fc2ブログ

東日本大震災から8年



東日本大震災から8年が経ちました。(津波で止まったままの時計)

東日本大震災が起きた当日、ミシェルのお父さんは、護国寺にある講談社の敷地内で、完成したばかりの建物の完了検査に立ち会っていました。

上部階から検査を行い、午後2時45分頃に地下階まで降りてきた時、突然、大きな揺れを感じました。

地震発生後は、東京の電車が全て止まり、帰宅することができず、現場事務所に泊まる覚悟をしていました。

夜になって娘夫婦が車で迎えに来てくれ、横浜の家まで送ってくれようとしましたが、都内は全ての道路が大渋滞で、普通なら40分程で帰宅できるはずが、3時間以上もかかってしまいました。

そんな出来事を、まだ昨日のように鮮明に覚えています。



安倍首相は、東日本大震災から8年を迎えるに当たって、岩手県で「政府一丸で復興に全力で取り組む」と発言したそうですが、この人の言葉は誠に軽く、全く信じる気にはなれません。

野党4党が国会に提出した「原発ゼロ基本法案」は、一度も審議されないまま、丸1年が過ぎました。

4月の統一地方選や今夏の参院選を前に、「脱原発」の争点化を避けたい与党が、審議入りを拒み続けているせいです。

今なお避難生活を余儀なくされている人は、約5万1778人もおり、行方不明者は2500人以上もいます。

しかし、安倍首相は「一定の節目を越えた」という理由で、2012年から行ってきた3月11日の会見を2017年に止めてしまいました。

更に、安倍政権は、一方的に避難指示を解除してきましたが、避難指示解除から2年が過ぎた飯舘村や富岡町に戻った村民は1割程しかいません。

にもかかわらず、2017年3月末には、自主避難者への住宅無償提供が打ち切られ、今年3月末には家賃補助も打ち切られます。

「復興オリンピック」を掲げることで、あたかも「復興」が進んでいるかのように印象付ける一方で、「復興」が果たされていない現実を無視し、被災者支援を一方的に打ち切っていくことは、オリンピックを大義名分にした「棄民政策」と言われても仕方ありません。

先日亡くなられた日本文学研究者で、東日本大震災後に日本国籍を取得し、日本に永住する予定りだったドナルド・キーンさんも「私は、元々、東京オリンピックには反対だ。まだ、その時期ではない。『復興オリンピック』と銘打ちながら、東日本大震災や原発事故の被災地の復興とは無関係だ。むしろ、五輪関連の公共事業によって職人が不足し、復興の遅れや費用の高騰を招いている。原発事故の後始末もこれからだ」と復興オリンピックの欺瞞を批判されておられました。



東電担当者は「廃炉は、ようやくスタート地点に立ったあたり」と言います。

水素爆発で壁が崩壊した福島第一原発3号機の建屋に行くと、放射線量計の数値がみるみる上昇し、毎時350マイクロシーベルトを超えてしまいます。

放射性物質を含む砂ぼこりが舞い上がらないように鉄板を敷き詰め、昨年5月からマスクなどの軽装備で近寄れるようになりましたが、3時間も居れば年間被ばく限度に達するので、約5分しか滞在できません。

3号機は、プールに残ったままの燃料566体を取り出す必要がありますが、計画通りに作業は進んでいません。

隣接する2号機では、2月に調査ロボットが溶けた燃料デブリと思われる堆積物に触れましたが、周囲の線量が、1時間も居れば死に至るレベルの毎時7シーベルトほどもあり、今後、取り出し方法を検討するのは容易ではありません。

東電は「廃炉期間を30年から40年」と説明していますが、具体的な工程を積み上げた数字ではありません。

実際のところは「50年とか、100年とか悠長な期間を口にするわけにもいかないので・・・」というのが本音のようです。



汚染水に関しては、2013年に行われ東京オリンピック・パラリンピック招致のプレゼンテーションで、安倍首相が「アンダーコントロール(統制下)にある」と世界に大嘘をつきました。

汚染水は、敷地内に設置した多核種除去設備(ALPS)で処理し、約1200トンのタンクに移されています。

汚染水は7~10日でタンク1基が満杯になり、既に1000基(110万トン)に達しており、2020年末には敷地内にタンクを設置することができなくなります。

現時点で汚染水の最終処分方法は決まっていませんが、国や東電は海洋放出を考えているようです。

しかし、ALPSで処理された汚染水の中には「トリチウム」や「ルテニウム」や「ヨウ素」などの放射性物質が含まれており、地元漁民の反対は避けられません。

結局、増え続ける汚染水が、廃炉作業の大きな障害になっています。



上の黒い袋には、汚染土壌が詰まっています。

膨大な量ですが、最終処分方法が決まっていません。

他の県の山奥に廃棄する案もあるようですが、当然ながら地元住民の反対にあっています。

東北自動車道の地盤として使い、その上を汚染されていない土で覆うという案もあるようですが、これも地元住民の反対にあっているようです。

「原発は、トイレの無いマンション」とも言われますが、日本には、「使用済み燃料」や「汚染水」や「汚染土壌」の行き場所が無いことを例えています。

そして、先日、民間のシンクタンクである「日本経済研究センター」が、「福島第一原発事故の対応費用が、総額81兆~35兆円になる」との試算を発表しました。

この金額は、経済産業省が2016年に公表した試算の22兆円を大きく上回っています。

歴代の政権は「原発は、最も安くて安全でクリーン」と言われて原発を推進してきましたが、一刻も早く「原発は、最も高くて危険で汚染されている」と認識を改め、ドイツと同じように「原発ゼロ」を目指すべきだと思います。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

No title

安倍首相は口だけで信用できないというのは、多くの国民が感じているのではないでしょうか。
そして、日本政府が、国民の命よりも選挙や献金してくれる企業を大切に考えていることも事実だと思います。
これから延々と続く廃炉作業と汚染水や汚染土壌の処分を考えると、日本の未来は絶望的にさえ思えるほどです。
にもかかわらず、いまだに原発を再稼働させたり輸出しようとする輩がいることが信じられません。

Re: No title

>ジョンパパさん
仰るとおり、安倍首相の言うことを信じる国民は少ないと思います。
加えて、日本政府が国民の命よりも選挙や献金してくれる企業を大切に考えていることも事実ですね。
これから延々と続く廃炉作業と汚染水や汚染土壌の処分を考えると、日本に明るい未来はあるのでしょうか。
福島第一原発を考えると、原発の再稼働なんてクレージーだと思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪