fc2ブログ

アヤソフィア



上の写真の建物は、トルコのイスタンブールにあるアヤソフィアです。

元々は、東ローマ帝国(ビザンティン帝国)時代に首都コンスタンティノープルにおけるキリスト教正教会の大聖堂としての建設を起源とし、帝国第一の格式を誇る教会でした。

その後、1204年から1261年までは、ラテン帝国支配下においてローマ・カトリックの教徒大聖堂となりました。

そして、オスマン帝国によるコンスタンティノープルの陥落が起きた1453年から1931年までは、イスラム教のモスクとして改築を繰り返し、現在のような建物となりました。

しかし、1935年2月1日からは博物館として使われ、1985年にイスタンブール歴史地域の一部として世界遺産に登録されました。



博物館として使われていたアヤソフィアでしたが、トルコのエルドアン大統領が、7月10日、アヤソフィアをモスク(イスラム教礼拝所)として機能させると発表したから世界中のキリスト教徒が驚きました

特にオリジナルのキリスト教正教会の大聖堂と繋がりが深いギリシャやロシアは、この決定を強く非難しています。

ロンドン勤務当時にイスタンブールに出張した際に、アヤソフィアを見学したミシェルのお父さんにとっても、他人事とは思えないようなニュースでした。

トルコ国民の殆どがイスラム教徒であり、オスマン帝国時代において第一級の格式を誇るモスクとして利用されていたとはいえ、元々は東ローマ帝国の代表的な遺構であり、ビザンティン建築の最高傑作と評価されたキリスト教正教会の大聖堂だったのですから、ギリシャやロシアの国民が怒る気持ちも解ります。



アヤソフィアと名付けられた教会建築は、ギリシアやトルコなど、かつての東ローマ帝国(ビザンティン帝国)領内の各地には数多く残っています。

しかし、単にアヤソフィアと言った場合は、イスタンブールのアヤソフィアを指すほど格式の高い建物なのです。



1520年にセビリア大聖堂が完成するまでは、世界最大の大聖堂の地位を1000年近くも保っていました。



イエス・キリストを象徴する東に至聖所、西に正面玄関を持つ伝統的な平面構成ですが、身廊中央部に巨大なドームがあり、これがアヤソフィアの最大の特徴となっています。

創建当時は単純な四角形平面でしたが、その後、東ローマ帝国、オスマン帝国の時代を通じて、周囲に様々な施設が建て増しされました。



内壁は、基本的にオスマン帝国時代に塗られた漆喰仕上げ、大理石仕上げとなっていますが、一部が剥がされ、東ローマ帝国時代のモザイク壁画を見ることができるようになっています。

巨大で特徴的なドームは、ビザンティン建築の典型とみなされ、「建築の歴史を変えた」とも評されています。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい建物

私は建築の素人ですが、それでもアヤソフィアの素晴らしさに圧倒されました。
実物を見たら、間違いなく感動すると思います。
今のアヤソフィアはモスクのように見えますが、オリジナルが東ローマ時代の教会だったことにも驚きました。

Re: 素晴らしい建物

>デュークパパさん
アヤソフィアの素晴らしさは、殆どの人に伝わると思います。
そして、実物を見たら、間違いなく感動します。
確かに、今のアヤソフィアはモスクのような建物ですが、オリジナルは東ローマ時代の教会だったようです。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪