fc2ブログ

入国制限緩和



新型コロナの感染拡大が止まっていないにもかかわらず、政府は、民間企業の自主対策に任せたまま「Go to トラベル」を見切り発車しました。

その政府が、今度は、世界各国からの新規入国を10月1日から順次緩和することを決めました

しかし、感染症の専門家からは、入国緩和を懸念する声が出ているといいます。

外国からの入国者を受け入れる成田など国際空港の検疫所は既に飽和状態で、水際対策への危機感を強めているそうです。



7月末からPCR検査に代わり、検査確認が短時間で済む抗原検査が導入されています。

乗客は試験管を受け取り、個別ブースに行き、1ミリリットルほどの唾液を試験管に入れます。

唾液採取後、乗客は健康状態などを記した質問票を提出し、指定席で待ちます。

結果は、PCR検査よりも短い1~2時間程度で判明します。

結果判明まで入国審査はできず、陽性なら医療機関か宿泊療養の施設へ入り、陰性でも入国翌日から14日間は自宅や宿泊施設で待機して健康観察をすることになります。

しかし、公共交通機関は使えず、タクシーを利用することになりますが、空港から都内までは約3万円もかかります

検査される方も大変ですが、検査する方は更に大変です。

言語が異なる外国人に対応する為に多くの通訳が必要ですし、検査する人達は定時で帰れることは無く、残業が月に100時間を超える人も多くいるといいます。

現在でも検体の試験場が足りないないくらいで、トイレを改修して試験場に使っているほどです



「1日1万人」検査を目標とすると、更に多くの検査官が必要となるだけではなく、結果が出るまでの待機スペースも更に多く必要となります。

検疫所の検査官は「これ以上、乗客が増えたらどう確保するのか」と不安をのぞかせています。

北海道大学の西浦博教授(理論疫学)の試算によると、感染流行地域から1日1000人が入国し、内10人が感染者だった場合、PCR検査や待機要請を実施しても「すり抜け」が発生し、90日後には98.7%の確率で大規模流行になることが判明しました

こんな現在の状況を記者から問われた田村厚労大臣は、具体的な対策は回答できず、頓珍漢なことを語っていました

東京医科大の浜田篤郎教授(渡航医学)は、入国制限緩和について「陽性者が空港検疫での検査をすり抜けてしまう例が増える可能性がある。現状で、きちんと検査可能な規模を踏まえてから、入国者の範囲を広げた方がいい」と語っています。


参考情報:
「コロナ重視」と言いながら、人口当たりの検査数は菅内閣成立後も落ち続け、日本は世界154位まで落ちてしまいました
「東京五輪に備えて検査を抑え、感染者数を減らしているのでは」と推測する人もいるようです。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

いつも後手後手

コロナが蔓延し始めた時も、政府は後手後手でしたが、今回の入国制限緩和についても、対策は後回しのように思えます。
安倍内閣もお粗末でしたが、そのお粗末さも継続しているのでしょうか。

安全が最優先

入国制限緩和は、オリンピック開催の為との情報もあるようです。
しかし、オリンピックの為に安全が二の次になるようなことは、絶対に止めてもらいたいです。

Re: いつも後手後手

>ジョンパパさん
仰るとおりです。
政府の中には、先を読める人がいないのでしょうか。
安倍政権のコピー版の菅政権では全く期待できません。

Re: 安全が最優先

>masaruさん
PCR検査数を抑えているのもオリンピック開催の為と言われているようですが、それが事実なら許せません。
仰るように、オリンピックの為に国民の安全が二の次になるようでは、本末転倒です。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪