fc2ブログ

重大な危機



モーリシャスで座礁した日本の貨物船が、とうとう真っ二つに折れてしまいました。

モーリシャス当局は、19日に貨物船「わかしお」の船体に穴を開けて沈める方針を発表しました。

しかし、国際的環境保護団体の「グリーンピース」は、船を沈めることで大量の毒性重金属が流出し、更に環境汚染を引き起こすとして反対しています。

更に、グリーンピースは「数千種もの生物が汚染された海で溺れ、モーリシャスの経済や食料安全保障、健康に悲惨な結果をもたらす恐れがある」と警告しています。



座礁した貨物船から流出した重油は、既にモーリシャスの海岸にまで漂着し、多くの魚や鳥が死に、マングローブも汚染されています。

日本の小泉環境大臣は、記者会見で「生物多様性の損失につながる重大な危機と受け止めている」と語りましたが、日本政府がモーリシャスに派遣したのは、国際緊急援助隊と専門家の計6人だけでした。

これを受けて、海外の人達は「only send 6 people!(たった6人かよ!)」と呆れかえっています。

フランス政府やインド政府は、事件直後に飛行機や船で専門家や汚染対策装置などをモーリシャスに運びましたが、事件を起こした当事国である日本が6名の人を派遣しただけとは、さすがに日本人でも呆れてしまいます。

19日になって、7名が追加派遣されましたが、その人達の役割は「海岸に漂着した油の生態系への影響の把握などを支援する予定」といいますが、事件を起こした当事国の対策としては、あまりに手ぬるいように思えてなりません。

本来ならば、重油を回収する為の船や装置も直ぐにモーリシャスに持って行くべきだと思えるのですが。



モーリシャス政府が、重油の流出を止める為に世界中に助けを求める一方で、美しいモーリシャスの海を愛する何千人もの地元民が、島の各地から集まり、昼夜を問わずに重油の回収作業を続けているといいます。



今回、対処法として使われているのが、美容院から回収した髪の毛と、子供達が畑から集めた藁だといいます。

髪の毛や藁を袋に詰めて、オイルフェンスを作るのです。



髪の毛は、油を吸い取るのに優れた素材だといいます。

人間の髪の毛には、脂肪親和性があり、水ははじくが、油でできたものには何でも付着するそうです。

これは、水と油の分離に役立ち、髪の毛1キロで、8リットルの油を吸うことができるといいます。

地元の人々は率先して切った髪を提供し、そうした人達のカットに対して、最大50%割引まで提供している美容師もあるそうです。



そんな事情を知って、世界中の人達からも支援の輪が届いています。

ロサンゼルスを拠点とするヘアスタイリストのクリステン・ショーさんは、モーリシャスの座礁と未来の環境の為に髪の毛を集めているといいます。

そして、クリステン・ショーさんは「環境災害が起きている時に、髪の毛を再利用して流出した原油を除染し、余計な廃棄物を増やさないようにするという持続可能な対策をとることは、私達ヘアスタイリストが、普段ならば『捨ててしまうもの』を『与えるもの』に変えることで、支援の輪に加わることができる一つの方法です」と語っています。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

積極的対策を

事件を起こした当事国の日本のお粗末な対応について、私も不思議に思っていました。
当事国でないフランスやインドの方が、よほど積極的な支援を行っているように思えます。
日本政府は、アメリカが要請しないと、自衛隊や船や飛行機を派遣しないのでしょうか?

残念な決定

グリーンピースの警告にもかかわらず、座礁した貨物船を海底に沈める作業が開始されたようです。
これによって海の汚染が更に酷くならなければ良いのですが。

Re: 積極的対策を

>ジョンパパさん
当事国でありながら、日本の対応は本当にお粗末だと思います。
モーリシャス、フランス、インドに対して、日本人の一人として恥ずかしいです。
仰るとおり、アメリカの言うことなら、直ぐに言うことを聞くのですが。

Re: 残念な決定

>masaruさん
また海のゴミが増えて、カリーノパパも大変残念に思います。
仰るとおり、これによって海の汚染が更に酷くならなければ良いのですが、心配です。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪