fc2ブログ

イチロー選手引退会見



米大リーグ・マリナーズのイチロー選手が引退を決断し、昨晩、都内のホテルで記者会見を開きました。

午前0時頃から始まった記者会見にも関わらず、100名以上もの報道陣が集まり、その影響の大きさを改めて伺わせました。

そして、イチロー選手の「今日のゲームを最後に、日本で9年、アメリカで19年目に突入した所だったんですけれども、現役生活に終止符を打ち、引退することとなりました。」という言葉で記者会見が始まりました。

イチロー選手が約1時間半にも及ぶ記者会見の中で語った言葉の中で、ミシェルのお父さんが「重みのある言葉だな」と感じた内容を御紹介いたします。



――子供達へメッセージを。

野球だけでなくても良いんですよね、始めるものは。

自分が熱中できるもの、夢中になれるものを見つけられれば、それに向かってエネルギーを注げるので。

そういうものを早く見つけて欲しいなと思います。

それが見つかれば、自分の前に立ちはだかる壁に向かっていける。

それが見つからないと、壁が出てくると諦めてしまうということがあると思うので。

――これまで膨大な時間を費やしてこられた。これからそういう膨大な時間とどう付き合うか?

まあ、ちょっと今はわからないですね。

でも多分、明日もトレーニングはしてますよ。それは変わらないでしょうね。

ゆっくりしたいとか全然ないんですよ。全然ない。動き回ってます。



――生き様で伝えたこと、伝わっていたら嬉しいと思うことは?

生き様というのは、僕にはよくわからないですけど。

先程もお話しましたけれど、人より頑張ることなんてとてもできないんですよね。

あくまでも、秤は自分の中にある。

それで自分なりに秤を使いながら、自分の限界を見ながら、ちょっと超えていくということを繰り返していく。

そうすると、いつの日か「こんな自分になっているんだ」という状態になって。

だから、少しずつの積み重ねが、それでしか自分を超えていけないというふうに思うんですよね。

一気に高みに行こうとすると、今の自分の状態とギャップがありすぎて、それが続けられないと僕は考えているので。

地道に進むしかない。進むだけではないですね。後退もしながら、ある時は後退しかしない時期もあると思うので。

でも、自分がやると決めたことを信じてやっていく。

でもそれは正解とは限らないですよね。間違ったことを続けてしまっていることもあるんですけど。

でもそうやって遠回りすることでしか、本当の自分に出会えないというか。そんな気がしているので。



――19年間、アメリカでプレーした。アメリカのファンへの思い、メッセージは?

アメリカのファンの方々は、最初は、まぁ厳しかったですよ。

そりゃあまあ2001年の最初のキャンプなんかは「日本に帰れ」ってしょっちゅう言われましたよ。

ただ、言葉ではなくて、行動で返したときの敬意の示し方というのは、その迫力はあるなという印象ですよね。

なかなか入れてもらえないんですけど、入れてもらった後、認めてもらった後は、すごく近くなるというような印象で。

――弓子夫人への言葉は?

頑張ってくれましたね。一番頑張ってくれたと思います。

僕は、アメリカで結局3089本のヒットを打ったわけですけど。

僕は、ゲーム前にホームの時はおにぎりを食べるんですね。

妻が握ってくれたおにぎりを球場に持っていって食べるんですけど。その数が2800ぐらいだったんですよ。

3000行きたかったみたいですね。そこは、うーん、3000個握らせて上げたかったなと思います。

それと、一弓(いっきゅう)ですね。

一弓というのはご存じない方もいらっしゃると思いますけど、我が家の愛犬ですね。

柴犬なんですけど、現在17歳と7カ月。今年で18歳になろうかという柴犬なんですけど。

さすがにですね、おじいちゃんになってきて。毎日フラフラなんですけど、懸命に生きているんですよね。

その姿を見ていたら、それは俺頑張らなきゃなと。

ほんと、妻と一弓には感謝の思いしかないですね。



――プロ野球選手になる夢を叶えて成功した。今、何を得たと思うか?

成功かどうかって、よくわからないですよね。

じゃ、どこからが成功で、そうじゃないのかって、全く僕には判断できない。

成功という言葉は、だから僕は嫌いなんですけど。

メジャーリーグに挑戦する・・・どの世界でもそうですね。

新しい世界に挑戦するということは、大変な勇気だと思うんですけれど。

ここはあえて「成功」と表現しますが、「成功すると思うからやってみたい。それができないと思うから行かない」という判断基準では、後悔を生むだろうなというふうに思う。

やりたいならやってみればいい。「できる」と思うから挑戦するのではなく、「やりたい」と思えば挑戦すれば良い。

その時に、どんな結果が出ようとも、後悔はないと思うんですよね。

自分なりの成功を勝ち取ったところで、じゃあ達成感がるのかといったら、それも僕には疑問なので。

基本的には、やりたいと思ったことに向かっていきたいですよね。



――昨年マリナーズに戻りましたけど、その前のマリナーズ時代、何度か「自分は孤独を感じながらプレーをしている」と仰っていた。ヤンキース、マーリンズに移られ、プレーする役割が変わってきた。去年ああいう状態になって、今年引退になる。その孤独感は、ずっと感じながらプレーしていたのか?

現在、それは全くないです。今日の段階で、それは全く無いです。

それとは少し違うかもしれないですけど、アメリカに来て、メジャーリーグに来て、外国人になったこと。

アメリカでは、僕は外国人ですから。

このことは、外国人になったことで、人の心を慮ったり、人の痛みを想像したり、今までなかった自分が現れたんですよね。

この体験というのは、本を読んだり情報をとることはできたとしても、体験しないと自分の中からは生まれないので。

孤独を感じて、苦しんだこと多々ありました。

ありましたけど、その体験は未来の自分にとって、大きな支えになるんだろうと、今は思います。

だから、辛いこと、しんどいことから、逃げたいと思うのは当然のことなんですけど、でもエネルギーのある元気な時に、それに立ち向かって行く。

そのことは、すごく、人として重要なことなんではないかなと感じています。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

イチロー選手引退

やはりイチロー選手は注目の的で、今日は、一日中イチロー選手の引退ニュースばかりでした。
偉大な野球選手だけあって、引退の言葉も大変重みがあるように思います。

Re: イチロー選手引退

>ジョンパパさん
本当に一日中イチロー選手のニュースばかりでしたね。
仰るとおり、引退の言葉が大変重みがあるように思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪