FC2ブログ

大いなる勘違い



トランプ大統領が「日米安保条約は不公平」と言い、その破棄の考えを側近に語ったというニュースが伝わってきました。

トランプ大統領のこの発言は、2016年の大統領選挙の時のものと同様の内容であり、歴史を知らず、政治を商売と同様に考えているトランプ流の「取引の材料」と思っているのかもしれません。

「自分は偉大」とか「アメリカは偉大」と思っているトランプ大統領は、日米安保条約について「日本政府が喜んでいることは、日本国民も喜んでいるはずだ」と大いなる勘違いをしているのかもしれません。

しかし、実際には「もう在日米軍基地は無くして欲しい」と考えている日本国民も大勢いることを知るべきだと思います。

また、トランプ発言は、東アジアの安全保障を合理的に理解したものとは到底思えません。

何故なら、在日米軍基地の存在は、日本の為というよりも、米国の世界戦略にとって必要不可欠であるという理由があるからです。



何故、日本に米軍基地があるのか

1951年、 サンフランシスコ平和条約と同時に、日米安全保障条約が締結されました。

その主な内容は、日本は「米国軍の駐留と軍事上の施設・基地の使用を認める」というものです。
      
1948年に朝鮮民主主義人民共和国が建国され、1949年に中華人民共和国が建国され、米国と対立するソ連と同じ共産主義国がアジアで広がっていく中、米国が、その対抗手段としての前線基地を日本に置いたことは広く知られていることです。

米国から遠く、敵国から近い所に前線基地を設置できることは、米国にとって戦略上の最大のメリットでした。



何故、沖縄に米軍の基地が多いのか

その理由は、第二次世界大戦の沖縄戦の後に米軍が沖縄を占領したからですが、その後、米軍は住民を収容所に押し込め、住民に無断で集落や畑をつぶして基地を建設したといいます。

そして、沖縄以外の日本の国土は、1952年に米軍の占領が終わりましたが、沖縄は更に22年間も占領が続きました。

第二次世界大戦が終わると、世界は米国とソ連の対立の時代に入り、冷戦の下、沖縄は米軍の極めて重要な拠点となってしまったのです。



何故、米国は基地を手放さないのか

米国は、自国以外に35ヵ国に基地を置いています。

冷戦時代、ソ連や中国や北朝鮮などの共産主義に対抗する為、米国にとって沖縄は戦略上の重要な拠点だっただけではなく、太平洋から中東や東ヨーロッパまでカバーしていたのです。  

朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争、イラク戦争などにおいて、沖縄からは、米軍の戦闘機や艦船が多数出撃しました。

つまり、トランプ大統領が「日米安保条約を破棄して米軍を日本から撤退する」と言っても、米国の戦略上の理由で、米国自体がそれを実行できないというのが現実のようです。



在日米軍の駐留経費は

在日米軍駐留経費の日本負担分は年間約8000億円にも達しており、その負担比率は80%以上と言われています。

米兵1人あたりで計算すると、約1500万円にもなります。

これだけの金額があれば、地震や水害で被災された人達を速やかに救うことができるでしょう。

しかも、日米地位協定24条には、原則として経費は米国側負担と決められているのです。
 
しかし、1978年、日本政府は「思いやり予算」なるものを計上し、日本も負担することを了承したのです。

この「思いやり予算」なるものは、金権政治で有名な金丸信議員が、記者会見で 「 ま、思いやりじゃな 」 と言ったことから生まれたマスコミ用語でした。 



在日米軍の特権とは

「日米地位協定」という厚い壁があり、基地のフェンス内は、日本であって日本でありません。

例えば・・・

日本の警察が基地外で容疑者を逮捕しない限り、起訴されるまで米国側が身柄を拘束します。( 17条5項 ) 

基地内の売店で売られる日用品は、タバコやビールに至るまで無課税です。

航空法適用は除外されます。(低空飛行や夜間飛行が可能)

道路使用料やNHK受信料は免除です。

自動車税が大幅に安く、重量税も通常の4分の1です。

日本国民の中には、「トランプさん、米軍が日本から撤退するのは大歓迎」と思っている人も多いのではないでしょうか。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 自己紹介

>鍵コメさん
自己紹介をしていただき、ありがとうございました。
早速、ブログも訪問させていただきました。
カリーノパパとほぼ同世代ということを知って、嬉しく思いました。
愛犬のこと、さぞかしお寂しかったことでしょう。
カリーノパパもカリーノが旅立った時は、毎日泣いていました。
カリーノがドッグショーに出ていた頃、鍵コメさんと同じ市に住んでおられる方と交流がありました。
その方のコリーが、ミシェルと同じ犬舎出身だった御縁でした。
その方は、カリーノのファンでもあり、応援してくださっていました。

Noと言ってもらいたい

トランプ大統領の言いなりの安倍首相には無理ですが、将来、アメリカに対して「もう在日米軍は帰国してください」と言える首相が現れたら、さぞかしアメリカは焦ると思います。
何しろアメリカにとって、日本ほどロシアや中国に対して最適の前線基地は無いのですから。

いいチャンス!

前川喜平さんが「トランプ大統領が日米安保破棄に言及?いいね!この際、辺野古の中止と米軍駐留基地全体の縮小を交渉したらいい。」とツイートしていますが、まさにそのとおりだと思います。

垣根越しに・・・

 以前、中国の軍関係者が、「我々と共同で、太平洋を治めませんか」とアメリカに問うたと報じられた事があります。
 中国は、あの巨体を持て余しているんです。一路一帯で西への進出を計り、南シナ海を勝手に自分のものにし、今は太平洋に出たくて、日本の垣根越しに機会を狙っています。
 何せ中華思想で、地球は自分たちの為にあるってんですからねぇ やったもん勝ち、言ったもん勝ちの国ですから一筋縄では、いきませんよぉ。

 その中国は、共産党が支配、経済は資本経済、香港は民主主義、チベットやウイグルでは何時暴動がおきるか、お隣としては、はた迷惑な国ですね。(^^;

オバマさんが、あまりにも紳士的な姿勢なので、少しやんちゃな国は、今がチャンスとばかり、アメリカの足払いをたくらんでいます。そこにさらにヤンチャなトランプさん登場 何を置いてもアメリカを一番に・・・ 結果中国と「メンチ」の斬り合いに('Д')

沖縄基地問題から脱線しましたm(__)m

Re: Noと言ってもらいたい

>ジョンパパさん
ジョンパパさんが仰るとおりだと思います。
アメリカ大統領の下僕ではなく、アメリカ大統領と対等に話せる人物に、日本の首相をやってもらいたいです。

Re: いいチャンス!

>KENTさん
KENTさんに教えていただいて、早速、前川喜平さんのツイッターを訪問しました。
実に数多くの納得できるツイートをされておられますね。
安倍政権の裏側を知っている人ですから、とても迫力があります。

Re: 垣根越しに・・・

>ワンコが好きさん
太平洋の話には驚きました。
中国は、そんなことも考えているのですね。
3000年の歴史を誇る中国ですが、伝わってくるニュースを見ると、一流国とは思えません。
いまだに共産主義の悪い面がヒシヒシと伝わってきて、正直言って「こんな国に生まれなくて良かった」と思います。
安全管理や品質管理でも問題が多く、スーパーなどで「中国産」と書いてあると、買うのを止めてしまいます。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪