東北地方太平洋沖地震3

地震発生から1週間が経ちました。
被災地で寒さに震えながら救援を待っている人達が、まだまだ大勢おられます。
本日は、最初に、被災者の一人である18歳の高校生が書いた文章を御紹介します。

「私は今回の地震で家を流されました。
宮城県の石巻市というところに住んでいます。
避難所での生活もついに1週間を経過し、今朝は毛布だけで氷点下4℃という厳しいものでした。
皆、体調を崩してしまって辛そうです。

私もおととい39℃の熱が出ましたが、漢方薬を持っている人がいたので頂き、なんとか快方に向かっています。
自分で言うのもなんですが、私は18歳の男子で免疫は強いつもりでした。
しかし、まともな食料が無いので免疫が弱ってるのだと思います。
吐いても水のようなものしか出ないですし・・・。

私の家庭は決して裕福ではないので、今回の津波のせいで私の大学進学も諦め、働くしかないと思っています。
というか、父の職場も無くなったので、父も就活です。
連絡が取れない親戚、友達も心配です。

地震があった日は、死んだ方がましだったと思いました。
しかし、日が経つにつれ、ラジオから聞こえる全国の皆さんの声や自衛隊からの物資、全国各地の電力や警察の頑張っている姿を見ていると、私も生きて頑張ろうと思うようになりました。
未来の宮城県に栄光あるよう、私達が頑張らなければならないと思いました。

現状は、キチンとテレビなどで伝えられているのでしょうか?
私はいつ、普通の生活が送れるようになるのでしょうか? 」



陸前高田市や大船渡市などは、町ごと無くなってしまいました。
まだ大勢の人達が、行方不明となっています。



水戸にある聖ステパノ教会です。



尖塔の真ん中辺りに大きな亀裂が発生しており、道行く人々に不安を与えています。



福島学院大学の校舎は、2階と3階部分が完全に崩壊しています。



今、最も深刻な事態に直面しているのが、福島原子力発電所です。
放射能の危険に晒されながら、大勢の人達が沈静化に向けて努力されています。
災害が起きてから非難するのは簡単ですが、現場に働く人達の中には、次のような人もいることを御紹介したいと思います。

福島第1原発の事故で、情報提供の遅れなど東京電力の対応に批判が集まる一方、最悪の事態を避けるため、危険を顧みず作業に当たる同社や協力会社の社員もいる。
地方の電力会社に勤務する島根県の男性は、定年を半年後に控えながら、志願して応援のため福島へ向かった。
会社員の娘(27)によると、男性は約40年にわたり原発の運転に従事し、9月に定年退職する予定だった。
事故発生を受け、会社が募集した20人の応援派遣に応じた。
男性は13日「今の対応で原発の未来が変わる。使命感を持って行きたい」と家族に告げ、志願したことを明かした。

話を聞いた娘は、家ではあまり話さず、頼りなく感じることもある父を誇りに思い、涙が出そうになったという。東京電力側の受け入れ体制が整った15日朝、男性は自宅をたった。
特別なことにしたくないと考えた娘は、見送りはせず、普段通りに出勤した。
「最初は行ってほしくなかったが、もし何かあっても、自分で決めたことなら悔いはないと思った」と話し、無事の帰宅を祈る。

男性の妻(58)は「彼は18歳の時からずっと原発の運転をしてきた。一番安全なものをやっているという自信があったんだと思う」と話す。
出発を見送り「現地の人に安心を与えるために、頑張ってきて」と声を掛けたという。



被災地の人達は、電力、水、食料、薬、暖房器も無い状況で、氷点下の気温の中で耐えておられます。
一方で、プロ野球のセリーグは、選手会の反対にも関わらず、3月25日の開幕を決定しました。
しかも、計画停電が行われているというのに、試合は、大量の照明を必要とする夜に行われます。

巨人軍の本拠地である東京ドームのナイター開催に必要な消費電力は、1時間当たり約5~6万キロワットですが、これは、一般家庭が1日に消費する電力の5,000世帯分以上に相当します。
巨人軍の渡辺会長は「何が何でも3月25日に開幕しろ!」と言い、清武球団代表は「利益をあげて、社会に還元する」と言ってるそうです。

今回の地震を「天罰」と言った石原都知事といい、3月25日の開幕に固執する渡辺会長といい、私には、「老害」という言葉が、この2人の為にある言葉のように思えてなりません。


★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪


★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

老害

本当に自分も年々老いていきますがせめて美しく(見た目ではなくて)老いて行きたいものだと思っています
トシを重ね、経験を積み豊かな知識を持っているはずの人々がそれを有効に生かせずにただただ自分が偉いのだ、賢いのだと思い込んで行動するのは醜悪なだけでなく迷惑です
以前から人間「引き際」が大事だと感じておりますが日本人の美徳はこの方々にはみられませんね
国会議員も自治体の首長も年齢制限、任期制限が必要です
アメリカ大統領はいかに実績をあげようが人気があろうが二期八年と決まっています
セリーグ選手会長が今朝記者会見していましたが見習うべきですね
それとyoutube の被災地の犬たちですが私はmixi に書きましたがコリーの友人のおかげで彼らがオフロードチームのメンバーによって2時間かけて救出され衰弱していた方が茨城の獣医さんにブリタニーはシェルターに無事保護されたそうです
名札とICチップで飼い主さんも判明したようです

老害

大勢の被災者がいるというのに、天罰などとは、よく言えたものです。
こんな人が、都知事だというのですから、情けなくなります。
政治の怠慢と天災を一緒にするなんて、人格を疑います。
かって、70歳以上の人が都知事をやることを批判した自分が、また都知事をやろうというのにも呆れます。
渡辺会長と共に、まさに老害そのものですね。

Re: 老害

>ジュぴ・ママさん
貴重なコメントをいただき、ありがとうございます。
本当にジュぴ・ママさんの言われるとおりだと思います。
日本の年老いた国会議員の中には、「御意見番」とか「水戸黄門」とか言われて、まるで評論家のように好き勝手な批判をしている人もいますが、その人自身が国会議員であることをもっと意識すべきだと思います。
そういう点では、アメリカ大統領の任期が、最大で二期八年と決まっているのは、とても重大な意味を持っているように思います。

プロ野球の選手というと、スポーツ馬鹿に見られがちですが、今回、選手側から被災地のことを考えて開幕を延期すべきと発言したのは、大変嬉しく思いました。
一方で、商売や利益優先がミエミエの経営者側の判断には、大きな失望を感じました。

youtubeの被災地の犬達が、オフロードチームのメンバーによって2時間かけて救出され、衰弱していた方が茨城の獣医さんに、ブリタニーはシェルターに無事保護されたことを知って、嬉しい限りです。
あの映像を見て、なんとか助かって欲しいと、祈っていました。
ジュぴ・ママさん、ありがとうございました。

Re: 老害

>ジョンパパさん
こういう事態を前にして、よく「天罰」などという言葉が出てきたものだと驚きます。
石原都知事は、自分の失政は棚に上げて、他人に対しては極めて辛辣な批判をする人ですが、今回は、最も許しがたい発言だったようにも思います。
過去に自分が批判していたことも忘れて、またまた都知事選に出るようですが、こんな人が再任されるとしたら、都民の見識まで疑われてしまうと思います。

石原都知事と渡辺会長に共通しているのは、「自分は常に正しく、他人は自分より劣る」という思い上がりのように感じます。
人を人とも思わず、自分の考えを押し付ける石原都知事と渡辺会長は、まさに「老害」そのもののように思います。

今回の地震で、18歳の高校生と同じような境遇になった人は、大勢いるのでしょうね。
たとえわずかとはいえ、何らかの支援をしていきたいと思います。

危険をかえりみず、志願して原発の復旧に向かわれた男性の気持ちに、頭が下がります。
御家族の方々も心配だと思いますが、無事であることを願うばかりです。

Re: タイトルなし

>MACさん
身内が亡くなった方とか、親類が亡くなった方とかもおられますよね。
大したことは出来ませんが、私も自分が出来る支援をしたいと思います。

命に係わるかもしれない危険がある所に、自ら志願して行くなどということは、普通は出来ませんよね。
しかも、この男性の場合は、あと半年程で定年というのですから、本来は、無理をしたいとは思わないと思います。
それにもかかわらず行くのですから、その使命感に対して本当に頭が下がる思いがします。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング