fc2ブログ

50歳で全米プロ優勝



6月16日で51歳になるというミケルソン選手が、世界4大トーナメント(メジャー)の一つである「全米プロ」に優勝しました。

2005年の全米プロでメジャー2勝目を挙げたミケルソン選手にとっては、これが2度目の優勝です。

50歳といえば、レギュラーツアーを離れてシニアツアーに鞍替えする年齢ですが、2019年のドライバーの平均飛距離が300ヤードを超えるミケルソン選手にとっては、シニアツアーよりもレギュラーツアーで活躍する方が楽しいようです。

最終日も、追い風だったこともあって、パー5のティーショットで366ヤードというビッグドライブを発揮し、難なくバーディーを奪っていました。



アメリカPGAツアー45勝、ヨーロッピアンツアー10勝を誇るミケルソン選手ですが、世界4大トーナメントも、マスターズ優勝3回(2004年、2006年、2010年)、全米オープン2位6回(1999年、2002年、2004年、2006年、2009年、2013年)、全米プロ優勝2回(2005年、2021年)、全英オープン優勝1回(2013年)という超人ぶりを発揮しています。

大学時代にプロ入り後、一度も世界ランク50位以下に陥落したことがなかったミケルソン選手ですが、2019年末には70位となり、今回の全米プロの前世界ランクは115位でした。

さすがにミケルソン選手も体力的、精神的な衰えが到来したのかと思いきや、本人は「今のパフォーマンスがベスト」と言い切っていました。

その言葉を実証するかのような、今回の優勝でした。

ちなみに、日本人の世界ランクは、松山選手が14位、星野選手が73位、金谷選手が80位です。

松山選手の14位は妥当な順位だと思いますが、星野選手や金谷選手の順位は甘い日本ツアーの成績でポイントが加算されたものであり、世界ランクが必ずしも実力を反映したものではないことが判ります。



アメリカだけではなく、世界的に人気を誇るミケルソン選手ですが、2018年にシネコックヒルズGCで開催された全米オープンで、彼の名声を傷つけてしまう事件が発生しました。

第3ラウンドの13番グリーンで、超高速グリーンにイライラしていたミケルソン選手は、ボールがカップをかすめた後に小走りでボールを追いかけ、ボールがまだ動いていたにも関わらず、ボールを打ってしまったのです。

これは明らかにルール違反で、彼は、後日、謝罪しました。

このシーンをテレビで見たミシェルのお父さんは、もうミケルソン選手を応援したくなくなりました。

しかし、その後、一生懸命にプレイするミケルソン選手の姿を見て、再び彼のファンとなりました。

ミケルソン選手が世界4大トーナメントの全てに優勝してグランドスラムを達成するには、あと全米オープンに優勝する必要があります。

世界ランク115位だったミケルソン選手は、今年の全米オープンに出場する資格が無かったのですが、全米プロの試合前に、特別枠で招待されることが発表されました。

本人は、実力で出場したかったようですが、今回の全米プロ優勝で、誰もが全米オープンの出場も相応しいと思っているに違いありません。

70歳近いミシェルのお父さんから見たら、ミケルソン選手はまだ若造です

ミシェルのお父さんも「今のパフォーマンスがベスト」と思っていますが、お父さんよりも断然若いミケルソン選手には、全米オープンも是非頑張って欲しいと願っています。




↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ビックリな飛距離

今回の全米プロでの平均飛距離ですが、デシャンボーが327ヤード、ケプカが317ヤード、ミケルソンが313ヤードだったそうです。
何れも凄まじいビックリですが、ミケルソンが使ったドライバーは47.9インチで、ロフトが5度だったそうです。

Re: ビックリな飛距離

>グレースパパさん
平均飛距離が300ヤードを超えるというのは、やはり凄いと思います。
しかも、ミケルソン選手はもう直ぐ51歳ですから、余計にビックリします。
ミケルソン選手が使ったドライバーが、長さが47.9インチで、ロフトが5度というのもビックリです。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪