fc2ブログ

責任者不在の日本



菅首相は、8月8日、東京都の緊急事態宣言期間中に開催する東京五輪について「安全安心の大会を実現する」と重ねて強調した一方で、開催に伴って新型コロナウイルスの新規感染者が増えるリスクが本当に無いのかどうかや、開催中に感染拡大した場合の自らの責任については答えませんでした。



東京都の小池知事は、8月15日、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない状況について「陽性者が非常に多い。重症者も増えている。これは、災害級だ」と語り、更に「豪雨、各地を襲っております。もう、これ、複合災害ですよね。ですから、こういう、危機管理ということ、改めてオール都庁で、どこを見直すべきなのか、呼び掛けております」と語りました。

上の二人に共通して言えることは、とても日本や東京都の責任者とは思えず、策が無いことです。



心配なのは、コロナ感染拡大だけではありません。

日本のマスコミでは全く報じられていませんが、アメリカの有名経済学者であるアンドリュー・ジンバリスト博士が「東京五輪の収支は3兆3000億円の赤字になる」と驚愕の分析を行ったことをニューヨーク・ポストが報じています

ジンバリスト博士は「大会組織委員会は、350億ドル(約3兆8500億円)を費やした。彼らは、45億ドル(約5000億円)または50億ドル(約5500億円)近くは取り戻すだろう。しかし、その先には途方もない赤字が待っている。少なくとも300億ドルを失う」との厳しい見通しを示したのです。

天文学的数字の巨額損失を埋め合わせる為に使われるのは、恐らく血税で、日本国民には、コロナの恐怖と共に大増税地獄まで待っているかもしれません。



多くの国民が懸念し、反対していたにもかかわらず、東京五輪を開催しましたが、予想通り、コロナ感染は爆発的に拡大し、福島第一原発同様に、もはや制御不能な事態になりつつあります。

そして、今後、東京五輪の費用負担を巡ってて深刻な問題も出てきそうですが、誰がどのように責任を取るのでしょうか

菅首相か、小池都知事か、橋本大会組織委員長か、丸川五輪担当大臣か

恐らく、誰も責任は取らないでしょう。

これは、第二次世界大戦当時の日本政府や軍隊の責任者のように、日本を戦争に導き、敗戦に導いたにもかかわらず、誰も責任を取ろうとしなかったことと同じように思えます。



1569億円を投じて建設された巨大な新国立競技場は、維持管理費で年間約24億円がかかると言われています。

そこで、文科省が所管する独立行政法人「日本スポーツ振興センター(JSC)」は、五輪終了後に民間に運営権を売却し、国費の負担を軽減する予定でした。

ところが、2019年に行われるはずだった業者の選定は1年先送りされ、2020年には更に2021年の秋以降に再延期が決まりました。

文科省は、度重なる延期の理由を「五輪が延期され、セキュリティの観点から業者に図面を公開できない為」と説明していますが、実際には「本当の理由は、引き取り手の目星がつかない為」ということのようです

そして、引き取り手がいない理由は「陸上競技場に特化させた施設の為、屋根が無く、音響や空調の設備も十分ではないので、コンサートなどのイベントにも使いにくい。改修しようにも、大規模な追加投資が必要になる。短期的に採算をとるのも難しい施設である」と言われています。



↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

責任者不在

確かに日本の組織は責任が曖昧で、口は出すけど、誰も責任は取らないケースが多いように感じます。
誰が戦争を始めたかも曖昧で、誰がオリンピックを招致しようと言い出したのかも曖昧で、結局、誰も責任を取らないのでしょうね。
1964年のオリンピックは意義がありましたが、今回のオリンピックは意義さえ曖昧のように思います。

Re: 責任者不在

>グレースパパさん
仰るとおりで、ミシェルのお父さんが勤めていた会社でも、口は出すけど、誰も責任は取らないケースが多かったように思います。
オリンピック招致に関係した安倍前首相、森組織委員会会長、猪瀬都知事、竹田JOC会長達は、皆、大会前に辞任し、結局、誰も責任は取らないのだと思います。
1964年のオリンピックは意義がありましたが、今回のオリンピックは利権の醜さだけが浮き彫りになりました。

ただのボケ老人?

広島の式典でも肝心の部分を読み飛ばしてしまった菅首相ですが、昨日の記者会見も言い間違いが酷かったです。
例えば・・・
「感染拡大を最優先にしながら・・・」と言い間違え
「人流」を「人口」と言い間違え
「タリバンの首都、カブール・・・」と言ったり
「ガニ政権」を「カニ政権」と言い間違えたり
いつも原稿棒読みの菅首相ですが、その原稿さえ正確に読めないというお粗末さ。
ネット上では、「まずは一度、原稿の中身を自分で理解してから発表するべき」、「AIスピーカーの方がまだマシなのでは」などと批判の声があがっています。

Re: ただのボケ老人?

>ジョンパパさん
仰るとおり、菅首相は本当にお粗末です。
原稿さえ正確に読めない菅首相は、自分の言葉で国民の心に訴えかけるメルケル首相と比べると、月とスッポンくらいの違いを感じます。
しかも、感染拡大中にオリンピックを強行開催したことを考えると、本心で「感染拡大を最優先にしながら・・・」と思っているようにさえ感じます。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪