津波と液状化の恐怖

東日本大震災の被害は、揺れだけではなく、津波と液状化によっても発生しています。

常識的に「鉄筋コンクリート造の建物は、津波に対して強いだろう」と考えられますが、今回の津波に関しては、その常識も通じない程の被害が出ています。

宮城県女川町では、鉄筋コンクリート造の建物が、基礎ごと横転する被害がはっせいしています。



上の写真を見ると、一見、鉄筋コンクリート造の建物だけが無事のように見えます。



しかし、近づいて見ると、建物が完全に横倒しになっていることが判ります。

杭の無い直接基礎の建物ですが、基礎のコンクリートには全く損傷がありません。



上の写真の鉄筋コンクリート造の建物も、一見、無事なように見えます。



しかし、近づいて見ると、こちらも完全に横倒しになっていることが判ります。

こちらの建物は、基礎の下に杭の痕跡が薄っすらと見られます。

恐らく、基礎と杭が締結されておらず、基礎から上の部分が倒れたものと思われます。



上の写真は、鉄筋コンクリート造4階建ての建物ですが、これも完全に横倒しになっています。

この建物の場合は、基礎と杭が締結されているように見えますが、杭が基礎の下端で折れています。

また、杭の1本が地盤から抜けてしまっているように思われます。



上の写真は、鉄骨造4階建ての建物ですが、これも完全に横倒しになっています。

この建物の場合も基礎と杭が締結されているようですが、基礎と杭を結ぶ鉄筋が破断してしまったようです。



上の写真は、鉄筋コンクリート造の建物ですが、1棟は40度ほど傾き、もう1棟は完全に横転しています。



千葉県浦安市では、市域の約4分の3で液状化の影響がみられたそうです。

そして、千葉県習志野市でも、上の写真のような地盤の液状化と考えられる現象が起きました。



茨城県潮来市は海には面していませんが、湖沼の一つを埋め立てた日の出地区を中心に液状化が発生しました。

上の写真は、建物全体が液状化によって沈み、その為に雨樋が折れ曲がっています。



内陸である埼玉県久喜市の南栗橋地区でも、住宅地の一部で液状化が発生しました。

上の写真は、かつて水田か沼地だったと言われる住宅地で、2軒の住宅がV字形に傾いています。


★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪


★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

津波

津波の威力って、想像を絶するくらい凄まじいですね。
コンクリートのビルが倒されちゃうなんて・・・。
これじゃ、木造の家とか自動車は簡単に流されちゃうわけですね。
今回の津波は、高さが10mを超えた所も多かったようですが、もし東海地震が起きたら、浜岡原発なんか大丈夫かな?

No title

以前の記事で、女川を襲った津波が、あと1m高かったら、女川原発も福島第一原発のような被害に遭っていたかもしれないとのことでしたが、まさに危機一髪でしたね。
コンクリートのビルが横倒しになるくらいですから、原発も唯では済まないことが解ります。
しかし、「対策が行われる前に、また大きな地震が起きたら」と考えると、本当に怖いです。

Re: 津波

>MACさん
私も今回の地震で津波の恐ろしさを知りました。
MACさんが言われるように、コンクリートの建物が倒れるなんて、もの凄い威力ですね。

浜岡原発は、これまで東海地震、東南海地震、南海地震が3連動する場合の津波の高さを8mと想定して安全と言っていたそうですが、連動性評価研究プロジェクトが、「3つの地震が連動発生した場合には、浜岡原発付近の想定津波高が11m程度に達する」という研究結果を公表したそうです。
ということで、浜岡原発も決して安全とは言えないようです。

Re: No title

>ルイーズさん
今、各地にある原発が、津波対策として防潮堤を高くする計画を発表していますが、それが実現するまでには時間がかかり、その間に大きな地震が発生する可能性は、確かにあるのです。
「もし新しい防潮堤が完成する前に大きな地震が発生したら」と考えると、本当に怖いですね。
福島第一原発のような被害が他でも発生したら、それこそ収拾がつかなくなりそうです。

津波と液状化

津波の威力は、想像していたよりも遥かにすさまじいということが解りました。
これまでは、「海岸沿いに住むのもいいな」と思っていましたが、こういう被害を見ると、考えてしまいます。

液状化の被害もひどいですね。
千葉の浦安は、住宅地として人気が高いようですが、写真のような被害を見ると、「やはり、埋立地は避けた方がいいのかな」と思っちゃいます。

Re: 津波と液状化

>アリスさん
タイの津波も凄いと思いましたが、今回の津波は、それ以上に恐怖を感じました。
そうですよね。
「海が見える所で済むのもいいな」と思いますが、今回の津波の怖さを知ると、「やはり山に近い所の方がいいかな」と思います。

今回は、液状化の被害も酷いですね。
浦安には何回も行っていますし、住む候補地として住宅地を見に行ったこともありましたが、今回の被害を見て、「やはり埋立地は避けた方がいいかな」と思いました。

No title

プロ野球のヤクルトの由規投手が、高校時代に甲子園大会に出場した時のキャッチャーであった斉藤さんが、遺体で見つかったとのニュースを見ました。
斉藤さんは、石巻市の運送店で働いていたそうですが、津波に巻き込まれたまま行方不明だったそうです。
津波に巻き込まれたまま、行方がわからない方が、まだまだ大勢いると思うと、改めて津波の怖さを思い知らされます。

Re: No title

>タンタンさん
昨日、ヤクルトの由規投手が巨人戦で投げているのを見ましたが、まさか、そんなことがあったとは、知りませんでした。
後で知ったのですが、亡くなった斉藤さんの両親は、由規投手が試合で投げるのを知っていたから、由規投手の父親には「由規君には、息子n死体が見つかったことを伝えないで」と言ったそうですが、由規投手の父親は、あえて由規投手に話したそうです。
由規投手は、とてもショックを受けたと思うのですが、試合で見る由規投手は、そんな素振りを全く見せないで勝ってしまいました。
きっと、亡くなった斉藤さんの為にも絶対に勝ちたかったのでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: コメントのお返事に

>鍵コメさん
貴重な情報をいただき、ありがとうございます。
早速、アクセスしてみます。
一人一人ができることは小さいですが、それが積み重なれば、あのような悲惨な出来事を食い止める力になると信じたいです。
ありがとうございました。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング