fc2ブログ

殺処分直前から警察犬に



茨城県に、「可愛すぎる」と有名な警察犬が居るといいます。

警察犬といえば、シェパードやドーベルマンなどの精悍な犬をイメージしますが、「可愛すぎる」という警察犬は、なんとトイプードルなのです。

名前は、アンズ。



警察犬指導士の鈴木博房さんがアンズに初めて会ったのは、2013年3月のことでした。

場所は、所用で立ち寄った動物指導センター(保健所)だったといいます。

そこで、鈴木さんは、ペット用のかごを持った男性が「この犬、もういりません!どうしてもらってもけっこうです!」と言っているのを聞きました。

その男性が持っているペット用のかごの中には、生後3カ月の仔犬だったアンズがブルブルと震えていました。

センターの職員が「そんなことをしたら、この犬は殺処分になるかもしれないんですよ」と言っても、男性は「飼い主の私がいらないと言ってるんだから、とにかく引き取って!」と声を荒げます。

その様子を側で見ていた鈴木さんは、とっさに「分かりました。この犬を私に譲ってください」と言ってしまいました。

鈴木博房さんは、30年間で10頭のシェパードを警察犬に育て上げた指導士の大ベテランで、自宅では3頭のシェパードを飼っていました。

この時点では、鈴木さんは「アンズを引き取る人がいたら、あげるつもりでした」と言います。

しかし、鈴木さんに出会ったことで、アンズの運命が大きく変わることになりました。



鈴木さんの自宅に来たアンズでしたが、当初は人間不信に陥っていたせいか、人になつこうとはしなかったといいます。

ところが、シェパード達が子犬のアンズを受け入れてくれ、一緒に遊ぼうとしてくれました。

特にアンズに興味を示してくれたのが、アミでした。

アンズが悪さをすれば、スッと近寄って来てたしなめ、眠くなったり甘えたくなったりした時は、体を寄せていきました。

その様子は、まるで母親のようだったといいます。

そのお陰で、アンズの人間不信も消え去り、鈴木さんにも甘えてくるようになりました。



アミは、2011年の警察犬の全国大会で3位を獲得した大変優秀なシェパードです。

鈴木さんは「アンズが、少しでも人と過ごしやすい暮らしを送れるように」と願って、シェパード達と一緒にアンズを河川敷の訓練に連れていくようになりました。

すると、アンズは、アミ達の訓練の様子を見て、地面に鼻をこすりつけて臭いを嗅ぐなど次々に真似するようになったといいます。

訓練をクリアしたアミを「よし!アミ、よくやった」と褒めてやると、アンズも何かして褒めて欲しいという気持ちを全身で表しました。

そんなアンズを見て、鈴木さんは「アンズ、どうした?お前も警察犬になるか?」と言いましたが、この時点では、まだ冗談に過ぎませんでした。

ところが、アンズは、直ぐに「座れ」「伏せ」「待て」「立て」の基本動作を覚え、集中力を切らすことなく訓練をこなしました。



アンズは、2014年、ついに警察犬になる為の試験を受けることになりました。

アンズは、鈴木さんと一緒に決められたコースを右回り、左回り、折り返し、速足歩行、遅足歩行、「待て」「来い」「前へ」などという指示に従う「基本服従」という試験に挑戦したのです。

トイプードルというだけで大勢の人の注目を浴び、途中で幼稚園の園児達の歓声に反応したり、見学の人達に笑われたりと、普通以上に大変な状況でしたが、アンズは見事に試験に合格しました。

アンズは、その後も次々と難易度の高い試験をクリアしていきました。

新しく鈴木家に来たシェパードの仔犬「ディーン」と競い合うように訓練に励むアンズを見て、鈴木さんは、アンズに「よし、本気で警察犬を目指してみるか!」と言いました。

難しい試験を一つ一つ克服したアンズは、2015年10月、ついに警察犬の審査会に合格しました!

翌年、アンズの首に嘱託警察犬の認証メダルがかけられと、アンズは、そのメダルの重さに少しビックリした表情を浮かべたといいます。



警察犬になったアンズの最初の出動は、認知症で行方不明になったお婆さんの捜索でした。

トイプードルのアンズを見て、あまり期待していなかった警察官を横目に、アンズは直ぐにお婆さんを見つけました。

その後も、アンズはシェパード達と一緒に年間10回ほど出動し、メダルに恥じない活躍を見せ、警察からも絶賛を浴びました。

2018年11月には、アンズの子供である「エリー」も初めて嘱託警察犬の審査会へ参加して話題になりました。

そして、アンズは、現在、エリーと共に親子2代で警察犬として活躍しています。

人間によって殺処分になりそうになったアンズですが、その人間を恨むこともなく、人間を救うことに全力を尽くしてくれています。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

アンズちゃん、ありがとう

アンズちゃん、本当に可愛いです。
しかも、頭も凄く良いのが分かります。
こんなアンズちゃんを保健所に連れて行った男性を全く理解できません。
アンズちゃんが、鈴木さんに会えて本当に良かったです。
鈴木さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、人間を恨みもせずに頑張ったアンズちゃんにも感謝の気持ちでいっぱいです。

Re: アンズちゃん、ありがとう

>メルママさん
こんなに可愛くて頭が良いアンズちゃんを何故保健所なんかに連れて行ったのでしょうね。
人間次第でワンちゃんが幸せにも不幸にもなる一例だと思います。
仰るように、アンズちゃんが鈴木さんに会えて本当に良かったです。
アンズちゃんには、これからも幸せに過ごしてもらいたいです。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪