fc2ブログ

長引く寒波



上の写真は、ミシェルのお家の庭のツツジの植え込みです。

屋根の雪が融けて、その滴がツツジに落ちて凍った状態です。

少し前まで地球の温暖化で暖冬が続いていましたが、今年は異常な寒波が停滞しているようです。



寒いのは、日本だけではないようです。

アメリカにも記録的な大寒波が襲来しているようです。

ニュースによると、1月2日にアメリカ東部のバーモント州モリスビルで氷点下34℃、ニューヨーク州グレンズフォールズで氷点下31℃を観測したとのことです。

いずれも数十年から数百年ぶりの最低気温と言われています。

上の写真は、有名なナイアガラの滝です。

もの凄い水量ですが、その一部が凍ってしまっています



上の写真もアメリカの住宅です。

どうしてこんなになってしまったのか、想像不可能です



上の写真は、ニューヨークにあるブライアントパークの噴水です。

噴水と言うよりは、氷柱と言った方が相応しい状態です。



氷点下30℃位で驚いていては、笑われるかもしれません。

世界には、想像を絶する極寒の町もあるようです。

ロシアのシベリア地方では、冬場は通常でも氷点下50℃くらいだといいます

しかし、今年は異常に寒くて、平年を10℃以上も下回る気温が観測されているようです。

サハ共和国では、氷点下60℃を下回る日が続き、ついに氷点下65℃を記録したそうです

氷点下60℃の極寒の世界に居ると、上の写真の女性のようになってしまうようです。

あまりの凄さに、もう笑うしかありません



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アメリカとかロシアの寒波の写真を見ると、日本の寒波で騒いでいられなくなってしまいそうです。
それにしても、ロシアの氷点下60℃にはたまげました。
そんなに寒い場所に人が住んでいること自体、信じがたいです。

Re: No title

>デユークパパさん
仰るとおりです。
氷点下60℃の世界なんて、想像もできません。
何故そんなに寒い場所に人が住んでいるのか不思議ですね。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2020.11.08、享年11歳3ヶ月

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング
ランキングに参加中。 ポチッと押して下さると嬉しいです♪