省電力のLED照明

福島第一原発の事故以来、節電対策の為に、都心では、照明の点灯を控えたり、エレベーターやエスカレーターの運転が止められている状態が続いています。

そして、最近では、消費電力が少ないとか、電球の寿命が長いといった理由で、LED照明を採用する建物が増えつつあります。

デザインの本場であるイタリアで、今年で50周年を迎えた「ミラノ・サローネ」が開催されました。

そして、2011年は、隔年開催の照明国際見本市「ユーロルーチェ2011」の開催にあたります。

2011年4月11日~17日までの会期中、見本市会場では主力照明メーカーの展示が行われました。

そこで、本日は、欧州メーカー各社のLEDの新作器具の一部を紹介させていただきます。

thumb_333_photo-03[1]_convert_20110516223602

東京・銀座の松屋前。

まだ午後8時半だというのに、この暗さです。

通行中の女性は、「節電の動きは仕方ないが、銀座の街が暗いのは寂しい」と語っています。

thumb_333_03e[1]_convert_20110516223750

Catellani&Smithの「OMBRA」です。

光のブーケのような美しいテーブルランプで、手前に見えるバーの先端にLEDが組み込まれています。

thumb_500_06e[1]_convert_20110516223846

美しいガラス細工で有名なSwarovsky社のシャンデリアです。

thumb_500_08e[1]_convert_20110516224007

Fabbianの「パドル(カヌーなどの櫂)」と名付けられたLEDタスクライトです。

木製の支柱やアームが、優しい表情を添えています。

thumb_500_09e[1]_convert_20110516224100

Aqua Creationsは、照明と家具のメーカーで、美しい光を持つ完成度の高い照明を発表しました。

ホテル物件などのプロジェクト向け製品も豊富にラインナップしています。

thumb_500_12e[1]_convert_20110516224140

オランダ・Moooiの「Heracleum」です。

ハナウド科の植物(Heracleum)からインスピレーションを得たBertjan Potのデザインです。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪


★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やはり、デザイナさんがデザインすると美しい・・・・
最近のLEDもかなり性能アップしましたからね。
斬新なデザインのものを設置しても、猫に壊されます。(ぉ

照明デザイン

デザインと言えばイタリアって思うくらい、イタリアのデザインは素敵ですよね。
それと、照明に関しても、ヨーロッパは、とっても優れているように思います。
ヨーロッパを旅行する時に見るお店のウィンドウなんかのセンスも抜群です。
今回の記事にある照明器具のデザインも、とっても素敵です。
こういう照明器具に囲まれていたら、少々暗くても楽しいでしょうね。

Re: No title

>くまさん
美しいデザインですよね。
ヨーロッパのデザイナーのセンスは、やはり優れていると思います。
以前のLEDは性能優先でしたが、最近は、デザイン面にも力を入れてきたように思います。
こんな素敵な照明器具を買って、もし壊されたら、泣いちゃいますね(笑)

Re: 照明デザイン

>ショコラさん
ショコラさんが言われるとおり、イタリアのデザインは、本当に素敵ですよね。
ヨーロッパの古い城や教会などの建築も、イタリアの影響が強いようです。
それと、車のデザインにしても、やはりイタリアが優れているように思います。

確かに、ヨーロッパは、照明デザインも優れていますよね。
日本を代表する照明デザイナーも、若い頃にヨーロッパで勉強しています。
日本の照明は明るいだけという感じですが、ヨーロッパの照明の使い方は、とても上手だと思います。

省電力

LEDが普及すると、かなりの省電力になるでしょうね。
原発事故のせいで、街中が暗くなっていますが、慣れると「これでいいじゃない」って思えるから不思議ですv-410
個人的には、今までが明る過ぎたように思います。
ネオンサイン、パチンコ屋、スーパーなど、とにかく電力を使い過ぎという感じがします。
家庭にしても、欧米のように、もう少し暗くても良いように思います。

Re: 省電力

>アリスさん
私もアリスさんと同じようなことを感じました。
明るい必要がある所と、暗くても良い所を、もう少し検証する必要があるとは思いますが、基本的に今までは明る過ぎたように思います。
繁華街のネオンは、景観上も無い方が良いと思いますし、パチンコ屋やスーパーは、確かに必要以上に明る過ぎると思います。
それと、家庭の照明も、もう少し暗くした方が、雰囲気も良くなるし、落ち着けると思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング