シャモニー・モンブラン



今朝は-6℃で、かなり風が吹いていました。

その為、昨日融けた雪がアイスバーンになって、散歩の時は要注意でした。

アイスバーンといえば、ミシェルのお父さんには2つの想い出があります。

1つ目は、競技スキーをしていた頃のコースです。(上の写真は、お父さんです)

滑ると雪が掘れてしまうので、最初の方に滑る選手と後の方に滑る選手では不公平が生じます。

そこで、コースが掘れにくいように、塩や水を撒いてアイスバーンに近い状態になるように固めます。

アイスバーンのように硬いコースを滑るには、かなりの高等技術を要します。

それでもコースは掘れてしまうので、上位に入賞する為には、15番目(第1シード選手)迄に滑る必要があります。



2つ目は、フランスにあるモンブランの氷河です。

ロンドン勤務当時、クリスマス休暇を利用して、シャモニーに家族でスキー旅行に行きました。

シャモニーは、フランス東部、モンブランの麓にある高級スキーリゾート地として有名です。

第1回冬季オリンピックは、1924年にシャモニーで開催されました。



上の写真が、モンブランです。

モンブランは「白い山」という意味で、標高が4,810mあり、西ヨーロッパで最も高い山です。



モンブランには、「バレ・ブランシュ」という名の氷河があります。

氷河の長さは約20キロもあり、氷河の最も厚い部分は250m以上あると言われています。

ミシェルのお父さんは、この氷河を滑ったのです。



まずケーブルカーに乗って、イタリア側の山頂近くに行きます。

そこから富士山の頂上位の高さまで急斜面を滑り降りるのですが、この時は腰近くまで新雪が積もっていて、かなり苦労しました。



氷河は、コースを知り尽くした地元のガイドさんの指示に従って滑ります。

途中には危険なクレバス(氷河の割れ目)もあり、そこに落ちたら死亡する可能性が大です。

氷河は、1日1cm動いているそうで、もしクレバスに落ちたら何十年後に発見されることになるかもしれません。



スタート地点からゴール地点まで、標高にして約2,000mを滑り降りてきます。

アイスバーンで凸凹状態の氷河ですから、かなりの緊張を強いられます。



途中で、ガイドさんが指さした方向を見ると、断崖絶壁の上にシャモアが佇んでいました。

その美しい光景は、今でも瞼に焼き付いています。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : フランス
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カリーノパパさん、かっこいい!
競技スキー選手は憧れの存在でした(笑)
しかも、モンブランの氷河まで滑ったと知って尊敬してしまいます。
普通のスキー場でも大変なのに、氷の上を滑るなんて信じられません。
私は氷河を滑れませんが、見るだけでも行ってみたいです。

No title

カリーノパパさん、凄すぎです!
ジョンパパさんの言うとおり氷河までとは!

今日ネットでポチッとしたトレッキングボールが届いたのですが、山登りの為ではなく、転ばぬ先の杖としてです。
都心も積もった先の大雪で、足腰も弱くなったし、そろそろ準備せねばと思ったのです。
そんな私からしたらカリーノパパさんは超人です!

モンブランは2回行きましたがその壮麗さと人にとっては過酷な自然に、地球の歴史って凄いんだなぁ、人間なんて弱くてちっぽけなんだなぁ、と感じました。

Re: No title

>ジョンパパさん
ありがとうございます。
モンブランの氷河を滑ったことは、とても良い想い出の一つです。
氷の上を滑りますし、クレバスもありますから、カリーノパパが参加した時は、上級者以上のスキーヤーだけでした。
モンブランは、見るだけでも価値があると思います。

Re: No title

>kuntaさん
ありがとうございます。
氷河を滑ったのは、とても良い想い出です。

確かに歳をとると、足腰が衰えますよね。
カリーノパパの場合は、毎日、ミシェル達と別荘地内を散歩していますが、坂があるので、良い運動になっています。
雪かきや薪作りも良い運動ですv-410

モンブランに2回行かれたというのも凄いです。
氷河を滑っている時に、カリーノパパも、自然の偉大さと人間の小ささを感じました。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング