文科省文書


加計学園の獣医学部新設に関する打ち合わせ内容を記した文部科学省作成の文書が話題になっていますが、その内容は意外と報道されていないように感じます。

そこで、以下に内容の一部を御紹介したいと思います。



上の文書では、内閣府が文部科学省に対して、獣医学部設置時期を最短とすることは「総理のご意向と聞いている」と回答しています

また、どのように政府と担当省庁間で事を進めていけば良いか生々しく記されており、加計学園の獣医学部新設が、安倍内閣一丸となってのプロジェクトであることが如実に語られています。



上のスケジュール表では、加計学園の名前こそ記されていませんが、内閣府が平成30年4月の開学に強くこだわっていることが判ります。

また、大学の公募に関して、わずか8日間しか見込まれておらず、これでは事前に応募案を準備した大学しか公募に応じられないことが明白です。



上の文書では、内閣府が文部科学省に対して、平成30年4月の開学というスケジュールは「官邸の最高レベルが言っていること」という言葉でプレッシャーを与えていたことが判ります



上の文書では、国会で他人事のような発言を繰り返している松野文部科学大臣が、首相の意向を受けた内閣府からのプレッシャーに対して困惑していた様子が察せられます

また、獣医学部新設に反対している麻生副総裁達を懸念していたことが判ります。



上の文書では、安倍首相の側近と言われる萩生田官房副長官が「他の大学から『うちもできますよ』と言われると困難になる」と発言しており、加計学園ありきだったことが判ります。

また、加計学園が良い提案をできるようにサポートする必要があるとの意図が読み取れます。

松野文部科学大臣は「今回は、文書の存在の有無だけを調査する」と言ってますが、文書の存在は明らかで、本当に重要なことは「文書に記されていることが、客観的に見て問題がないのか?」ということを調査することではないでしょうか。

全ての国民に公平であるべき行政が、首相の個人的な関係でゆがめられるとしたら、日本は民主国家・法治国家とは言えません。

加計学園の獣医学部新設に関する真相が、一刻も早く国民の前に明らかにされることを願って止みません。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回紹介された文書を見ても、政府が加計学園ありきで今治市に獣医学部新設を進めていることがわかります。
カリーノパパさんが言われるように、公正であるべき行政が、首相の個人的関係によってゆがめられようとしているのは許せません。
獣医学部新設を断念させられた京都産業大学などは、その犠牲の一例と言えそうです。

Re: No title

>デュークパパさん
仰るとおり、加計学園ありきで手続きが進められたことは明白です。
首相の個人的関係によって行政がゆがめられるようでは、政府を信頼することなど到底無理です。
政府の加計学園ありきの選考によって、京都産業大学は完全に犠牲となりました。

No title

国家戦略特区諮問会議が昨年11月、萩生田官房副長官と内閣府の藤原豊審議官が、文科省の担当者に対して「広域的に」と「限り」の文言を付け加えるよう指示していたことが公表された文科省の資料で判明したとのこと。
この事実だけでも、政府主導で「加計ありき」の規制緩和が進められたことは明白です。
共謀罪の強行採決といい、安倍政権は国民を欺く許しがたい存在です。

Re: No title

>MACさん
内閣府の藤原豊審議官が、「広域的に」と「限り」の文言を付け加えるよう指示したと認めたようですが、これだけでも加計学園ありきだったことが判ります。
共謀罪の強行採決といい、安倍政権は本当に許しがたい存在です。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング