FC2ブログ

これからも共に



上の写真は、山中湖にあるペンションのドッグランで遊んだ時のアンジェです。

美しいフルコート(首周りの毛全体が真っ白)を有した、お父さん自慢の美人の娘でした。



昨日は、アンジェを一番可愛がっていたANRIお姉さんも来てくれて、お別れをすることができました。

家族全員とお別れをすることができて、アンジェも嬉しかったと思います。

火葬場に行く前に、お隣のWさんがアンジェの為に綺麗なお花を持ってきて下さいました。

優しいお心遣いに感謝の気持ちでいっぱいです。

火葬場に行く途中で、アンジェがよく遊んだ道の駅富士吉田のドッグランに立寄り、アンジェに見てもらいました。

火葬場には、アンジェをお父さんの毛布にくるんで連れて行きました。

お父さんの毛布と一緒に虹の橋のたもとに行ければ、アンジェが少しでも安心できると思ったからです。

アンジェは、ボール遊びが大好きだったので、ボールも一緒に持って行かせました。

火葬の前に、アンジェの身体を抱きしめました。

愛するアンジェを火葬にするなんて残酷に思え、アンジェに何度も何度も「ご免ね」と謝りました。

その瞬間、お父さんの目からは涙が溢れ出し、声を出して泣いてしまいました。

こんな泣き虫のお父さんだと、アンジェが安心して旅立つことができないかもしれません。



火葬のあと、アンジェは小さくなってしまいました。

火葬をすると、身体の悪かった所が判るそうですが、アンジェの腎臓の辺りは、やはりかなり悪くなっていたようです。

後ろ足の辺りも弱っていたようですが、アンジェは「お父さんを喜ばせたい」という思いで、一生懸命に生きようと頑張り、走ってくれていたようです。

そんなことを火葬のあとに知り、お父さんは再び泣いてしまいました。

午後5時半頃に帰宅すると、誰かが家の前におられました。

「誰だろう」と思って近づくと、ドッグランで知り合ったWさんでした。

ブログでアンジェの死を知ったWさんが、アンジェの為に美しいお花を持ってきて下さったのです。

Wさんは、火葬の場所や帰宅時間を御存知なかったから、恐らく、家の前でかなり待たれたに違いありません。

Wさんは、カリーノとシェリーの時もお花を持ってきて下さいましたが、優しいお心遣いに感謝の気持ちでいっぱいです。

アンジェは姿を変えてしまいましたが、これからも、ず~っとお父さんの側に居て、見守ってくれると思います。

そして、アンジェは「お父さん、泣いてちゃ駄目ですよ。いつも笑っていてね」と励ますことでしょう



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

御冥福を

アンジュちゃん、最後まで名犬でしたね。
御家族にこんなに愛されて、アンジュちゃんせ幸せだったと思います。

No title

最初の写真を見て、あらためてアンジェさんの美しさに感嘆いたしました。
アンジェさんが亡くなったことは大変残念なことですが、美しいまま旅立ったアンジェさんを私は羨ましく思います。
そして、こんなにも御家族全員から愛されたアンジェさんも羨ましく思えます。

幸せな一生

アンジェちゃんの美しさは永遠ですね、
今は悲しくて、悲しくて、涙があふれる
ばかりです。
パパさん、思いっきり泣かれても大丈夫ですよ。アンジェちゃんは、どんなパパさんも大好きです。アンジェちゃんを思っての涙です。沢山、流れて当然です。
ただ、ただ、アンジェちゃんを思って過ごされてください。私もアンジェちゃんとお話ししながら、今夜はすごします。
パパさん、アンジェちゃんと出会わせて下さり、本当に有り難うございます。
アンジェちゃんはいつまでも私の心の中に
いてくれます。

No title

アンジェちゃん
つい一月前にドッグランであんなに元気に小走りしていたアンジェちゃん。
あの可愛い姿をハッキリと覚えています。そしてこれからも。

ご冥福をお祈りします。

Re: 御冥福を

>ttingさん
ありがとうございます。
アンジェが「幸せだった」と思ってくれているとしたら、こんなに嬉しいことはありません。

Re: No title

>メルママさん
ありがとうございます。
親馬鹿かもしれませんが、親から見ても、アンジェは美しい子だったと思います。
アンジェを大切に育て、いっぱい愛したつもりですが、アンジェが「幸せだった」と思ってくれてたら、こんなに嬉しいことはありません。

Re: 幸せな一生

>勘太ーモモのママさん
ありがとうございます。
アンジェが居なくなった寂しさで、カリーノパパもミシェルも落ち込んでいます。
でも、今週はシルフィが来てくれているので、少し寂しさが癒されています。
シルフィが、アンジェの代わりを務めてくれているように感じます。
アンジェと15年近く一緒に暮らせて、本当に幸せでした。

Re: No title

>レグルスさん
ドッグランのあと、アンジェが震えだした時は、「風邪をひいたのかな?」と思いました。
病院で血液検査したところ、腎臓が急激に悪化しており、医者から「末期」だと言われました。
それから、アンジェは3週間も頑張ってくれました。
恐らく、アンジェは「お父さんを喜ばせたい」と思って頑張ってくれたのだと思います。
アンジェは我が家で生まれましたから、カリーノパパを実の父親と思っていたようです。
ミシェルの落ち込みも激しいので、気をつけてあげたいと思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪