fc2ブログ

原発輸出総崩れ



安倍首相が巨額な外遊経費を使って推し進めてきた原発輸出の目論見が、ついに総崩れとなってしまったようです。

原発廃止を表明したドイツのように、今や脱原発が世界的な流れなのですから、当然の結末と言えるかもしれません。



上の写真は、日立製作所が日本政府の後押しを受けて進めてきた原発建設計画のあった英国ウェールズのアングルシー島です。

アングルシー島は、ウェールズでは最大の島で、英国全体としては5番目に大きな島です。

ローマ時代から鉛、亜鉛、鉄などの鉱山で栄えましたが、現在は観光や農業が主産業の風光明媚な島です。



のどかな島の原発建設を巡って、地元では、計画発表当初から市民による反対運動が続いています。

反対運動をされているディランさんは「原発は危険で、健康や環境を脅かすものだと思っています。また建設には莫大なコストがかかることから、公的資金の投入なしにはプロジェクトは進まないでしょう。日本の公的資金が投入される可能性が報道されていますが、20世紀の時代遅れのテクノロジーに、日本の公的資金を無駄遣いして欲しくないと思っています。」と語っています。

そして、福島第一原発の災害を経験した日本人の方々も、この反対運動を支援しています。



日立はアングルシー島に原発2基を建設し、2020年代前半に運転開始するのが当初の計画でした。

事業費は3兆円規模で、このうち英国側が約2兆円を融資し、残る約1兆円は、日立、日本の電力会社、政府系金融機関などが出資する計画でした。

しかし、計画を進める中で事業費が更に増える可能性や、事故発生時に想定される巨額賠償などが問題となっていました。

そして、英国側との調整は難航し、日立が出資を期待する東京電力ホールディングスや中部電力なども消極的になっていました。

計画から撤退した場合の損失は約3000億円になりますが、撤退時期が遅れれば損失が更に増えるということで、日立は計画からの撤退を決断したようです。



三菱重工業らと政府が官民連合で建設予定だったトルコの原子力発電所も、計画断念が報じられました。

トルコの場合も、建設費が当初予定の2倍近くに膨らみ、条件面で折り合えなかったことが原因と言われています。

日本政府が目論んだ原発輸出は、ベトナムやリトアニアでも撤回や凍結など計画の見直しが相次ぎ、今回の英国での計画凍結で、日本政府の原発輸出は総崩れになってしまったことになります。

安倍首相としては残念でしょうが、子孫に負の遺産を残さずに済んだことや、チェルノブイリや福島第一原発の災害の繰り返しを防げたことは、世界の人々にとって幸せなことだったように思えます。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

No title

安倍首相という人は最初に景気のいいアドバルーンを上げますが、どれもこれも達成できないことばかりのように感じます。
原発輸出、拉致問題、北方領土問題、景気浮揚等々。

Re: No title

>ジョンパパさん
ジョンパパさんが仰るとおりだと思います。
食べ物に例えると、食い散らかしているだけで、どれ一つ完食できていない感じがします。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪