想定外の決断



ミシェルのお父さんは、所有しているBMW X5とミニ・クーパーSを大変気に入っていて、買い換える気が全く起きないでいました。

しかし、両車とも古くなり、ついに買い換えを検討し始めました。

そして、去年の後半から、候補となる車の試乗に出かけていました。

ずーっとドイツ車を乗り続けてきたので、第一候補は、やはりドイツ車でした。

自分では「次は、ベンツかアウディになりそう」と思っていたのですが、偶然にもボルボに出会い、想定外の決断をすることになってしまいました

ミシェルのお父さんは基本的にドイツ車が好きなのですが、2005年頃に「ボルボXC70・クロスカントリー」という車が発売され、そのオーシャンブルーの車の美しさに感動し、「この車なら購入してもいいな」と思って、何度かショールームに行ったことがありました。



ミシェルのお父さんが若い頃のボルボのイメージは、「角ばった頑丈な車で、医者がよく乗っている」というものでした。

しかし、最近のボルボは曲線が多いデザインに変わり、一見しただけではボルボと判りにくくなりました。

今回、購入を決断した車は、「V40クロスカントリー」という車で、昔の角ばったボルボのイメージは殆どありません。

「世界一安全な車」ランキングでは・・・

361点 ボルボV40
356点 ボルボXC60ボルボXC90
353点 オペルMokka
350点 フォードKuga
348点 VW Arteon
344点 ボルボS90ボルボV90
343点 BMW 3シリーズ
342点 アウディA3、ルノーClio、インフィニティQ30
341点 現代SantaFe、ボルボV60 PHV、スバルForester
340点 クオロス3 Sedan、ボルボV60

となっており、V40クロスカントリーは、世界一安全な車であるV40の準SUV(4輪駆動)版です。

大人しいデザインの車ですが、2リッター・ターボ・エンジンは245馬力も発揮し、加速性能でドイツの高性能SUVのポルシェ・マカンを凌駕します。(0-100km加速:6.3秒vs6.9秒)

まさに「羊の皮をかぶった狼」といった感じの車です



しかし、ボルボの最大の美点は、やはり安全性です。

世界の自動車メーカーで、社内に「事故調査チーム」を有しているのは、ボルボとベンツだけです。

ボルボの事故調査チームは、「事故があると、救急車よりも早く駆けつける」と言われているほどです。



安全装置の基本ともなる「3点式シートベルト」も、ボルボが1959年に実用化を果たした装備です。

ボルボが開発し、特許を取得した安全技術ですが、一人でも多くの命を救いたいという願いから、ボルボはこの特許を無償で公開し、世界全ての自動車メーカーが装備できるようにしました。

何処かの国の首相のように、お友達とイエスマンだけを優遇するような度量が狭いことはいたしません

他にも、ドア内部のインパクトバーや歩行者を守るエアバックなどもボルボが最初に搭載しました。



ボルボV40クロスカントリーには、標準装備として10以上の安全機能が設置されています。

上の機能は、「歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」です。

車両や歩行者やサイクリストを識別して、自動ブレーキなどで事故を防ぎます。



上の機能は、「LDW(レーン・デパーチャー・ウォーニング)」と「LKA(レーン・キーピング・エイド)」です。

ドライバーが意図せず車線を越えたと判断した場合に警告音を発したり、ドライバーが気づかない内に蛇行した際に車線内に留まるようにステアリングを穏やかに自動修正します。



上の機能は、「BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」です。

車の斜め後方には、バックミラーに映らない死角がありますが、その死角部分を併走している車やバイクの存在を知らせてくれます。



上の機能は、「CTA(クロス・トラフィック・アラート)」です。

ガレージなど視界がさえぎられた駐車スペースから後退でクルマを出す際に、左右から接近してくる車両などを検知してドライバーに警告を与えます。



上の機能は、「フル・アクティブ・ハイビーム」と「アクティブ・ハイビーム」です。

対向車のヘッドライトや先行車両のテールライトを検知し、対象となる車両の両サイドではハイビームを維持しながらも、車両に直接向けられる部分のみをロービームで照射してまぶしさを防ぎます。(明るくて寿命の長いLED)

また、ヘッドライトスイッチをオートモードに設定してハイビームを選択した場合、対向車のヘッドライトや先行車両のリアライトを検知して自動的にハイビームからロービームへと切り替えます。

更に、車の曲がる方向にヘッドライトが動き、進行方向を明るく照らします。


その他にも・・・

「RSI(ロード・サイン・インフォメーション)」
道路の制限速度や追い越し禁止標識等をチェックして、その情報をメーターパネル内に表示します。

「全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」
任意に設定した走行速度内で、前方走行車両との安全な車間距離を一定に保ちながら追従するクルーズ・コントロール機能。

「車間警告機能」
ACCが作動していない時でも、常に前方走行車両との車間距離を検知し、接近しすぎると前方車両との適切な車間距離を保つよう、フロントガラスの低い位置に警告灯が点灯します。

「DAC(ドライバー・アラート・コントロール)」
65km/h以上で走行中に路面上の車線、ステアリングの動きなどを総合的にチェックし、通常のドライビングスタイルから逸脱した操作や、疲労や眠気など注意力散漫な傾向を検知すると警告を発します。

「LCMA(レーン・チェンジ・マージ・エイド:急接近車両警告機能)」
常に後方の道路状況を監視し、車両の両サイドから急接近する車両をインジケーターで警告し、その存在を知らせます。


V40クロスカントリーは、故障し易い部分に信頼性の高い日本製部品を使用しています。(電装品や8速変速機等)

ミシェルのお父さんにとっては初めての北欧車ですが、「67%も事故の発生を低減する」と言われる優れた安全性に感服し、想定外の決断(購入)をしたという次第です



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ボルボが安全な車というのは聞いていましたが、今回の記事を読んで詳しい安全性がよく解りました。
こんなに多くの安全機能が標準で装着されているなんてビックリです。

No title

ボルボの「XC60」が、2018年ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したそうです。
ボルボの発売されたばかりの「XC40」も話題になっていますし、これからボルボの人気が更に高騰しそうです。

Re: No title

>ジョンパパさん
少しでも参考になれば幸いです。
ドイツ車の場合はオプションになっているケースが多いのですが、ボルボは標準で殆どの機能が装着されているので、カリーノパパもビックリしました。

Re: No title

>KENTさん
カリーノパパも昨日知りましたが、ボルボの「XC60」は、日本カー・オブ・ザ・イヤーとワールド・カー・オブ・ザ・イヤーのW受賞ですね。
カリーノパパは、ボルボの「XC40」に魅力を感じています。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング