マギーズ・センター

日本では、現在、3人に1人の割合で癌で亡くなっています。

癌は、30年前から、日本人の死亡原因の第1位になっており、患者の数は、今も増え続けています。

日本では、ややもすると、癌を避けて通ろうとしますが、これだけ多いとなると、もっと積極的に癌と向き合う姿勢が必要かもしれません。

英国でも癌で亡くなる人は多く、現在、200万人もの人が癌と戦っています。

そして、癌患者の数は、毎年30万人ずつ増えているそうです。

福祉が進んでいる英国ですが、医者が癌患者一人にかけられる診察時間は、たったの7分と言われています。

癌患者や家族は、心に大きな悩みや心配事を抱かえていますが、相談にのることも難しい状況です。

本日は、英国にある「マギーズ・センター」について御紹介させていただきます。


ダンディ(スコットランド)にあるマギーズ・センター

1988年、病院で乳癌を宣告された英国人女性がいました。

屋外空間の設計をするランドスケープ・デザイナーのマギー・ジェンクスさんです。

癌の宣告を受け、気が動転し、泣き出したい気持ちのマギーさんに対して、看護師さんは「次の患者さんが待っているので廊下に出ましょう」と言いました。

この時、マギーさんは、「癌患者の気持ちを受け止める場所を造る必要がある」と思ったそうです。


ダンディにあるマギーズ・センターのリビング

マギーさんは、「癌になるというのは、地図もコンパスも持たずに、飛行機からパラシュートで敵地に降りて行くようなもの」と語っています。

自分が進むべき道も判らず、適切な情報も得られず、近づいて来る死に怯えるだけの癌患者を助ける為に、マギーさんは、癌患者支援施設である「マギーズ・センター」の設立に尽力しました。

マギーズ・センターのミッションは、「死の恐怖の中にあっても、生きる喜びを失わないこと」です。

マギーズ・センターでは、適切な情報の提供、社会的なケア、感情面のサポート、金銭面や栄養面のケアが行なわれ、家族や友人も利用することが出来ます。

マギーズ・センターは、ダンディ、エジンバラ、グラスゴーなど、現在、英国内に7ヶ所あります。


ダンディにあるマギーズ・センターのキッチンとリビング

何れのマギーズ・センターも病院の敷地内に建てられていますが、病院とは全く異なる設計がなされています。

例えば、受付が無い、予約不要、完全無料、患者ではなく普通の人として入館可能、一般の住宅と同じようにサインは無いといったような特徴があります。

また、マギーズ・センターの中心には、キッチンとテーブルがあって、他の人達とお菓子やお茶をしながら会話をすることができ、「自分は一人ではない」と感じられるように配慮されています。

他の人達と一緒に過ごせる場所だけではなく、一人で泣いても大丈夫なように、トイレには顔を洗って化粧直しができるスペースも設置されています。

センターは、美術館のように魅力的であり、教会のように静かに考えられ、病院のようにケアを受けられ、家のように寛げる場所として設計されています。

そして、全てのマギーズ・センターは、その主旨に賛同したフランク・ゲーリー、ザハ・ハディド、リチャード・ロジャースといった世界的な建築家が無償で設計しています。


グラスゴーにあるマギーズ・センターの一室

センターでのプログラムは、個人的なカウンセリング、家族と受けるカウンセリング、アロマセラピー、グループエクササイズ、栄養指導などがあります。

料理をしたことが無い夫が、妻の為に料理を学ぶ講座もあります。

センターのスタッフは、看護師、放射線療法士、臨床心理士、栄養士、ボランティアですが、何れも普段着での勤務です。

センターに来ることが困難な人達には、オンラインのサポートも行なっています。

マギーズ・センターは、地域住民や企業の寄付によって建設され、運営されています。

マギーさんは、1995年に亡くなる直前、自宅の庭で寛ぎながら「私達は幸運ね」と夫に語ったそうです。

そして、翌年、最初のマギーズ・センターが完成しました。

英国では新たに4ヶ所の計画があり、バルセロナや香港でも計画が進んでいます。

マギーさんの意思は、着実に受け継がれているようです。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪


★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

テーマ : イギリス
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

マギーズ・センター

私には、想像することしかできませんが、マギーさんが癌を宣告された時の気持ちが、とてもよく解ります。
そして、「次の患者さんが待っているから・・・」と言われた時の気持ちも。
普通の病気をした時でさえ、とっても心細くなるのですから、癌ならなおさらだと思います。
マギーズ・センターのような施設が、日本にもあったら、どんなにか心強いと思います。

カリーノパパさん

まったく知りませんでした。
ダンディーは夫の生まれ育った街、
去年、義理の母が亡くなった街、
そして今、義理の父が一人で生きている街。
あのダンディーに、こんな場所があったのですね。
告知は100%それが当たり前の国。
だからこそ、告知を受けてから、その人が
どう生きるのか、どう生ききるのかが
とても大切になってくるのだと思います。
そう、独りであるような、自分だけ悲しい、
であるようなきっと、そんな気持ちに襲われる
のでしょうね …。

同時に、日本の 告知のしにくい文化 を
思うとき、とても切なくなります。

癌になるということで、その人の体の中に
起きていることを、その人に残されている余命を、
誰よりもその人が知らされないというのは
本当に本当に悲しいと思います。

こういうサポートが、場所が環境が、人々が
充実しているのは素晴らしいですね。

会いたい時に、愛する動物とも会えるような
そんな場所は、普通の病院とはやっぱり
雲泥の差がありますよね。

何も知らぬまま、治るんだ! と家族に言われて
必死にただ、戦い続けるような終末期は
やっぱりとても、悲しいですよね。

話がそれましたが、いつもそれを思います。

とても素敵なことを教えて下さり
ありがとうございます!!

No title

癌で亡くなる人は多いですが、日本の病院では、患者さんには癌であることを知らせず、家族に伝えるのが、まだ一般的なのでしょうか。
やっこさんによると、英国では、100%患者さんに告知するとか。
日本のように本人に知らされなくても、悪化して行けば癌だと気づくように思います。
そういうことを考えると、英国のように最初から本人に知らせ、真正面から癌と向き合うことが良いようにも思えます。
その為には、マギーズセンターのような施設の存在が、とても重要なのでしょうね。

Re: No title

>鍵コメさん
貴重、かつ優しいコメントをいただき、ありがとうございます。
もう随分前になりますが、私の母親は、癌で亡くなりました。
私がロンドン勤務だった時で、兄から「もう長くはないから、元気な内に帰って来ては」と電話がありました。
多忙な時期でしたが、何とか時間を割いて、日本に戻りました。
しかし気丈な母は、「何で忙しいのに来たの。仕事を大切にしなさい。早く帰りなさい」と言いました。
私は、半日だけ母の側に居て、ロンドンにとんぼ返りしました。
その時に交わした言葉は少なかったのですが、互いの気持ちは痛いほど解り合えたと思っています。

Re: マギーズ・センター

>アリスさん
私もアリスさんと同じことを感じました。
私も想像するしかないのですが、癌になったら、医者よりも、心が通じあえる人が側に居てくれることが何よりではないかと思います。

Re: カリーノパパさん

>やっこさん
やっこさんも御存知なかったですか。
ダンディは、御主人の実家がある街だったのですね。
マギーズセンターはスコットランドにあるし、やっこさんは看護師ですから、きっと興味があるだろうなと思いながら、この記事を書いていました。

英国は、100%告知なのですね。
自分の死期がわかっていたら、それまでに何をすべきか、整理できるかもしれません。
そして、身体が動く内に、出来ることをやるというのも良いかもしれません。
自分の病気が何かわからず、いつ死ぬのかも知らず、痛みと恐怖に耐えながら、何もしないというのが、一番辛いのかもしれませんね。

やっこさんは、実際に医療の場で仕事をされてきたから、マギーさんの気持ちが、より深く理解出来るのでしょうね。
貴重なコメントをいただき、ありがとうございました。

Re: No title

>ルイーズさん
確かに、「癌と告知された方がいいのか、それとも伏せておいてくれた方がいいのか」という議論はあるのだと思います。
しかし、ルイーズさんが言われるとおり、やがて誰もが癌であることを悟る時期が来るように思います。
いつか癌であることが解るのであれば、少しでも早く癌であることを認識して、残りの日々を如何に生きるべきかを考えることも必要ではないかと思ったりします。
大変難しい問題ではありますが、マギーズセンターは、癌患者にとって大変心強い施設であることは間違いないと思います。

No title

私は病院の雰囲気や匂いが嫌いなのですが、普通の住宅のようなマギーズセンターなら気持ちが安らぐかもしれません。
スタッフの方が、ユニフォームでなく、普段着というのもいいですね。
医者や看護師の方のユニフォームを見るだけでも、緊張しちゃいますから(笑)

マギーズセンター

病院の敷地内にあるそうですが、最初の写真を見ると、自然の中に建っているように見えますね。
きっと、敷地が広いのでしょうね。
部屋の写真を見ても、住宅のようで、これだとリラックス出来るというのが解ります。
バルセロナや香港にも出来るそうですが、日本にも出来るといいですね。

Re: No title

>タンタンさん
タンタンさんも病院が嫌いですか。
カリーノパパも、子供の頃から大嫌いです(笑)
会社での健康診断の時さえ、医務室に一歩踏み入れると、緊張しちゃいます。
更に、医者の姿を見た途端、動悸が速くなり、血圧が上昇してしまいます(泣)
ですから、マギーズセンターのような配慮は、とても嬉しいです。

Re: マギーズセンター

>ショコラさん
英国は、とても草原が多いです。
美しい自然も多く、きっとマギーズセンターの周りにも、緑が多いのでしょうね。
それと、マギーズセンターは、外構にも気を使っているそうです。
こういう環境の中に居ると、更にリラックスできると思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング