FC2ブログ

暴政を憂う人達



週刊朝日の2019年7月26日号に記載されている古賀茂明氏(元経済産業省官僚)の記事の一部を御紹介します。

福島の人々に寄り添う姿勢を示す為に行った安倍総理の参院選公示日の第一声だ。

それは、福島の果樹園で行われた。

実は、安倍総理には大罪がある。

第1次安倍政権下の2006年12月、共産党議員の質問主意書で「地震などにより外部電源が止まった場合に、非常用電源喪失による冷却機能停止のリスクがあると」いう、まさに福島第一原発事故を想定したかのような警告に対して、安倍総理は「御指摘のような事態が生じないように安全の確保に万全を期している」と、完全に無視する答弁書を閣議決定したのだ。

つまり、根拠なき「安全神話」に基づいて、漫然と危険な原発の稼働を認めて巨大事故を起こすという取り返しのつかない過ちを犯したことになる。

普通なら自責の念に駆られるはずだが、安倍総理は、これまで自らの過ちを認めず、謝罪もしていない。

本来、福島の人々に寄り添うというのであれば、まずは自らの過ちを認めて謝罪するところから始めるべきだろう。

しかし、安倍総理の演説を聞いて驚いた。

「民主党政権の下、遅々として復興は進まなかった。私達は野党である悔しさ、申し訳なさで胸が震える想いだった」と、原発事故を野党攻撃に使ったのだ

私は、「この人は、本当に危ない」と思った。

自分の過ちに思い至ることができない。

つまり、全く反省できない人なのだ。



前記の国会での安倍首相の答弁は、さすがに自分や自民党にとって都合が悪いと思ったのか、衆議院の議事録から抹消されたというから悪質です。

安倍総理という人は、自分の過ちを民主党政権のせいにするだけではなく、オリンピック招致のプレゼンテーションに於いても、全世界に対して、事故後の福島第一原発の状況を「状況はコントロールされていると私が保証します」と大嘘をついたのです

こんな人の言うことを、誰が信じられるというのでしょうか。

安倍氏に首相の座を譲った小泉元首相でさえ信じてはいません



古賀氏は、更に「本コラム執筆中に恐ろしいニュースが入ってきた」と書いています。

米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長が、イラン沖などの民間船舶護衛の為、有志連合の結成をめざし、数週間以内に参加国を募るというのだ。

安倍総理は、太平洋戦争の過ちを認めようとしない。

イラク戦争の過ちについても、世界の先進国で日本だけは認めていない。

米国は「日本タンカーへの攻撃はイランの仕業だ」と断定するが、そんな証拠はない。

しかし、過去の反省ができない安倍総理なら、躊躇なくトランプ大統領の言いなりで、有志連合に何らかの形で協力するのだろう。

「数週間後」なら、選挙後だ。

安倍総理は、通商交渉の結論を選挙後に延ばしてもらって、トランプ氏に大きな借りを作った。

選挙後の「ツケ返し」は、日本にとって、思いもよらない致命的なものになるのかもしれない。



元文部科学省次官の前川喜平氏のツイッターにも、安倍政権の暴政を憂う人達の声が溢れています。

そのお一人は、安倍首相とヒトラーの類似点を動画で紹介されておられます。

上の表は、その方が作成したものではありませんが、二人の間には、確かに共通点が多いように思えます。



しかし、ナチスのスローガンは、トランプ大統領が言ってることにも共通していることに気づきます。

ヒトラーとトランプでは知能指数が根本的に異なっていると思えますが、怒った時や笑った時の表情は、何故か不思議と似ています



前川氏のツイッターの中には、消費税アップについての懸念を示されておられる方もいます。

私は、本当に必要な事に、本当に必要な人に税金が使われるなら、消費税を上げても良いと思っています。

例えば、本当に社会保障が充実するなら上げても良い。

でも、これ見てよ。(上の表)

消費税が増えた分、ごっそり高額所得者の減税や、法人税減税に使われてるんだよ。

これ見ただけで、自民党政権ダメだろ!


こんな声に対して、他の方は、次のように語っておられます。

現在の日本経済停滞の原因は、低賃金・長時間労働です。

これを解消することは、自民党には絶対にできません。

自民党のスポンサーは経団連なので、経営者側の立場でしか政治を行なえないからです。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : このままで、いいのか日本
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

選挙で意思表示

このような事実を知ると、安倍政権には一刻も早く退陣してもらいたいです。
今回の参議院選挙は、その意思表示をする良い機会ではないかと思います。

Re: 選挙で意思表示

>ジョンパパさん
ジョンパパさんが仰るとおりです。
無能な人に権力を持たせると、ろくなことはない典型的な一例だと思います。

卑劣な政権

北海道で、安倍首相の応援演説に対してヤジを飛ばした市民が、北海度警察官に排除されたといいます。
選挙妨害に当たるヤジでもないのに、このような暴挙が行われたことに怒りを感じます。
警察や内閣調査室を使って権力を守ろうとする安倍政権の卑劣さは、第二次世界大戦中の憲兵による国民の締め付けを想い出させます。

Re: 卑劣な政権

>デュークパパさん
本当に酷い話です。
警察は、市民よりも権力者の味方という事実を証明する出来事だと思います。
安倍首相ベッタリのTBS記者だった山口が、菅官房長官の秘書だった警察幹部の指示で逮捕されなかった事件と重なります。
今の日本は、民主主義とは名ばかりで、第二次世界大戦当時の暗黒の世界に戻ってしまっているようにさえ思えます。

再び暴挙

北海道の警官の暴挙が問題になったばかりだというのに、今度は大津でも警官の暴挙があったようです。
首相の応援演説中に、男性が「安倍、辞めろ」とヤジを飛ばしただけで、5人程の私服警官が、その男性を会場端の駅高架下のフェンスに押しやり、何もできないようにしたそうです。
まるで戦争中の憲兵そのものです。

Re: 再び暴挙

>MACさん
カリーノパパもニュースで知って、怒りを覚えました。
自民党の議員でさえ、やり過ぎだと批判しているそうです。
MACさんが仰るように、まさに戦争中の憲兵と同じだと思います。
今の日本は、民主主義の国とは全く思えません。

異常過ぎる出来事

北海道警の警官らによる市民への排除・拘束が公務員職権濫用罪に該当するとして、東京都の男性が刑事告発したそうです。
最初に排除された男性市民は、離れたところから「安倍やめろ、帰れ」と叫んだだけで、警官が取り囲んで排除したといいます。
また、女性市民は、警官に2時間以上も尾行されたといいます。
更に、「増税反対」と叫んだだけの女性市民も警官に排除されたといいます。
これは、極めて異常な出来事ですよね。

Re: 異常過ぎる出来事

>KENTさん
全くひどい話ですね。
これじゃ第二次世界大戦中の憲兵の行動と変わりません。
警察とは、国民の為に存在するのではなく、権力者の為に存在しているのでしょうか。
もしそうなら、警察の為に税金を使ってもらいたくはありません。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪