fc2ブログ

シルケン・ウインドハウンド



昨日、ミシェルとよく行っていたホームセンターで、大型犬用カートに乗った2頭のワンちゃんを見かけました。

1頭は全身が真っ白で、もう1頭は全身がこげ茶色でした。



上の写真は、奥側が超大型犬のボルゾイで、手前側がホームセンターで見たワンちゃんと同じ種類です。

外見はボルゾイに似ていますが、ボルゾイほど大きくありません。



上の写真は、サルーキーです。

外見はサルーキーにも似ていて、大きさもサルーキー程度ですが、サルーキーよりは毛が長く感じます。



ミシェルのお父さんとお母さんは「何という犬種だろうね」と不思議に思い、お母さんがワンちゃん達を連れていた男性に犬種名を尋ねました。

男性は犬種名を直ぐに教えてくださったのですが、ミシェルのお父さんもお母さんも聞いたことが無い犬種名でした。

帰宅後、お母さんは犬種図鑑で調べたのですが、それにも該当する犬種は掲載されていませんでした。

その後、Yお姉さんから「シルケン・ウインドハウンドかもしれない」という連絡がありました。

そこで、早速、シルケン・ウインドハウンドについて調べてみました。

シルケン・ウインドハウンドは、アメリカのテキサス州原産のサイトハウンド犬種ということが判りました。

テキサス州の「ボルゾイ」のブリーダーであるフランシー・スタールさんは、1970年代後半から、美しく長いコートを持ち、運動能力に優れ、かつ狭い家で飼育できる犬種の作出を目指していたそうです。

彼女は、1988年にマサチューセッツ州のウィンドスプライト犬舎の「ロングヘアード・ウィペット」を入手し、これに「ボルゾイ」等を交配し、約10年間かけて「シルケン・ウィンドハウンド」を作出したそうです。

この新しい犬種は直ぐに人気が出て、ヨーロッパにも輸出されました。

1999年には「インターナショナル・シルケン・ウィンドハウンド協会」が設立され、2011年には「ユナイテッド・ケネルクラブ」に公認されました。

外見は小さなボルゾイに似ていますが、ウィペットの流線型の背を受け継いでいて、美しく絹のようなロングコートは3歳頃に出揃うそうです。

日本では、山梨県の北杜市に、日本で唯一の「シルケン・ウインドハウンド」のブリーダーさんがおられるようです。

このブリーダーさんは、元々「ボルゾイ」のブリーダーさんだったのですが、ボルゾイを視察する目的で行ったアメリカのショー会場で、初めて「シルケン・ウィンドハウンド」に出会ったそうです。

以前からボルゾイの小型版のような犬を望んでいたブリーダーさんは、直ぐに「シルケン・ウインドハウンド」に魅了され、2年後、再びテキサスで開催されていたシルケンフェスタに参加し、そこで出会ったブリーダーさんから交配可能な2頭を譲ってもらったそうです。

ブリーダーさんは「譲って頂くまでには、とても苦労をしました。私の人柄や飼育環境などを全て伝え、信用して頂く必要がありましたから」と語っておられます。

ミシェルのお母さんは、ホームセンターで2頭のシルケン・ウインドハウンドに触らせてもらいましたが、とても人懐っこい性格のようでした。

その時、大変珍しい犬種であることが解っていたら、もっと色々お話を聞いていたに違いありません




↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

初めて知る犬種

私もシルケン・ウインドハウンドという犬種は聞いたことがなく、初めて知りました。
確かにボルゾイを小型化したような犬種ですね。
ボルゾイは好きだけど、家の中で飼うには大きすぎると思っている人には、魅力的な犬種のように感じます。

Re: 初めて知る犬種

>ジョンパパさん
恐らく、日本でシルケン・ウインドハウンドを御存知の方は、大変少ないと思います。
ボルゾイを小型化したような犬種で、ボルゾイは好きだけど、もう少し小さい犬が良いと思う人には魅力的な犬種だと思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪