談合疑惑



最近、テレビでリニア中央新幹線工事の談合疑惑が報じられています。

鹿島建設OBであるミシェルのお父さんとしては、「このようなことでニュースになるとは、本当に情けない」と思っています。

世間では「建設会社=談合」という目で見られがちですが、実際に談合に関係する人は極々一部で、殆どの社員は談合には関与していません。

その一つの理由は、談合が行われるのは、官公庁が発注する大型工事の場合が多く、かつ土木工事が多いことに関係しています。

従って、ミシェルのお父さんのように建築系の殆どの社員は、談合そのものを知らないというのが実情です。



ミシェルのお父さんは、ロンドン勤務当時、毎月、「勉強会」という名前の夕食会に参加していました。

メンバーは、日系企業のロンドン支店長や各省庁から大使館に出向していた若手キャリア官僚達でした。(検察庁のキャリアもおられました)

持ち回りでメンバーの中から講師を決め、その人が専門とする分野について語るのです。

ミシェルのお父さんの順番になった時、メンバーの方々は「談合について話して欲しい」と要望しました。

しかし、ミシェルのお父さんは「談合の経験が無いので話せない」と言うと、皆さん「そんなはずはない」と信じてくれません

そこで致し方なく、ミシェルのお父さんは、談合について調べることにしました。



調べて判ったことは、談合は、必ずしも建設会社だけで行えるものではないということでした。

例えば、官公庁が発注する大型工事の場合、官公庁の職員の見積り能力を遥かに超えており、強大な組織を有する大手ゼネコンに見積りの協力依頼をすることになるケースが多々あるのです。(設計業務を含むケースもあります)

その場合、見積り協力した大手ゼネコンと他の大手ゼネコンとは入札前に工事への関与の仕方に差ができてしまい、かつ見積り協力作業には莫大な経費が発生してしまいます。

その結果、大手ゼネコン同士で「今回は、見積り協力をした会社に工事を譲りましょう」というような話し合いが行われる可能性が生じてしまうのです。

リニア中央新幹線工事の工事金額は9兆円にもなり、かつその多くがトンネルという難工事ですから、JRが大手ゼネコンに見積り協力を依頼していたとしても不思議ではありません。



リニア中央新幹線工事の談合疑惑については、22件の工事の内、清水建設が4件、大成建設が4件、大林組が4件、鹿島建設が3件受注ということのようで、いかにも「談合が怪しまれるような配分」と言われても致し方ないように思えます。

総額9兆円にもなる工事ですから、検察庁も当然のごとく目を光らせていると思います。



土壌汚染問題で話題になりましたが、東京都が実施した中央卸売市場豊洲新市場の施工者を決めた入札でも「談合」が疑われているようです。

2013年11月に行った1回目の入札では応札者がゼロだった為、都は当初の予定価格(主要3棟で計628億円)を何故か6割も引き上げ、計1035億円の予定価格で2回目の入札を行いました。

その結果、3棟の入札には清水、大成、鹿島をそれぞれ幹事社とする3つのJVグループが参加し、いずれのJVグループも工事を受注しました。

その落札率(予定価格に対する落札額の比率)は99.7~99.9%という、いかにも「談合」が疑われるような落札結果でした。

ちなみに、公共工事の場合、「落札率が95%以上の場合は、談合の疑いが強い」と言われています。



沖縄の辺野古米軍基地建設工事に関する「本体準備工事」については、大成建設が55億2000万円で受注しましたが、やはり「談合」が疑われているようです。

入札金額は、大成建設が55億2000万円、鹿島建設が60億2400万円、清水建設JVが60億5000万円、大林組JVが72億円でした。

発注者である沖縄防衛局の予定価格は56億3558万円でしたが、大成建設の入札金額は予定金額内ギリギリで、他のゼネコンの入札価格は全て予定価格を超過していました。

もし検察庁が正常に機能していれば、恐らく「大手ゼネコン4社の話し合いと官庁関与の官製談合」を疑うケースと思われます。

ちなみに、大成建設は新国立競技場の新築工事も受注していますが、菅官房長官の三男が社員として居ることが、ネット上では話題になっているようです。

故事で戒めているように、何事にも「李下に冠を正さず」ということが求められるのではないでしょうか。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

No title

談合と聞くと、確かに嫌な感じがしますが、今日のブログを読んで談合に至る一因が解り、今までとは多少違った印象を得ることができました。
しかし、談合の裏に国会議員などが絡んでいる場合もあると聞きますが、検察には本当の悪人を検挙してもらいたいと思います。

Re: No title

>ジョンパパさん
調べてみると、談合はかなり奥が深いことが判ります。
仰るように、談合には国会議員が絡んでいることが多いかもしれません。
リニアの談合に関しても、政権にまで波及するかもしれないと言われているようですね。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

2018.5.5永眠、享年14歳10ヶ月

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング