FC2ブログ

つまらなくなったF1



車が大好きで、競技スキーをやっていたミシェルのお父さんにとって、モータースポーツは必然的に趣味の一つでした。

中でも、F1は特別な存在でした。

お父さんがF1を好きになった当時の憧れのドライバーの一人が、フェラーリのニキ・ラウダでした。

ラウダは、オーストリアの資産家の長男として生まれ、1975年、1977年、1984年のF1チャンピオンとなった伝説的なドライバーです。

その憧れのF1ドライバーだったニキ・ラウダが、5月20日に亡くなりました(享年70歳)



ラウダは、大変優秀なF1ドライバーだっただけではなく、不屈の闘志の持ち主でもありました。

ラウダは、1976年、ニュルブルクリンクで開催された第10戦ドイツグランプリで悲劇に襲われました。

左に廻る高速コーナーで突然コントロールを失い、コース右側のフェンスを突き破り、露出していた岩に衝突し、その衝撃でヘルメットが脱げてしまいました

クラッシュして発火した車は、コース中央まで跳ね返されて停止。

これにブレット・ランガーのサーティースTS19が衝突してしまいます

ラウダはヘルメットが脱げてしまった為に頭部と顔面に大火傷を負い、車のFRP製のボディーが燃えて発生した有毒ガスを吸い込んだ為に肺に深刻なダメージを受けてしまいました

緊急搬送された病院では、全身の約70%の血液を入れ替え、数日間生死の境をさ迷いました。

しかし、葬儀の用意の為に牧師が病室に訪れた途端、ラウダは奇跡的に意識を取り戻しました。

そして、瀕死の事故発生から6週間後の第13戦イタリアグランプリで、ラウダは奇跡的にもレース復帰を果たし、4位入賞を果たしたのです



アイルトン・セナも大好きなF1ドライバーでした。

セナは、ブラジルの資産家の長男として生まれ、若い頃から天才的なドライビングスキルを発揮していました。

セナは、「セナ足」と呼ばれた超絶的なテクニックを有していましたが、それは、1秒間に7回アクセルを細かく踏むことができ、それによってカーブを誰よりも速く走行することができたのです。

そして、1988年、1990年、1991年と、計3回F1チャンピオンとなりました。

しかし、1994年に開催された第3戦サンマリノGPにおいて、超高速左コーナー「タンブレロ」を時速312kmでイン側を走行中、車は突然グリップを失ってアウト側に向かい、コース右脇のコンクリートウォールに激突し、車はボディー右側を大破しました

セナは、直ぐにヘリコプターで病院に搬送されましたが、そのまま帰らぬ人となりました。(享年34歳)

車がクラッシュした際に折れたサスペンションがヘルメットを貫通し、脳に深刻なダメージを与えたと言われています。

そのレースと事故の様子をテレビで見ていたミシェルのお父さんですが、信じがたい出来事に大きなショックを受けました。



上の写真は、ロータス98Tルノーをドライブしていた頃のアイルトン・セナです。

ロータス・エスプリ・ターボを所有し、ロータスF1クラブの会員でもあったお父さんは、今でも「ロータス98Tルノーは最も美しいF1マシンの一つ」と思っています。

当時のF1では、アラン・プロスト、ネルソン・ピケ、ナイジェル・マンセルといった名ドライバーが活躍しており、F1が最も人気を博していた時代でした。

お父さんも招待されて色々なF1チームを訪問し、多くのF1関係者と友達になりました。



1985年から1995年くらいのF1マシンは大変美しかったように思いますが、今のF1マシンは醜く感じます。

その原因は、車のフロント部分が高くなり、ドライバーを保護する為に「ハロ」と呼ばれるフレームがコクピット周囲に設置されてしまったことによります。

ラウダやセナの時代は、毎年レーシングドライバーが事故で亡くなっていましたから、安全対策は大切なのですが、今は、それが過剰過ぎてレースをつまらなくしているようにも思えます。

ミシェルのお父さんが「最もつまらない」と思うのは、「速い車が後ろに来たら、遅い車は直ぐに道を譲らなければならない」というルールです。

これは事故を防ぐ為に設けられたルールなのですが、これではもはや「レース」などとは言えず、速い車に乗った人しか勝てないというジレンマに陥ってしまっています



更には、ドライバーのスキルを発揮する場も失われています。

上の車は、セナがドライブしていた当時のマクラーレンですが、この頃の車はマニュアルで、ドライバーがクラッチとギアシフトを操作してギアチェンジする必要がありました。(1レースで何千回もギアチェンジ)

従って、ラウダやセナの頃は、ドライバーのスキルがレースの勝敗に大きな影響を与えていました。



上の写真は、最近のF1マシンのコクピットです。

ドライバーの右側にあったギアシフトは無くなり、殆ど全てのスイッチがステアリング(ハンドル)に設置されています。

クラッチ操作は機械が自動的に行い、ドライバーはステアリングの裏側にあるパドルシフト(レバー)を引くことでギアチェンジを行います。

まるでコンピューターゲームのような具合になり、F1マシンを動かすだけなら、今や初心者ドライバーでも可能です。

その為、最近ではF1よりも下位のカテゴリー(F2やF3など)のドライバーがF1をドライブしても、F1ドライバーと同等のタイムを出せるまでになっています。

これではドライビングスキルを発揮する場は殆どなくなり、「速い車に乗った者の勝ち」という時代になってしまいました

そのせいで、今のF1で最も速い車はメルセデスですが、今年は5戦して5戦ともメルセデスチームが1位と2位を独占というつまらなさです。



レースの面白さを堪能するなら、F1よりもオートバイレース(Moto GP)の方が遥かにエキサイティングです。

毎周回、抜きつ抜かれつですし、最後まで誰が勝つか判りません。

革製のレーシングスーツ1枚だけの生身の身体で、最高速度は時速300㎞を超え、コーナーではバイクを45度以上倒しながら走行し、毎レース必ず誰かが転倒します。

これからはガソリン車に代わってEV車の時代になるでしょうし、残念ながら、つまらなくなったF1の未来は決して明るくないように思えます。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : F1グランプリ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

つまらなくなったF1

私もF1が好きでしたが、セナが亡くなった頃からつまらなくなり、最近は全く見ていません。
カリーノパパさんが言われるように、ドライバーのスキルよりも車の性能で勝負が決まってしまうレースは本当につまらないと思います。
それと乱暴な言い方ですが、安全が第一であれば、レースなど止めるか、ロボット操縦にすれば良いのにと思ってしまいます。

Re: つまらなくなったF1

>ジョンパパさん
カリーノパパも、セナが亡くなった頃からつまらなくなり、最近は全く見ていません。
ドライバーのスキルよりも車の性能で勝負が決まってしまうレースは本当につまらないですね。
ジョンパパさんと同じように、ロボット操縦にすれば良いのにと思っている人は多いようです。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪