置き去りにされた動物

福島第一原子力発電所から半径20キロ圏内が、警戒区域にしていされてしまいました。

この処置によって、動物愛護団体の方々が、20キロ圏内に置き去りにされた動物達を救出することが困難になり、動物達は死を待つしかない状況に置かれています。

置き去りにされてから、かなりの日数が経っており、恐らく、一刻の猶予も許されない状況に陥っているものと思います。



そこで、一般社団法人の「Free Pets」さんが、半径20キロ圏内の動物を救出する為に、専門家チームを警戒区域内に立ち入らせる緊急措置の要望書の署名をお願いしています。

この要望書は、賛同者が一定数集まるごとに関係省庁・行政機関、報道機関へ提出されるそうです。

こちらに http://freepets.jp/ 要望書が掲載されており、それを読んで賛同していただける人を募集しています。

少しでも多くの動物達を救う為に、皆様の御協力をお願いしているとのことです。

スポンサーサイト

テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

動物救出

人間同様に動物の命も尊いものだと思います。
私も賛同署名させていただきました。

Re: 動物救出

>ルイーズさん
ルイーズさんが言われるとおりだと思います。
官邸に救助の要望をした人もおられるようです。
賛同の署名をしていただき、ありがとうございます。

No title

私も置き去りにされた動物達が、すごく気になっていました。
早速、賛同の署名をして送信しました。

Re: No title

>メルママさん
多くの人達が、置き去りにされた動物達のことを心配していますよね。
賛同署名していただき、ありがとうございました。
少しでも多くの動物が救われることを願っています。

No title

既に多くの牛が餓死しているのを知って、とても心が痛みました。
直に賛同の署名をさせていただきました。

Re: No title

>COCOさん
私も餓死した牛や、衰弱して泣き叫ぶ牛の画像を見て、とても悲しくなりました。
賛同の署名、誠にありがとうございます。

No title

昨日、避難している人達が、2時間だけ一時帰宅したとのことですが、新聞で愛犬の死体に線香を乗せている人の記事を見て、心が痛みました。
「もう少し早く救助の手が差し伸べられていたら」と思うと、残念でなりません。
避難所に犬を置くのは難しいのかもしれませんが、避難所の近くに犬を繋いでおく場所は、全く無いのでしょうか?

一時帰宅

一時帰宅された人達が、「危険は承知しており、自己の責任である」というニュアンスの署名をさせられて、不愉快な思いをしたそうですが、もっともだと思います。
誰も好き好んで危険な状況に入ろうとしているいわけではなく、むしろ危険は、東電や政府がそうならないように対策を講じるべき問題のように思います。
帰宅時間も2時間しかなく、居なくなった牛を探すことも出来なかったとのことですが、政府が専門家チームを結成して、なんとか動物達を救えないものでしょうか。
私も署名させていただきました。

Re: No title

>アリスさん
その記事と写真は私も見て、とても悲しくなりました。
15歳の犬だったようですが、15年も一緒に居たら、なんとか天命を全うするまで一緒に居させてあげたかったです。
犬は、自分で掘った穴の上で死んでいたそうですが、もしかすると、飢えに苦しむあまり、地面を掘ったのではないかと想像すると、何ともやり切れません。
私も避難所近くに犬を繋いでおく場所が、全く無いのだろうかと思っています。

Re: 一時帰宅

>タンタンさん
そうですよね。
危険であることは重々承知しているのに、更に署名までさせられては、憤慨したくなる気持ちは、よく解ります。
動物の救助に関しては、やはり政府が専門家チームを結成して、対処してもらう方が良いように思います。
タンタンさん、署名して頂き、ありがとうございました。

殺処分

菅首相が、20キロ圏内に残された家畜を殺処分にすることを決めたようですが、断固反対したいです!
牛や豚が、あまりにも可哀そうだと思います。

Re: 殺処分

>MACさん
ニュースで、枝野官房長官が殺処分決定の発表しているのを、私も見ました。
誠に残念と思いますし、私も断固反対です。
家畜の救助に何らかの努力をした形跡もないままに殺処分を決めるなんて、日本政府は、裁判を受けさせることも無くビンラディンを殺害したアメリカ政府と同レベルのお粗末さだと思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング