真の政治とは



数を頼りの強行採決を始め、安倍政権のやりたい放題の暴政を見ていると、真の民主主義の崩壊を感じ、国民の一人として怒りを覚えます。

そんな安倍政権に人事権を握られた官僚幹部達が、忖度によって安倍政権の片棒を担いでいるのにも情けなく感じます。

森友学園に続いて加計学園においても、忖度が働いたと思われる疑惑が浮上しています。

過去52年間、獣医学部の新設は認められてきませんでした。

その理由は、獣医師への社会的な需要と獣医数のバランスを図る必要があり、かつ獣医師の質の維持向上という目的があるからで、文部科学省や農林水産省や日本獣医師会は、大学の獣医学部新設を抑制する方針を継続してきました。

ところが、安倍政権によって今治市が国家戦略特区に指定されるや、突然、安倍首相の友人が理事長を務める加計学園系列の大学の獣医学部新設が認められてしまったのです。



この極めて異例な出来事について、中村愛媛県知事は、定例記者会見で「今治が古くから教育機関の誘致を図って、幾度となく挫折をし、私も就任以降、構造改革特区で提出をし続けて、ことごとく駄目で、これはもう無理じゃないかと感じたので、サッカースタジアムのプランというのを提示させて頂きました。それが、FC今治もなかったこともあって、今治市ではちょっと厳しいという状況でした。仕方ないので、これからも追い求めようということだったのですが、内閣府から助言があり、国家戦略特区で出したらどうかということだったので、出したら許可が下りたということですので、その国側のことについては、何があるのか、どういう議論があったのかは分かりません。」と語っています。

森友学園の籠池理事長が語っていたように、まさに「神風が吹いた」としか思えません。



文部科学省は、内閣府から「官邸の最高レベルが言っている」、「総理の御意向だと聞いている」、「できないという選択肢はない。早くやらないと責任を取ることになる」などと、恫喝とも言える言葉で獣医学部新設の早期認可を迫られたといいます。

そして、このやり取りを記録した文部科学省の文書の存在が明らかになりました。

しかし、菅官房長官は、当然のごとく「怪文書の類。出どころも明確でない」と、文書の信ぴょう性を否定しました。

これに対して、当時の文部科学省のトップだった前川前事務次官は「文書は実際に存在したもので、文部科学省内で共有されていたもの」と語りました。

すると、菅官房長官は、前川前事務次官のことを「地位に恋々としがみついていた」とか「出会い系バーに出入りした」と個人攻撃を始めました。

こんな卑劣な政府の対応に対して、石破前地方創成大臣は「スキャンダル系の話で事の本質がゆがめられるかな。見誤ることがあってはいけないと思う。我が政権において、事務方トップの事務次官までなった人。政権としてこの人を事務次官に登用している」と疑問を呈しました。



安倍首相は「国家戦略特区に指定した今治市で、画期的な事業が実現します。獣医学部が52年ぶりに新設され、新たな感染症対策や先端ライフサイエンス研究を行う獣医師を育成します」と語りました。

しかし、既に大学内に鳥インフルエンザ研究センターを設置し、鳥インフルエンザやBSEの感染症の研究を行っている京都産業大学の獣医学部新設申請は、何故か却下されてしまいました。

しかも、センター長の大槻公一教授は、鳥インフルエンザやBSE研究の世界的権威であるというのに。



前川前事務次官は、獣医学部新設に関して次のように語っています。

2015年6月に閣議決定された日本再興戦略の中で、獣医学部の新設を認めるかどうかを検討するに当たって4つの条件があった。

① 現在の提案次第による既存の獣医師養成ではない構想が具体化する。

② ライフサイエンスなどの獣医師が新たに対応すべき分野における具体的な需要が明らかになる。

③ それらの需要について、既存の大学学部では対応が困難である。

④ 近年の獣医師の需給の動向を考慮しつつ全国的な見地から検討する。

しかし、加計学園の場合は、何れの条件にも合致していなかったと。



現在、大学の獣医学部は16校(国立大学10・公立大学1・私立大学5)あり、総学生数は930名ですが、加計学園の獣医学部募集人数は160名で、一気に約2割も学生が増えることになります。

これに対して、麻生財務大臣は「上手くいかなかった時の結果責任を誰がとるのか?」と懸念を示し、日本獣医師会も「半世紀にもわたる獣医学教育の国際水準達成にむけた努力と教育改革に全く逆行するもの」と強く抗議しています。

一国の首相が友人の為に便宜を図ったとしたら、弾劾裁判で辞職に追い込まれた朴前韓国大統領に勝るとも劣らぬ政治スキャンダルです。

全ての国民に対して公平で公明正大であるべき政治がゆがめられるようでは、日本という国は全ての秩序が崩壊しかねません。

そうなる前に真実が明らかになり、一刻も早くまともな日本に戻って欲しいと願います。



★ランキングに参加中です。
↓ポチッと押して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

テーマ : このままで、いいのか日本
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も国政を私物化している安倍政権に強い怒りを覚えます。
また、権力によって官僚や個人を自分達の都合の良いように動かそうとする姿勢も許せません。
共謀罪が成立すると、この傾向は更に強まるように思います。

No title

和泉首相補佐官が前川事務次官に「総理は自分の口から言えないから、私が代わって言う」と言って、「獣医学部新設を早く認めるように」と強要したことや、内閣情報強や警視庁公安部を使って前川事務次官のプライベートを探って御用新聞の読売新聞にリークしたことなど、本当に卑怯極まりない行為だと腹立たしく思います。
森友学園や加計学園を例にとっても、日本の政治屋は悪知恵だけはよく働くものだと改めて思い知らされます。

No title

安倍首相が国会議員になった当時、数年間、加計学園の役員をしていたとか。
もうズブズブの関係であることは間違いありません。
1番上の写真を見ても、首相夫人が言うように、まさに「男たちの悪だくみ」といった雰囲気が漂っています。
加計学園の疑惑が解明されないようでは、日本は法治国家とは言えません。

Re: No title

>ジョンパパさん
仰るとおり、まさに国政の私物化だと思います。
内閣人事局なるものを作って、官僚幹部の人事権を握り、その権力でもって官僚を思うままに動かそうというのですから、本当にあくどい政権だと思います。
共謀罪が成立すると、太平洋戦争当時の日本になってしまうかもしれません。

Re: No title

>MACさん
悪知恵だけはよく働きますから、自分の口からは言わず、首相補佐官に言わせたのでしょうね。
もし悪事がばれたら、恐らく「首相補佐官が勝手に言ったこと」と言って逃げるのでしょうね。
こんな悪い連中が、日本の政権を握っているのかと思うと、本当に情けなく感じます。

Re: No title

>KENTさん
仰るとおり、ズブズブの関係だと思います。
1番上の写真は、まさに「ワル達の悪だくみ」そのものですね。
安倍政権はしたい放題の状態ですから、今の日本は法治国家とは言えないと思います。

No title

木曽内閣官房参与(当時)が、前川文部科学省事務次官(当時)に対し、国家戦略特区制度で獣医学部新設を早めるよう働きかけていたことが明らかになりました。
木曽は元文科省の官僚で、前川氏の3期先輩にあたり、2014年4月から内閣官房参与に任命されていたそうです。
しかも、2016年4月からは加計学園理事兼千葉科学大学(加計グループ)学長にも就任していたというからビックリです!
まさに利益誘導の典型です。
政府は、いつまで嘘をつき続けるつもりなのでしょうか?

Re: No title

>アキトさん
木曽内閣官房参与も安倍首相の意向を受けて、前川事務次官に圧力をかけたのでしょうね。
しかも、加計学園の理事と加計学園系列の千葉薬価大学学長を務めているというのですから、完全な利益誘導です。
殆どの国民が、政府の嘘を見抜いているにも関わらず、政府はいつまで嘘をつき続けるのでしょうか。
こんな政府が存在すること自体が日本の恥だと思います。
プロフィール

カリーノパパ

Author:カリーノパパ
●シェリー(シェルティー母):
 とっても優しい理想的な家庭犬
 アンジェの母親です

2016.4.18永眠、享年15歳11ヶ月

●アンジェ(シェルティー娘):
 ボール遊びと食事が大好きです
 我が家で生まれました

●カリーノ(ラフコリーの女の子):
 ショードッグ
  【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 FCIインター・チャンピョン 
 【主な賞歴】
 2009年アジアインターBOB
 2010年ジャパンインターBOB
 2010年近畿インターBOB
 2010年東北インターBOB 
 2010年ペディグリーアワード
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

2014.12.9永眠、享年8歳5ヶ月

●ミシェル(ラフコリーの男の子):
 陽気で優しく、人が大好きです
 ショードッグ
 【主なタイトル】
 JKCチャンピョン
 【主な賞歴】
 2011年神奈川インターWD
 2014年熱海愛犬クラブ展WD
 2014年山梨東ドッグコ展WD
 2015年沼津愛犬クラブ展WD
 【資格】
 JKC訓練資格CDⅠ

●カリーノパパ(人間):
 ミシェル達のお父さん
 本職は建築家(一級建築士)
 犬、スキー、ゴルフ、車、絵画が大好き
 1974年から大手建設会社の設計部にて勤務
 1986年に海外部門に異動し、14年間海外勤務
 内13年間をロンドンにて勤務
 2012年に大手建設会社を定年退職
 同年5月から河口湖でスローライフ開始

●訪問ありがとうございます。
4頭の犬と一緒に暮らしながら、日々感じたことを綴っています。
ミシェルとミシェルのお父さんであるカリーノパパが、記事やコメントを書いています。

●コメントは、ありがたく拝見し、返信させていただきます。

●リンクフリーです。貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
人気ブログランキング