挨拶する場は、今の社会の慣習においては適切な範囲内」と真っ向から反論したというから驚きます

このことが報道されると、ネット上では、「批判されて開き直った。あり得ない」、「理解できないことが理解できないよ。こんな人間がスポークスパーソンなんて理解できないよ」、「酷すぎる。緊急事態宣言中ですよ。4人以上は集まるな!って言ってた当事者達が、がん首揃えて40人」、「この状況で歓迎会している場合?今する事は歓迎会でもパラでもない。すぐに入院できる病床の確保。何人、犠牲にすれば気が済む?」、「リモートワークしろだの修学旅行中止だの言っておきながら、自分達はパーティー楽しむとか無神経すぎる!」、「修学旅行は駄目で、この変な歓迎会がOKな子供達が納得するような説明を」といった怒りの声があがっています。




↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : このたわけ者ッ!!
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

怒り爆発

大人しい尾身会長も、さすがに怒りが爆発したように思います。
新規感染者数が全国で2万5千人、自宅療養者数が全国で10万人にもなるのに、菅首相は明かりが見えたと能天気なことを言ってるのですから、尾身会長の怒り爆発も当然です。
次期衆院選では、国民の怒りを示さないといけないように思います。

Re: 怒り爆発

>グレースパパさん
大人しい尾身会長が、怒りを爆発したのには驚きました。
それだけ、いい加減な政府に愛想が尽きたのかもしれません。
菅首相の「明かりが見えた」という能天気な発言にも驚きました。
何処を見たら、そんな言葉が出て来るのでしょう。
毎日新聞の調査では、支持率が20%台に落ちたようです。
次期衆院選では、惨敗するように思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪