fc2ブログ

ベン・ホーガンの教え



上の書籍に描かれている人物は、「史上最高のボールストライカー」「鉄人」「ザ・ホーク」「アイスマン」と呼ばれた伝説のプロゴルファーのベン・ホーガンです。

ホーガンは、1912年8月13日、アメリカのテキサス州ダブリンでアイルランド移民の子として生まれ、1997年に84歳で亡くなりました。

家は貧しく、チップがもらえるからと11歳でキャディーになり、19歳でプロになりましたが、当初は鳴かず飛ばずの状態でした。

しかし、猛練習で実力を培い、PGAツアー通算64勝、メジャー9勝、賞金王5回を達成しました。

1949年には、バスとの正面衝突で骨盤を複雑骨折し、更に左足くるぶしと肋骨も骨折して、医師からは再起不能と言われましたが、11カ月後には足を引きずりながら試合に復帰して2位、その5カ月後には全米オープンで優勝を成し遂げました



そんなホーガンは、数々の名言を遺しています。(以下、抜粋)

●ホーガンの教え・その1「練習以外、ゴルフに上達の道はない。練習しなければならない人ほど練習しない」

ホーガンは、仕事の合間を縫って毎日6時間の練習を自分に課し、手にマメができ、それが潰れ、クラブが血染めになっても打ち続けたといいます。

ホーガンは「僕のような体の小さな(170㎝、64㎏)才能のない男でも、練習を怠ることなくすることで上達できた。ゴルフはどんな人間でも上手くなれるものだ。それなのに、下手な人ほど練習もせずに上手くなれないと嘆く。上達するには、練習あるのみ。それ以外に上達の道はありません」と語っています。

●ホーガンの教え・その2「ゴルフの練習は、ピアノのレッスンのよう」

ホーガンは「スイングを頭で考えている内は、上手く打てるようにはならない。何も考えずに自然に上手く振れるようになるまで練習すること。それがゴルフの練習というものなのです」と語っています。

●ホーガンの教え・その3「練習では、ボールを打ち続けてはいけない。25球打ったら、小休止して考える」

ホーガンは「ボールは25個しか使わない。それ以上ボールがあると、何も考えずにどんどん打ってしまうからだ。25個であれば、一球一球、どんなショットだったか、どんなスイングだったか、しっかりと把握できる。注意すべきこと、また矯正すべきこと、さらに試したいことがあれば、それを次の25球で実践する。そうした考える練習をすることが、球数を打つことよりも、ものすごく大事なのです」と語っています。

●ホーガンの教え・その4「練習ノートを作り、練習したことを克明にメモしておく」

ホーガンは「私はその日に練習したことを手帳に書き付けていました。どんなショットを練習したかといった漠然としたことではなく、何をどう解決したかをなるべく詳細に記しておきました」と語っています。

●ホーガンの教え・その5「練習したことのないショットを試合で使ったことはない」

ホーガンは「おおよそ正しいでは、正しいことには決してならない。それと同じで、そこそこ上手く打てても、それは上手く打てたことにはならない。完璧に打ててこそ、ようやく試合でも使えるのです。それでも試合では、常に上手く打てるとは限らない。試合では、たった1発しか打てないからです」と語っています。



上の写真は、ベン・ホーガンとタイガー・ウッズです。

1昔と言って良いくらい年代が離れていますが、フォームはそっくりです。

ベン・ホーガンが活躍したのは1昔前ですが、彼のスイング理論は、現代でも立派に通用するほど先進的だったと言えそうです。

ホーガンの教えはゴルフに関するものですが、その内容は、我々が生きていく上で大切なことを教示してくれているように思えます。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

まさに名言

ホーガンの教えを読んで、まさに名言と思いました。
特に「下手な人ほど練習もせずに上手くなれないと嘆く」という言葉は、私にとって胸に刺さりました。

Re: まさに名言

>デュークパパさん
仰るとおりです。
多くのゴルファーが「下手な人ほど練習もせずに上手くなれないと嘆く」という言葉に該当するかもしれませんv-410
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪