fc2ブログ

多くの命を救った名犬バルト



ミシェルのお父さんは、ロンドンに赴任する前に、ニューヨーク駐在員事務所で勤務していました。

事務所からセントラルパークが近かったこともあって、時々、昼休みに行くことがありました。

そのセントラルパークの中に、犬の銅像があります。

銅像の下には「BALTO(バルト)」と彫られています。



1925年の冬、アラスカ北端にあるノーム市でジフテリアが発生し、血清を市に運ぶ必要がありました。

しかし、低気圧の接近の為に、風速40mもの猛吹雪がアメリカからアラスカの陸路を寸断していました。

そこで、救助隊は200頭の犬ぞりチームを作り、16頭1チームで100kmをリレーする方法を発案し、全行程1,100kmを輸送することにしたのです。



-40℃以下にもなる極寒の中、1,100㎞もの距離を犬ぞりは走らなければなりません。

過酷を極めた全行程の中でも、最も困難であり、最も長距離の区間を走りぬいたのは、リーダー犬を務めるトーゴーのチームでした。

そして、トーゴーのチームから血清を受け継ぎ、最後の区間を輸送したチームのリーダー犬がバルトでした。(シベリアン・ハスキーという説と、アラスカン・マラミュートという説があります)

バルトを含む犬ぞり隊の活躍で、多くの市民の命を救うことができました。



今、世界中で新型肺炎ウィルスが猛威を振るっています。

このニュースを聞くと、バルトのことが想い出されます。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

天使

極寒の中、千キロ以上も走り続けて多くの人間の命を救ってくれた犬達には、感謝の気持ちでいっぱいです。
人間にとっては、天使のような存在のように思えます。

Re: 天使

>デュークパパさん
デュークパパさんが仰るとおりです。
人間にとっては、まさに天使のような存在だと思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪