2010ペディグリー・アワード受賞

皆さん、こんにちは!
昨日、我が家に嬉しい知らせが届きました。

カリーノ姉さんが、2010年度のペディグリー・アワードを受賞したのです
JKCチャンピョン、FCIインターナショナル・チャンピョンに続いて、3つ目の大きなタイトルを獲得したのです。

ペディグリー・アワードについては、御存知の方も多いと思いますが、各ドッグショーでBOB(犬種毎の最優秀賞)になるとポイントが得られ、1年間を通じて最も多くポイントを獲得した犬が、ペディグリー・アワードを受賞できるわけです。

カリーノ姉さん、やったね!おめでとうございます

2010-10-26_conv (2)

カリーノ姉さんが生まれてから1か月程は、こんな感じでした。

2010-10-26_conv (1)

カリーノ姉さんは、生後2か月で今の家にやって来ました。



上の写真は、お父さんに抱かれているカリーノ姉さんです。
下の写真は、トイレシーツの上で寝ているカリーノ姉さんです。



4か月位の時に、近くのショッピングモールに行った際に、シェリー母さんとアンジェ姉さんと撮った写真です。

026_convert (2)

これは、7か月位の時に撮った写真でしょうか。
この頃から、ソファーがカリーノ姉さんのお気に入りの場所です。

026_convert (1)

横浜のドッグショーに行った時に撮った写真です。
この頃は、すっかり美しい女性に成長しています。

028_convert (2)

名古屋のドッグショーに行った時、両親と姉妹と撮った写真です。
左から、父親のコナー、姉妹のイブ、姉妹のリンジー、カリーノ、母親のステイシーです。

ドッグショーに出始めた頃は、連戦連勝だった姉妹のイブとリンジーと違い、カリーノはなかなか勝てず、お父さんは「ずーっと勝てないのかな」と落ち込みそうになる時もありました。
でもお父さんは、勝てない間も、色々工夫して、カリーノ姉さんとトレーニングを続けていました。

028_convert (1)

写真は、川越でのドッグショーです。
カリーノ姉さんは、この頃から勝てるようになりました。

勝てない間、「チャンピョンなんて、夢のまた夢」と思っていたお父さんでしたが、この頃から希望が芽生えてきました。

IMG_0344_conv (2)

カリーノ姉さんは、外国人のジャッジと相性が良く、受賞する確率が高いように思います。
海外生活が長かったお父さんの影響かな

IMG_0344_conv (1)

普段は、グッチさんのハンドリングですが、シュガーさんがハンドリングしてくださる時もあります。
この時も良いポーズをしていますが、見事にBOBになりました。

IMG_1296_conv (2)

2009年は、アジア最大のドッグショーであるアジア・インターナショナルに出陳しました。
出るだけでも名誉ですが、なんとBOBに選ばれました!

外国人のジャッジと相性の良いカリーノ姉さんですが、ここでも、その強さを発揮しました。
ちなみに、この時のジャッジは、アメリカ人でした。

IMG_1296_conv (1)

2010年、アジア・インターナショナルは、ジャパン・インターナショナルと名称を変えました。
今回もカリーノ姉さんは出陳したのですが、なんと、再びBOBに選ばれました。

ジャッジが、カリーノ姉さんに向かって指をさした時に、お父さんは思わず「やった~!」とガッツポーズをとっていました
そして、お父さんは嬉しさのあまり、周りに居た人達と握手を繰り返していました


★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪


★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カリーノのアワード受賞、おめでとうございます♪

いやぁ~ すごい!!!

Re: No title

>リンジー母さん
ありがとうございます!
思いがけない受賞で、驚くとともに喜んでいますv-411
優秀な姉妹であるリンジーやイブを見習って、切磋琢磨したことも良かったと思っています。

おめでとうございます。

川越のドックショーにいらしてたんですね。
私もおととしは、見学に行ってました。
今年も川越に来ますか?
うちから高速を使えば30分で水上公園に行けます。(w

ぺディグリーアワード

ぺディグリーアワードの受賞、おめでとうございます!
カリーノさん、すごいな~。
今回の記事で、カリーノさんの誕生から最近までの様子がよく解りました。
お父さんと一緒に努力を続けたから、素晴らしい賞を受賞できたのですね。
カリーノさん、よく頑張ったね!

No title

カリーノの受賞おめでとうございます
こうやって見るとカリーノの歴史は、オーナーとブリーダーさんの歴史でもあるんですね
あのちいさなカリーノを堂々と大きく活き活きとみせるグッチさん
反対に、グッチさんに信頼を寄せるカリーノ
本当に、うれしいですね
これからの活躍を楽しみに応援しています
カリーノのファンより

Re: おめでとうございます。

>くまさん
くまさんも水上公園には、行かれたことがあったのですね。
どのドッグショーに出陳するかは、ブリーダー兼ハンドラーにお任せしているのですが、川越では、よくドッグショーが開催されますので、また行く機会があると思います。
川越に行く際は、くまさんとお会いできると嬉しいですね。

Re: ぺディグリーアワード

>クリスママさん
ありがとうございます!
こうして写真を並べてみると、カリーノの成長ぶりが解りますねv-411
なかなか勝てなかった時期に、カリーノと一緒にトレーニングに励んだことが、今では懐かしく思い出されます。
カリーノも、よく頑張ってくれたと思います。

Re: No title

>あらみすさん
ありがとうございます!
ブリーダー兼ハンドラーのグッチさんには、大変お世話になりました。
カリーノは、家族以外にはベタベタしない子なのですが、グッチさんのことは大好きみたいで、会うと、いつも思いっきり甘えていますv-411
また、グッチさんとカリーノを紹介してくださり、ショーに関しても色々御配慮いただいたシュガーさんにも大変お世話になりました。
今回の賞をいただけたのも、お二人のお陰と、感謝しております。
あらみすさんに、「カリーノのファン」と言っていただけて、本当に嬉しい限りです。

おめでとうございます

カリーノ姉さんおめでとう!
お見事ですね。
ペディグリー受賞はほんとに嬉しいことですよね。
子犬の頃からの生い立ちを読んで私までジーンときちゃいました。
ストーリーがあって泣けますよ~。

それにしてもお父さんは大きくて立派。
まさにグレパパ好みの紳士です!
どうりで美人姉妹が生まれるわけだ~♪

Re: おめでとうございます

>グレママさん
ありがとうございます!
このような素晴らしい賞を受賞出来て、夢のようです。

ショーに出始めた頃のカリーノは、食が細かったせいか、身体も細かったのです。
それと、走る時にスキップになりがちな癖がありました。
この2点を克服する為に、色々工夫しました。

カリーノの父親のコナーは、JKCチャンピョン、JCCグランドチャンピョン、FCIインターナショナルチャンピョンのタイトルを持つ名犬です。
カリーノは、父親の毛色と模様の入り方を、そのまま受け継いだ感じがします。
身体が小柄なのは、母親のステイシーに似たのだと思います。

3姉妹だったのですが、イブ、リンジー、カリーノとも、2歳前にJKCチャンピョンを完成することが出来たのは、嬉しい出来事でした。

カリーノ

その賞を受賞することが
どんなに凄いことなのか、
カリーノパパさんの手記から
とてもよくわかりました。

カリーノ、よくやったね!
そして、カリーノパパさんや
彼女を囲む多くの人々の力、愛情
その結果ですね!!

Re: カリーノ

>やっこさん
そうなんです。もの凄く大変な事なのですv-410
チャンピョンになる犬は、結構いますが、インターナショナル・チャンピョンやペディグリー・アワードというのは、色々な要素が積み重ならないと、なるのが難しいと思います。
例えば、その犬の天性の資質だけではなく、運や周りの方々のサポートといったようなことも関係してくるように思います。
そういう意味では、やっこさんの言われるとおり、カリーノは、とても幸運でしたし、とても良いコリー仲間に恵まれたと感謝しています。

No title

カリーノちゃん おめでとうございます!

本当に遅ればせながら、お祝いを言わせて下さい。いつも記事を読んではいるのですが、コメントを残せず、すみません。

ただただ、「素晴らしい!」の一言です。お父さんがカリーノちゃんとトレーニングに励んで、二人でつかんだ栄光ですね。 いいえ、それ以外にもハンドリングの方々や、陰で支えた方々のお陰ですよね。 

カリーノちゃんの資質の素晴らしさは、言うまでもありませんが・・・。

Re: No title

>rapoleさん
ありがとうございます。
二人で努力したのは事実ですが、色々な方々に支えていただいて、大変名誉な賞を受賞することが出来ました。
ただただ感謝あるのみです。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング