fc2ブログ

旅人ゴルファー



上の男性は、プロゴルファーの川村昌弘さん27歳です。

川村さんは三重県出身ですが、高校は、ミシェルのお父さんの実家がある福井県の福井高校を卒業しました。

高校3年の時にプロゴルファーになる為のQTに挑戦し、19歳でシード権を獲得し、2013年のアジアパシフィックパナソニックオープンで歴代3位の年少記録(20歳96日)で優勝を飾りました。

川村さんは、高校時代に日本ジュニアチャンピオンにもなっていますが、ゴルフは殆ど独学で学んだというからビックリです

川村さんは「ゴルフ以外にも見たいものが世界には溢れている。それを探求したい」という強い思いを持っておられ、2018年に欧州ツアーのQTを受け、見事に出場権を獲得しました。

アメリカ同様、層の厚いヨーロッパですが、川村さんは、デビューイヤー(2019年)にシード権を獲得しました。



欧州ツアーは、ヨーロッパだけではなく、東南アジア、中東、アフリカでも試合が行われます。

ゴルフ以前に、言葉も習慣も異なる国々を、飛行機で遠距離移動するだけでも大変です。

川村さんは、そんな欧州ツアーをマネージャー兼務のキャディと、たった2人で戦っています

ちなみに、松山選手や渋野選手は、チームとして5人位のスタッフが同行しているようです。

飛行機の移動以外は、基本的にレンタカーですが、度々、想定外のトラブルも経験しているようです。

世界40か国を飛び回る川村さんのことを、人は「旅人ゴルファー」と呼んでいます。



川村さんのブログは、ほぼ毎週「プロゴルファーの川村昌弘です。今、僕はロンドン(毎週、場所は変わる)にいます。」という書き出しで始まっています。

そして「ASIスコットランドオープンが行われたエジンバラから、レンタカーで南下し、ロンドンにやって来ました。スコットランドの首都からイングランドの首都へ。今週は『BMW PGA選手権』に出場します。」と続いています。

BMW PGA選手権の試合会場は、ロンドンの南西方向の郊外にある名門ゴルフ場「ウェントワース・クラブ」です。

ウェントワース・クラブ は、ヒースロー空港やウィンザー城から遠くないサリー州ヴァージニアウォーターにある会員制ゴルフクラブ&ヘルスリゾートで、1922年に創立されました。

ゴルフ場は広大な林に囲まれており、林の中には豪邸が点在しており、この周辺は、ロンドン郊外にある超高級住宅地の一つと言われています。

ウェントワース・クラブには、BMW PGA選手権が行われる「ウェストコース」、「イーストコース」、「エディンバラコース」の3つの18ホールがあり、更に9ホールのパー3「エグゼクティブコース」があります。



上の写真は、クラブハウスのエントランス部分です。

駐車場には、高級車が並んでいます。

現在のクラブハウスは小さなお城のような形をしていますが、ウェリントン公の義理の兄弟の住宅として19世紀に建てられました。

欧州ツアーの本部は、このクラブハウス内にあります。

ウェントワース・クラブのグリーンフィは、ロンドン周辺では最も高額な部類に入り、会員以外の人がプレイするのは簡単ではありません。

ロンドン勤務だったミシェルのお父さんの場合は、一緒に仕事をした伊藤忠さんが法人会員だったお陰で、度々招待してくださいました。



川村さんのブログに戻りますと、(以下抜粋)「今回のドライブは約6時間。各地を転戦する上で、欠かせない『ルーティン』を紹介します。新しい土地に入って最初にやること。それはウエアの洗濯です。米国や日本のように、セルフで使える洗濯機と乾燥機が完備されている宿泊施設は欧州各国には殆どありません。かといって、下着や靴下まで毎回ホテルのランドリーサービスに出していたらお金がもったいない。そこで、僕らはコインランドリー店を探しに街に出ます。コインランドリーがあるエリアは、治安が悪いとまでは言いませんが、ダウンタウンのはずれ、少々物騒な場所にあることが多いため、夜にふらりと出歩いて行くのは避けたい。日中にウエアを洗濯機に放り込み、乾燥機にかけて、その間にランチも・・・といった具合いに時間を上手く使いたいところです。」と語っておられます。

更に「新しい街でのもう一つの楽しみが、トレーニングを兼ねたランニング。都市によっては、思わぬアップダウンがあったりしますが、風景を眺めながら走るのは気分もいい。リーズには大きな大学があり、学生が目立つのと共に、川にはたくさんの船が浮かんでいました。リバプールと結ぶ運河が栄えた土地だそうです。」と語っておられます。

恐らく、言葉も流暢ではなく、苦労も多いと推測します。

でも、川村さんは、ゴルフを学ぶだけではなく、日本でプレイしていたら経験できないことを、数多く学んでおられると思います。

ミシェルのお父さんは、そんな川村さんを応援したいと思っています。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい挑戦

川村選手が欧州ツアーで頑張っているのは知っていましたが、ゴルフ以外のものも探求したいと思って欧州ツアーに挑戦したことを知り、大変感心しました。
しかも、たった2人で色々な苦労をしながら旅をしていることも知り、私も応援したくなりました。

Re: 素晴らしい挑戦

>ジョンパパさん
ゴルフ以外のものも探求したいと思って欧州ツアーに挑戦するなんて、素晴らしいことだと思います。
若いうちに世界各地を旅するだけでも、得難い経験になると思います。
欧州ツアーをたった2人で挑戦していることも、本当に凄いことだと思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪