fc2ブログ

日本学術会議問題



日本学術会議が推薦した新会員候補105人の内、菅首相が6人を任命しなかったことが「学問の自由の侵害」として大きな問題になっています。



上の写真の人達が、任命されなかった候補者です。

6人全員が、安倍政権時代に制定された「悪法」と言われている「安全保障維持法」「共謀罪法」「辺野古米軍基地移転」「特定秘密保護法」等に反対の意を表明しておられる学者さん達です。



6人を任命しなかった理由を問われた菅首相は、これまで「推薦された方を、そのまま任命してきた前例を踏襲して良いのか考えてきました」と答えていました。



また、菅首相は「まさに総合的俯瞰的活動を確保する観点から、今回の任命についても判断させていただきました」と、極めて解りにくいことを「理由」として語っていました。

しかし、日本学術会議法では「会員は同会議の推薦に基づき、総理大臣が任命する」(7条2項)とあり、首相に「任命権」はあるが、「選任できる権利」はないようです。

加えて、1983年11月24日の参議院文教委員会で、政府は「学会から推薦したものは拒否しない。形だけの任命をしていく。政府が干渉したり中傷したり、そういうものではない」と答弁しているのです。

更には、国会で「推薦された者を任命拒否することがあり得るという法解釈を示す文書が存在するのか」と問われた内閣府法制局の木村陽一第1部長は「明瞭に記載したものというのは、私が知る限り見当たりません」と答弁しました。



想定外に問題が大きくなったことに政府も焦って方針を変更したのか、10月9日になって突然、菅首相は「105人の推薦リストは見ておらず、自分が任命した時点の推薦リストは99人だった」というニュアンスの弁解をしました

それが事実なら、以前の答弁は何だったのでしょうか

また、それが事実なら、誰が105人の推薦リストを99人の推薦リストに改ざんしたのでしょうか

安倍政権では、当たり前のように「説明責任を果たさず」「公文書の改ざん・廃棄」等が行われていましたが、その悪しき行いが、菅政権でも続いているようです



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

文書改ざんも継承?

説明責任は果たさず、答弁はコロコロ変わり、本当に信用できない政府です。
こんなことが許されるなら、日本は暗黒の国になってしまいます。

独裁は許されない

安倍政権応援団だった田崎史郎は、6人が任命されなかった理由は判らないと言ってますが、そんなことがあるはずもありません。
105人の候補者から、かってに6人の候補者の名前だけ消えるはずはありませんし、しかも任命されなかった6人全員が安倍政権の政策に反対していた学者という偶然もあり得ません。
内閣が官僚の人事権を握り、官僚を言いなりにするのと同様に、今回の独裁行為も許されるべきことではありません。

撤回署名

任命拒否撤回を求める署名が、10日時点で14万件を突破したといいます。
多くの文化人や著名人も声をあげているので、官邸サイドはピリピリムードだそうです。

Re: 文書改ざんも継承?

>ジョンパパさん
仰るとおりです。
安倍政権は全く信用できない組織でしたが、菅政権も同様とは、お先真っ暗です。

Re: 独裁は許されない

>masaruさん
田崎史郎という人物は、ジャーナリストの風上にも置けない人だと思います。
出世を望むあまり、ジャーナリストの魂を自民党政権に売り渡してしまったのでしょうね。

Re: 撤回署名

>グレースパパさん
12日で署名を打ち切るそうですが、軽く15万件を超えてしまいそうです。
これだけ多くの国民が任命拒否を問題視しているにもかかわらず、安倍政権当時と同じく、恐らく政府は無視しるのでしょうね。

陰湿な政府

元警察官僚の杉田官房副長官が、菅首相に「任命できない人が複数いる」と事前に説明していたといいます。
追求される度に新しい情報が出てくるところか、菅政権の陰湿さを物語っています。
しかも、何故任命できないかの説明が、いまだになされていません。

Re: 陰湿な政府

>デュークパパさん
元警察官僚の杉田官房副長官は、内閣情報局にもいましたが、そんな人物が推薦者を選別することに、菅政権の陰湿さが現れているように思います。
6人を除外した理由は察しがつきますが、菅首相は除外した理由を国民に対して正式に説明すべきだと思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪