FC2ブログ

美しいだけではないアルハンブラ宮殿



上の写真は、イスラム文化の最高傑作と言われるスペインのグラナダにある「アルハンブラ宮殿」です。

ミシェルのお父さんは、ロンドン勤務当時、スペインのコスタ・デル・ソル(太陽海岸)にあるエステポナに家族旅行で行った際に見学に行きました。



上の写真は、夕暮れになってライトアップされたアルハンブラ宮殿です。

グラナダの人達は「施しをあげなさい、あなた。グラナダで盲人であることほど人生で哀しいことはないのだから」という詩を好んで使います。

この詩が、グラナダが如何に美しいかを語っているように思います。



アルハンブラ宮殿は、宮殿と呼ばれていますが城塞の機能も備えており、その中に住宅、官庁、軍隊、厩舎、モスク、学校、浴場、墓地、庭園といった様々な施設を備えていました。

現在残っている建物の大部分は、イベリア半島最後のイスラム王朝(ナスル朝)時代に建設されたと言われおりますので、約700年もの歴史を有していることになります。



建築材料としては、レンガ、木材、練土などが多く使用されており、石材は彫刻部分に使用されています。

建物は白を基調としていますが、アルハンブラ(アラビア語で「赤」を意味する)という名前は、レンガに使われた地元の土壌が赤いことに由来しているという説があるようです。

内部の壁は全て装飾されていると言っても過言ではないほど豪華絢爛ですが、天井に施された装飾は、「ムカルナス」と呼ばれる鍾乳石のようなデザインをしています。



建築の専門家であるミシェルのお父さんは数多くの建物を見てきましたが、アルハンブラ宮殿は世界で最も美しい建物の一つだと思います。

しかし、アルハンブラ宮殿の本当の凄さは、美しいだけではないことです。

アルハンブラ宮殿が建設された当時のイスラム教徒は、灌漑技術、天文学、医学等において、世界で最も優れていたと言われています。

アルハンブラ宮殿においても、丘の下を流れる川から水を水車で汲み上げ、敷地内に水を導きいれています。

上の写真は「ライオンの中庭」と呼ばれる部分ですが、12頭のライオン像は、1時間毎に異なる口から水が流れ出て、時間を知らせる役割を果たしていたそうです。



地震の多い日本の建物の中には、鉛やゴムなどを使った免震装置を設置して地震の揺れを吸収しようとする対策が取られていますが、同じような対策が、約700年も昔に建てられたアルハンブラ宮殿にも採用されていたというから驚きます。

スペインのグラナダは、気温が高いことや地震が発生することでも知られていますが、熱による膨張や地震による揺れを吸収する目的で、アルハンブラ宮殿の柱の接合部には鉛が設置されているのです。

建設当時のイスラム教徒が、如何に建築技術の分野でも優れていたかが解ります。

余談になりますが、ヨーロッパでは美しい建物や自然が、何百年もの時を経ても大切に守られています。

一方で、日本政府は沖縄県民の気持ちを無視して、美しい沖縄の海をコンクリートと土砂で埋め立て、新たな軍事基地を造ろうとしています。

国民から吸い上げた血税を使うなら、美しい自然を守る為に使って欲しいと願わずにはいられません。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アルハンブラ宮殿の美しさには、本当にウットリしてしまいます。
今日の記事で、そのアルハンブラ宮殿が美しいだけではなく、現代でも通用する技術を採用していたことを知ってビックリしました。

Re: No title

>COCOさん
本当に美しい建物で、また行ってみたいと思います。
アルハンブラ宮殿が美しいだけではなく、現代でも通用する技術を採用してたことは驚嘆に値します。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪