FC2ブログ

甲斐の猿橋



美しいアジサイを見ながら遊歩道を10分強ほど歩くと、猿橋が見えてきました。

橋には橋脚が無く、両岸の岩盤からはね出た構造体によって支えられています。

更に、その構造体に屋根が付いているという大変珍しい橋です。



上の写真は、橋の上部の様子です。

木製で、長い橋ではありません。



上の写真は、橋を横方向から見た様子です。

橋が、両岸からはね出た構造体によって支えられているのが判ります。



猿橋(さるはし)は、国の名勝に指定されています。

江戸時代には「日本三奇橋」の一つとしても知られ、甲州街道に架かる重要な橋でした。



猿橋は、長さ30.9メートル、幅3.3メートル、水面からの高さ31メートルの人道橋です。

深い渓谷の為に橋脚は無く、鋭くそびえたつ両岸から4層に重ねられた「刎木(はねぎ)」と呼ばれる支え木をはね出し、橋を支えています。



深い渓谷に橋を架ける場合は、通常、吊り橋が採用されることが多いのですが、江戸時代には「刎橋(はねばし)」という技術が存在し、猿橋ではその技術が採用されました。



刎橋では、岸の岩盤に穴を開けて「刎ね木」を斜めに差込み、空中に突き出させます。

その上に同様の刎ね木を突き出し、下の刎ね木に支えさせます。

支えを受けた分、上の刎ね木は下のものより少しだけ長く出します。

これを何本も重ねることによって、空中に刎ね木を長く出していきます。

これを足場にして上部の構造を組み上げ、板を敷いて橋にするのです。

そして、猿橋の場合は、雨などによる腐食から橋の構造体である刎ね木を保護する為に屋根を付けたという訳です。



ミシェルのお父さんは、日本や海外で色々な橋を見ましたが、猿橋のようなユニークな構造を見たのは初めてで、江戸時代の技術の凄さに感動しました。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 山梨
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

猿橋のことは知りませんでしたが、写真で見て、そのユニークさに本当にビックリしました。
橋を支える部分に屋根がかかっているのも珍しいですが、江戸時代にこのような構造の橋があったことにも驚きました。

Re: No title

>ジョンパパさん
仰るとおり、橋を支える部分に屋根がかかっているのが、本当にユニークでした。
このような技術が、江戸時代にあったことも驚きです。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪