fc2ブログ

世界レベルとの差



岩田選手が、中日クラウンズで優勝しました。

ミシェルのお父さんが好ましく感じている選手が優勝したのは嬉しい一方で、少々気になることもあります。

優勝した岩田選手が40歳、2位になった宮本選手が48歳、3位になった高山選手が41歳、6位になった片山選手が48歳。

気になるのは、上位に入賞した選手の年齢だけではありません。

中日クラウンズが開催される名古屋ゴルフクラブの和合コースは、日本を代表する名門コースの一つですが、コースの総距離が6,557ヤードしかありません。

同じく今週行われた日本女子プロのパナソニックオープンのコースでさえ6,638ヤードあり、中日クラウンズよりも長い距離でした。

ちなみに、アメリカの男子トーナメントが開催される殆どのコースは、最低でも7,200ヤード以上あり、最近は7,400ヤード超えのコースが多くなっています。

そして、今週行われたアメリカ男子プロのバルスパー選手権のコースは、7,340ヤードで、パー71でした。

また、今週、アメリカ女子プロのHSBC女子チャンピョンが開催されたシンガポールのセントーサ・ゴルフクラブのコースは、7,067ヤードでした。

ミシェルのお父さんもプレイしたことがありますが、セントーサは海に囲まれた島で、海風が強くて難しいゴルフ場です。

距離が短く、コースセッティングが甘い日本と、距離が長く、コースセッティングが厳しいアメリカとでは、益々技術の差が開く一方のように思えます。



今年の中日クラウンズで、石川選手は29位でした。

しかし、予選ラウンドが終わった時点では56位で、かろうじて決勝ラウンドに進むことができました。

最近は不調なのか、かろうじて決勝ラウンドに進むことが多い石川選手ですが、プロデビューから10年以上たった現在でも人気は一番で、石川選手以外の選手では観客を呼べないのが実情です。

そんな事情もあって、日本のマスコミは、石川選手が下位で低迷していても速報を流し、バーディーでも取ろうなら、まるで優勝したかのように大きく報じています。

そんなマスコミの姿勢に辟易しているゴルフファンも多いようで、ネット上では「石川選手は、まずその長い髪の毛を切ってください」というような皮肉なコメントも見られます



一方で、今週、アメリカで開催されたバルスパー選手権では、24歳のサム・バーンズ選手が優勝しました。

アメリカツアーを見てて「凄いな」と思うのは、次々と若くて強い選手が現れることです。

マシュー・ウルフ選手、コリン・モリカワ選手、チリのホアキン・ニーマン選手、ノルウェーのビクトル・ホブラン選手などなど、枚挙にいとまがないほどです。

選手層がもの凄く厚く、強い選手が100%のプレイをしても優勝できないという環境が、更に彼らの実力を磨いているのだと思います。



話題は変わって、プロ野球の大リーグです

上の人物は、一昨年まで横浜ベイスターズの4番バッターとして活躍していた筒香選手です。

期待されて大リーグのレイズに入団しましたが、今年の現時点の成績は、打率が1割5分7厘で、ホームランは0本です。

日本のプロ野球での10年間では、205本のホームランを打ち、977本のヒットを打ち、通算打率が2割8分5厘という好成績でしたから、大きく期待を裏切っていると言われても仕方ありません。



上の人物は、一昨年まで西武ライオンズのトップバッターとして活躍していた秋山選手です。

秋山選手も期待されて大リーグのレッズに入団しましたが、今年は試合にさえ出ていません

日本のプロ野球での9年間では、116本のホームランを打ち、1,405本のヒットを打ち、通算打率が3割1厘という好成績でしたから、やはり期待を大きく裏切っていることになります。



日本のプロ野球で大活躍していた選手が大リーグで殆ど通用しないという厳しい現実がある一方で、打者とピッチャーの両方で大活躍している大谷選手は、本当に凄いと思えます。

大谷選手を見ていて感じるのは、選手として技術的に優れているだけではなく、頭脳も容姿も良く、かつ性格も良いことです

性格が良いので、チームメイトにも好かれていますし、相手チームの選手達にも好かれています。

頭脳も良いと思う理由は、いつもコメントの内容が論理的だからです。

コメントがお粗末な日本のスポーツ選手が多い中で、その面でも大谷選手は例外的に素晴らしい選手だと思えます。

世界レベルは、エベレストの頂上のように高くて厳しい環境ですが、大谷選手のように対等に活躍できる日本人が、これからも現れてくれることを願っています。



↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

世界との差

ゴルフでも、野球でも、日本の試合とアメリカの試合には、大きな差を感じます。
その差を知ってからは、あまり日本の試合を見たいと思わなくなってしまいました。

Re: 世界との差

>ジョンパパさん
ジョンパパさんが仰るとおりです。
カリーノパパも、日本の野球やゴルフを見なくなってしまいました。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪